×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

きょうりつじょし

共立女子大学

私立大学 東京都

家政学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

被服学科[被服科学コース、染織文化財コース、ファッションクリエイションコース、ファッションビジネスコース](90名)
食物栄養学科/食物学専攻(55名)
食物栄養学科/管理栄養士専攻(50名)
建築・デザイン学科[建築コース、デザインコース](100名)
児童学科(150名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●現代社会の生活の向上と福祉に貢献できる自立した女性をめざす
●「人間はいかに生きるか」を4つの学科で有機的に学ぶ
●学部独自の「家政学部共通科目」を設定し、基礎から学ぶ

生活者の視点から人間生活について広く追究し、人々の生活の向上と福祉に貢献する自立した女性の育成をめざします。被服学科、食物栄養学科、建築・デザイン学科、児童学科の4学科で構成され、さらに学科の理念に基づいて定められた専攻やコースに分かれており、深い専門教育を受けることができます。

【学生数】1795名(2018年5月1日現在)
【専任教員数】50名(2018年5月1日現在)
【大学院】家政学研究科

被服学科[被服科学コース、染織文化財コース、ファッションクリエイションコース、ファッションビジネスコース]

講義・学問分野

被服材料学、西洋服装学、染織文化史、伝統染織技法実習、アパレル消費科学、被服造形学、被服デザイン、色彩デザイン、染色加工学、ファッションビジネス論、マーケティング論、被服環境学

閉じる

食物栄養学科/食物学専攻

講義・学問分野

食品物理化学、分子生物学、有機化学、生化学、生理学、食文化概論、食品学、応用食品学、食品分析学、栄養学、調理学、食資源論、食品学実験、食と安全、実践栄養学、調理科学、伝統食品・調理論

閉じる

食物栄養学科/管理栄養士専攻

講義・学問分野

食品物理化学、分子生物学、有機化学、解剖生理学、調理学、栄養教育論、病理学、微生物学・免疫学、基礎栄養学、臨床栄養学、公衆衛生学、運動生理学、給食経営管理実習

閉じる

建築・デザイン学科[建築コース、デザインコース]

講義・学問分野

エコデザイン論、建築概論、ユニバーサルデザイン論、住居史、住生活論、建築史、環境心理学、建築材料学、建築法規、建築構法、構造力学、建築施工、環境工学、建築設備、構造設計、構造計画、建築計画学、観察・描写、建築図学、色彩学、デザイン概論、写真映像論、メディア概論、グラフィックデザイン演習、CG演習

閉じる

児童学科

講義・学問分野

教育原理、教育心理学、保育原理、生活科教育、発達心理学、子どもと環境、音楽基礎、体育基礎、造形基礎、児童家庭福祉、現代社会福祉論、家族心理学、児童学基礎演習など

閉じる

学部の特色

現代社会の生活の向上と福祉に貢献できる自立した女性をめざす

本学部の人材育成目的は、本学の建学の精神および人材育成目的に基づき、「幅広く深い教養および総合的な判断力を基盤として、生活者の視点から人間生活について広く追究し、現代社会において人々の生活の向上と福祉に貢献する自立した女性を育成する」ことです。

閉じる

「人間はいかに生きるか」を4つの学科で有機的に学ぶ

「人間はいかに生きるか」。その問いは、人間が地球上でいかにつながって生きていくかという意味でもあります。本学部は、被服学科、食物栄養学科、建築・デザイン学科、児童学科の4学科で構成され、私たちの生活に欠かすことができない知識や経験が、有機的に備わるようにカリキュラムが編成されています。講義や豊富な演習を通して、自分の興味が持てる分野、自負できる分野、将来に生かすことのできる分野を発見することが可能です。

閉じる

学部独自の「家政学部共通科目」を設定し、基礎から学ぶ

「家政学部共通科目」は、本学部学生を対象にした科目群であり、全学共通教養教育科目や、学科の専門教育科目とは別です。「人間がこれからの時代をいかに生きていくか」という大きなテーマを見据え、基礎から学びます。人間のライフサイクルと福祉を中心に学ぶ「人間生活領域」と、人間生活を科学的視点で学ぶ「科学領域」で構成されています。

閉じる

学べること

被服学科[被服科学コース、染織文化財コース、ファッションクリエイションコース、ファッションビジネスコース]

アパレルビジネスに科学的にアプローチする

本学創立以来の伝統と実績を誇る本学科では、人間生活と衣服に関わる問題について多角的な教育・研究を行っています。一般に被服学科は衣服の制作を学ぶものと思われがちですが、本学科ではそれにとどまらず、アパレルビジネスに科学的にアプローチするシステムサイエンスへの取り組みに重点を置いています。さらに、文化財としての染織品の評価・保存修復も行うなど、研究領域は多岐にわたります。
コース制を採用しており、1・2年次に被服に関する基礎を幅広く学んだうえで、3年次から、学生それぞれの興味や関心、将来の方向性に合わせて「被服科学」「染織文化財」「ファッションクリエイション」「ファッションビジネス」のいずれかのコースに所属し、さらに深く専門領域を学びます。授業は実習や演習、市場調査も取り入れ、広い視野を養えるように工夫されています。

閉じる

食物栄養学科/食物学専攻

食生活の改善に役立つ食の知識と、実践的に活用できる能力を養う

食品学や栄養学などを中心に学びながら、実験・実習を通して実践力を養います。学問として食物学を学ぶだけではなく、「食の専門家」として実際のフードビジネスにおいても活躍できる力を身に付けます。

閉じる

食物栄養学科/管理栄養士専攻

管理栄養士として幅広い分野で栄養指導に取り組める人材になる

ライフサイクルに応じた食生活指導や食教育、学校・医療分野での高度な食事管理を実践できる専門知識・技術を身に付け、幅広い分野で栄養指導に総合的に取り組める管理栄養士を養成します。

閉じる

建築・デザイン学科[建築コース、デザインコース]

よりよい生活の場を創造する「建築」と「デザイン」を学ぶ

◆建築コース/建築分野、インテリア分野の2つの分野に分かれ、住環境を構成する「人と空間ともの」の在り方について学びます。人間を知り、工学技術と美術センスを養い、それらを統合する力を修得します。
◆デザインコース/プロダクト分野とグラフィック分野の2つの分野から構成され、社会におけるデザインの役割について探究します。消費者の心理への理解や、生活に不可欠なものの機能や形態の在り方を学ぶことによって、より豊かで高度な「知と女性らしさのあふれる感性」を養います。

閉じる

児童学科

保育と教育の実践力を養い、共に生きる力を育む

「教育と保育」「発達と臨床」「生活と文化」「福祉と共生」の4つを柱としてカリキュラムを編成し、学生一人ひとりの興味・関心と、それぞれの進路に応じた履修を可能にしています。
また、フィールドワーク、教育・保育実習、共立大日坂幼稚園や学内外における発達支援活動などの現場体験を重視し、保育者や教育者に求められる理論と実践を統合した教育・保育の実践力を身に付けます。特に、発達相談や子育て支援に対応する科目として、「発達臨床学」「発達支援論・演習」「子育て支援論」など、時代のニーズに応えるカリキュラムも特徴です。このような学びによって、“自ら学び、自ら成長する力”と、子ども・家庭・地域との関係を築き、生活を豊かにするための“人間関係力”を養います。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都千代田区一ツ橋2-6-1
入試事務室
(03)3237-5656(直)
 【URL】http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ