大学入試センター試験の最新情報をお届け!

とうきょうこうか

東京工科大学

私立大学 東京都

メディア学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

メディア学科(290名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●メディア社会を的確に捉えた、最先端を駆ける「伝統」の学部で専門知識が養える
●1年次から実践的に学べるプロジェクト演習で能力を高められる
●現代メディアの先端を捉えた学びの領域で可能性を広げられる

日本で初めて「メディア学」を学問として採り入れた伝統ある学部です。メディア学の基礎と豊富な演習や実習を通して、多様化するメディア社会に対応した魅力的なコンテンツやサービス・ビジネスを創出する実践力を養います。

【キャンパス】八王子キャンパス
【学生数】1540名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】37名(2017年5月1日現在)
【大学院】バイオ・情報メディア研究科(M/D)

メディア学科

講義・学問分野

メディアコンテンツコース/ディジタル映像表現論、ゲーム制作技術論、サウンドデザイン論など
メディア技術コース/コミュニケーション処理論、音声音響メディア処理論、データベースと情報検索技術など
メディア社会コース/グローバルメディア論、コンテンツマーケティング論、サービスイノベーションなど

閉じる

学部の特色

複雑化するメディア社会に対応する「メディア学」を実践的に学ぶ

メディア社会を的確に捉えた、最先端を駆ける「伝統」の学部で専門知識が養える

「メディア学」を実践的学問として日本で最初に採り入れた、“元祖”メディア学と呼べるパイオニアです。メディア社会を牽引し、常に最先端の「メディアテクノロジー」を追究していく先進的な人材育成を行っています。メディアに関わる幅広い分野で求められる高度な知識と技術を身に付けるために、本学部では、多様な要素からなるメディア基礎技術を確実に修得したうえで、3コースの学修に進む体系的カリキュラムを用意しています。さまざまな基礎技術をバランス良く学ぶことで多角的な視点を養うとともに、自分の適性を正しく見極め、専門研究や進路決定に生かすことができます。例えばプログラミングの基礎技術の学修では、少人数による実践的な授業により理論や原理まで理解し、その後に取り組む多種多様な専門学修・研究の土台を固めることができます。

閉じる

専門性の高い演習を1年次から経験可能

1年次から実践的に学べるプロジェクト演習で能力を高められる

本学部の象徴的な科目といえるのが、1年次から3年次までの学生が学年の枠を越えて行う「プロジェクト演習」です。演習では、映像やゲーム、音楽、Webコンテンツなど実社会と連携したり、関連性の高いプロジェクトを遂行し、その過程で実践的な技術とプロジェクトを進める能力を身に付けます。演習のテーマは多様で、いずれも専門性が高く、取り組みがいのあるものばかりです。例えばテレビ番組の企画や新しいゲームの制作、デジタルサイネージプロジェクト、eラーニング教材やモバイルアプリを開発するプロジェクトなど。また、実際に制作会社や企業と連携してプロの厳しさの中で学ぶ機会もあります。加えて、1~3年次までの学生が共に学ぶことによって、自主性やコミュニケーション能力を磨くにも格好の場となります。体験を通して人間的にも成長しながら、実践的な制作スキルを身に付けることができ、卒業研究や就職活動に向けても大きな自信が得られます。

閉じる

進路を意識してから専門コースを選択

現代メディアの先端を捉えた学びの領域で可能性を広げられる

3年次後期から選択する3つのコースは、現代のメディア社会に対応し、さらに新たな分野を切り開くことをめざして、設定されています。

●メディアコンテンツコース
コンテンツ制作表現技術に重点を置いて学びます。メディア基礎技術を生かして、ゲーム、アニメーション、映像、音楽、Webなどのコンテンツの制作にまつわる多彩な知識や技術を修得します。メディア社会の最前線で、魅力的なコンテンツや表現手法を開発する力を身に付けた人材を育成します。

●メディア技術コース
メディア技術によって豊かで便利なメディア社会の実現をめざすコースです。メディア基礎技術を生かして、アプリケーション、音響、音声対話、ゲーム入出力デバイスなどに関するさまざまな知識と技術を修得します。創造性を発揮しながら、視聴覚情報処理に関する高度な理論と実践的技術を駆使して多彩なビジネス・産業分野で活躍できる人材を育成します。

●メディア社会コース
メディアで人と社会を結ぶ技術に重点を置いて学ぶコースです。メディア基礎技術を生かして、未来の教育、ソーシャルサービス、ビジネス、SNSなどを支える技術やしくみを考えます。メディアを活用した広告、インターネット時代のマーケティングなど、社会とメディアの接点を多彩な視点で見つめ、革新的な展開を行える人材を育成します。

閉じる

学べること

メディア学科

メディア社会で求められる重要な理論や技術を身に付ける

多様化するメディア社会の全体像を的確に捉えたうえで体系的に整理された基礎科目、学生個別の興味や意欲に応える専門科目、体験と実践を重視したバラエティー豊かな演習科目を段階的に学びます。また、卒業研究プロジェクトはメディア学全体を俯瞰しながら興味や将来の進路に沿って専門性を高め、メディア社会で求められる重要な理論や技術を身に付けます。

【授業・講義】
ライブ・エンタテインメント論

本学部では、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(A.C.P.C.)の寄付講座として『メディア特別講義II「ライブ・エンタテインメント論」』を開講しています。音楽業界をはじめとしたエンタテインメント産業やメディア産業の第一線で活躍しているゲストが講師を務め、産業界と大学が連携した画期的なカリキュラムで、今後のメディア界を牽引する人材を育成します。2017年度も、人気音楽番組のプロデューサー、芸能プロダクションやアニメ制作会社のトップなど、多彩な顔ぶれの講義を実現。現場を知る講師ならではの刺激的かつライブ感のある講義が行われ、受講した学生からも大きな反響がありました。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都八王子市片倉町1404-1
広報課
【フリーダイヤル】0120-444-903
 【URL】http://www.teu.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ