きょうりつじょし

共立女子大学

私立大学 東京都

共立女子大学/文芸学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

文芸学科[言語・文学領域(日本語・日本文学専修、英語・英語圏文学専修、フランス語・フランス文学専修)、芸術領域(劇芸術専修、美術史専修)、文化領域(文化専修)、メディア領域(文芸メディア専修)](350名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●“文学部”ではなく“文芸学部” 4領域7専修の幅広い学び
●日本で数少ない文芸学部だからこそ実現するユニークな学び

文学と芸術の世界をさまざまな視点から捉え、幅広い視野と深い教養を備えた豊かな人間性を養成。実社会において、自立した個人として他者と協調しつつ、主体的に行動することができる女性の育成という基本的な目標に加え、メディアを通じて文学と芸術を受容・伝達する基礎能力を身に付けた人材の養成も志しています。3年次からは日本語・日本文学専修、英語・英語圏文学専修、フランス語・フランス文学専修、劇芸術専修、美術史専修、文化専修、文芸メディア専修に分かれます。

【学生数】1,493名(2021年5月1日現在)
【専任教員数】35名(2021年5月1日現在)
【大学院】文芸学研究科

文芸学科[言語・文学領域(日本語・日本文学専修、英語・英語圏文学専修、フランス語・フランス文学専修)、芸術領域(劇芸術専修、美術史専修)、文化領域(文化専修)、メディア領域(文芸メディア専修)]

講義・学問分野

日本文学概論、イギリス文学文化概論、フランス文学概論、神話・民話概論、ラテン語、ギリシア語、漢文学、舞台美術各論、西洋美術史論、日本美術史論、メディアと文芸、図書館論、現代演劇論、メディア社会論、ジャーナリズム論

閉じる

学部の特色

“文学部”ではなく“文芸学部” 4領域7専修の幅広い学び

日本で初めて「文芸学部」として創設された歴史があり、「言語・文学」「芸術」「文化」「メディア」と幅広い分野を学ぶことができます。入学時に専門はあえて決めず、1年次ではこれらの専門領域を深く学んでいく前段階としてさまざまな文芸学領域に触れます。そのうえで、2年次からは専門的な4領域、3年次からは更に深く7専修へと進んでいきます。領域・専修間を行き来する自由度も高いので、自分だけの創造的な学びを得られます。

閉じる

日本で数少ない文芸学部だからこそ実現するユニークな学び

合同観劇会や十二単の着装見学、古典芸能の鑑賞、メディア関係者による講演、学外フィールドワークなど、日本で数少ない文芸学部だからこそ実現するユニークな学びの機会が多くあります。

閉じる

学べること

文芸学科[言語・文学領域(日本語・日本文学専修、英語・英語圏文学専修、フランス語・フランス文学専修)、芸術領域(劇芸術専修、美術史専修)、文化領域(文化専修)、メディア領域(文芸メディア専修)]

学びが広がる4つの領域7つの専修

文芸学部の1年次は総合的に学ぶため、文芸学に幅広く触れて自身が何に興味を持てるのかを探ります。2年次には4領域に分かれて学びの具体的なイメージをつかみ、さらに3年次には7つの専修でより専門性を深めていきます。専修の科目を通して、自分の考えを掘り下げ、4年次には学びの集大成として論文・卒業制作を完成させます。

〈言語・文学領域〉
日本語、英語、フランス語について学ぶこと、言葉の背景にある文化を学ぶこと、そしてその言葉で書かれた文学作品を学ぶことができる領域です。言語を探求することは文学を探究することにつながります。言語を知り、さらに、文学が作られた時代の歴史や社会との関連性を学ぶ。それぞれの歴史・社会・宗教・芸術などの文化的背景をふまえながら丁寧に文学作品を読むことを通して、自分の生き方や世界のあり方を追求します。

〈芸術領域〉
言語以外の表現伝達方法にも目をむけながら、主に舞台芸術、映像芸術、絵画、彫刻、建築などの芸術作品や美術史について学びます。さまざまな国や時代の芸術についての知識を習得しながら、作家や鑑賞者が存在した時代や社会とのかかわりについても考えていきます。

〈文化領域〉
「文化」とは何か、人間社会にとって「文化」の持つ意義や意味は何かということを考えます。ジェンダー、現代文化、歴史文化、思想文化、神話・民話、物語文化、中国文化、地中海文化の8つの観点から丁寧に、また具体的な時代、地域、分野、トピックに即しつつ学ぶことで、「文化」について思考する知識と視座、技法を養います。

〈メディア領域〉
文学・芸術作品の成立から伝達、流通、そして鑑賞者による受容に至るまでに介在する社会的な仕組みとしての「メディア」に着目し、文学・芸術とメディアとの関係性を複眼的に学びます。多様なメディアを通して発信される情報・メッセージを正しく読みとる洞察力を身につけ、オーディエンス自身が与えられた情報に対して批判的、分析的、時に情緒的な読みを実践しつつ、適切な言葉や方法を用いて他者に伝える表現力を備えることをめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

文芸学部では、次のような条件を充たす学生を受け入れます

文芸学科は、ディプロマ・ポリシーに定める知識、技能などの修得を目指し、カリキュラム・ポリシーに定める教育を受けるための条件として、次のような知識・技能、能力並びに目的意識・意欲を備えた人物を求める。

(1)文学・芸術・メディアについて学ぶために必要な高等学校卒業相当の知識があり、入学後の修学に必要な技能を有している。(知識・技能)

(2)高校までの履修内容のうち、特に「国語総合」と「外国語」を通じて、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーションの基礎技能を身に付けている。(知識・技能)

(3)「地歴」と「公民」を通じて、各地域の歴史・生活・文化を理解するために必要な基礎的知識を身に付けている。(知識・技能)

(4)物事について、事実に基づいて論理的かつ客観的に考えることができ、他人の意見を理解するとともに自分の意見を的確に表現できる力を有している。(思考力・判断力・表現力)

(5)将来は、日本と世界の文学・芸術・メディア及びその周辺についての学びをもとに、自分らしさを生かして社会に貢献し、豊かな人間性を養い、より良い人生に生かそうとする意欲がある。(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

※2021年度のものです

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都千代田区一ツ橋2-2-1
大学企画課 広報企画グループ
(03)3237-5927
 【URL】https://www.kyoritsu-wu.ac.jp/

他の学部・学科も調べる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ