たいしょう

大正大学

私立大学 東京都

大正大学/地域創生学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

地域創生学科(100名)
公共政策学科(100名)新設

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●経済学を中心に理論を学び、地域実習で現場を知る「地域創生学科」
●公共的な問題を解決し、人間が豊かで幸せに生きられる社会を実現する「公共政策学科」
●地域・社会の課題を解決するために必要な知識と実践力を身に付けた人材へ

日本各地・現代社会が抱える問題を体験的に学び、知識創生や地域振興・公共政策上の課題解決に取り組む人材を目指します。長期の地域実習やフィールドワークなど、学んだ知識や理論を現場で実践することで、学びを深めます。

【学生数】

710名(2022年5月1日現在)

【専任教員数】

33名(2022年5月1日現在)

地域創生学科

【講義・学問分野】

フィールドワーク方法論、地域実習、地域創生学ゼミナール、経済原論、地域経済学、流通論、中小企業論、地域コミュニティ論、マーケティング論 など

公共政策学科

【講義・学問分野】

社会共生論、社会学概論、経済学概論、環境政策基礎論、観光政策基礎論、ダイバーシティ・マネジメント論、社会保障政策論、フィールドワーク など

入学者・卒業者数

入学者数

107人
男女比
女子生徒数
39
男子生徒数
68
地元占有率
地元出身学生数
42
入学者総数
107

卒業者数

89人
就職者・進学者数内訳
就職者数
82
進学者数
0

学部の特色

経済学を中心に理論を学び、地域実習で現場を知る「地域創生学科」

地域実習の事前調査は入念に行う

学びの基盤は経済学。経済学をはじめとして、経営学、社会学などさまざまな学問分野を横断的に学ぶことができ、それらを通して得た知識を統合して「地域実習」に結実させます。地域創生学科の特色である長期の「地域実習」では、自治体、地場産業の経営者、観光・旅行業の実務スタッフ、地域文化・歴史の研究者、そして地元の商店街の人たちなど、さまざまな人々の協力を得て、地域の経済とコミュニティを持続的に活性化させる方法を学びます。都市と地方双方の視点を養い、地域創生に貢献するリーダーを育成します。

公共的な問題を解決し、人間が豊かで幸せに生きられる社会を実現する「公共政策学科」

公共政策に関する理論や実践的なアプローチの方法を学ぶ

公共政策学科は、社会学、経済学、法律学、政策学などの基礎科目のもと、環境問題・自然保護、観光地域づくり、地域人づくり、福祉政策などの分野科目を配置します。これにより、今日本が直面している少子高齢化、人口減少、環境問題、福祉課題、働き方改革など多くの地域課題の解決を「政策」という観点から教育・研究を行い、専門知識と高い実践力を身に付け、「共生・協働」による社会の実現に取り組む人材を育成します。
授業では、社会や地域におけるさまざまな公共的課題を解決するための方法や技術を学習。一人ひとりの目的や意欲に合わせた系統的な学びを提供します。
大学主催の講座のみならず、学科独自の公務員講座を開設。また、観光(国内旅行業務取扱管理者)や、環境領域(環境社会検定、ビオトープ管理士)の資格取得に向けた勉強会を実施しています。

地域・社会の課題を解決するために必要な知識と実践力を身に付けた人材へ

多くの人とコミュニケーションを取り、自分にできることを考える

経済学や社会学などの「理論」を学び、地域実習やフィールドワークでの「実践」を段階的に繰り返すことで、課題に対するアプローチ方法を学びます。実習先の地域住民とのやり取りをはじめ、キャンパス内の授業においてもアクティブラーニングを多く取り入れていることから、コミュニケーション能力を高め、積極的に授業に参画する姿勢を身に付けることができます。

学べること

地域創生学科

経済学を基盤に、地域課題解決力を身に付ける

経済学、経営学、社会学などの専門科目を学修し、それらを4年次に卒業研究として結実させます。東京もひとつの「地方・地域」と捉え、キャンパスに近い巣鴨の活性化や、より広範囲に豊島区全体の地域振興を考える科目も。それに加えて地方地域での実習に取り組むことで、都市の視点と地方の視点の双方から地域の課題を発見する力を身に付けます。

公共政策学科

社会が抱える課題を解決するために、さまざまな角度からアプローチする手法を学ぶ

政策の理念、分析の手法、政策形成のあり方などの「知識」を体系的に学ぶとともに、社会に存在するさまざまな課題を見出し、働きかけや政策提言を行うための技法も身に付けていきます。座学とフィールドワークを行き来しながら、社会や地域の課題に対するアプローチ方法を学びます。人間が幸せに生きるために、専門的な知見から制度・しくみ作りに携わりたい人、公共政策を企画・立案するための知識や技能を生かして、行政や企業で活躍したい人におすすめの学科です。

アドミッションポリシー

地域創生学科

地域創生学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。
(1)地域創生に関する学問領域を学修するために、必要な基礎学力や実技能力を身につけている。
(2)高等学校で履修する国語・英語・地歴・公民・数学について、高等学校卒業相当の知識を有している。
(3)ものごとの課題を解決する道筋を、深く考えることができる。
(4)自らの意見を口頭や文章で順序立てて伝えることができる。
(5)地域社会に対して深い興味と関心を持ち、地域創生や地域活性化のために貢献していこうとする強い意欲を持っている。
(6)地域創生に向けて、他者との協働によって目標を達成しようとする姿勢を持っている。

公共政策学科

公共政策学科はディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した能力・資質を総合的に備えた学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。
(1)国語、英語、地理歴史・公民、数学等の各教科科目について、高等学校卒業相当の知識を身につけており、高等教育を受けることができる学力が備わっている。
(2)自ら問いを立て、課題を解決していくための道筋を深く考えることができる。
(3)意見や価値観の異なる人々の考えと自らのそれの違いを客観的に表現することができる。
(4)社会や地域の公共政策上の課題に対して深い関心を持ち、公共政策を担う人材となることに強い意欲を持っている。
(5)地域の課題解決に向けて、他者との協働によって目標を達成しようとする姿勢を持っている。

問い合わせ先

【住所・電話番号】

東京都豊島区西巣鴨3-20-1
アドミッションセンター
(03)3918-7311(代)

【URL】

https://kokokara.tais.ac.jp/

他の学部・学科も調べる

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ