学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうかいがくえん

東海学園大学

私立大学 愛知県

人文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

人文学科(100名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●人や文化を学び取る、未来を開いていく力を養う
●オープン履修方式で将来の幅を広げる
●さまざまなカリキュラムで学生を支援

5つの領域を設置し、人間をテーマにした多様な学問を展開。いずれの領域も、コミュニケーション能力と表現力を養うことに重点を置いて、興味や好奇心に沿った学びの中から、将来の可能性を広げていきます。

【キャンパス】名古屋キャンパス
【学生数】481人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】16人(2017年5月1日現在)

人文学科

講義・学問分野

<メディア・映像>
マスコミ論、情報と著作権、ジャーナリズム論、音声表現研究A(アナウンス)、音声表現研究B(朗読・演技)、広告文化論 など
<マンガ・キャラクター>
マンガ研究、マンガ制作、アニメーション研究、映画研究、イメージと社会、マンガ・アニメーションの歴史 など
<創作文芸>
詩歌創作、絵本研究、エッセー・コラム創作、言語芸術論、小説創作、ファンタジー論 など
<日本語・日本文学>
現代文学、日本古典文学史、日本語学、日本近代文学史、日本語史、日本語音声学 など
<国際・文化>
中国文学概論、民俗学、日本美術史、日本文化と文化財、東洋思想、書道及び書道史、絵画論、アメリカ文学研究 など

閉じる

学部の特色

新しい文化を創出できる多様な学び

人や文化を学び取る、未来を開いていく力を養う

人文学科では「メディア・映像」「マンガ・キャラクター」「創作文芸」「日本語・日本文学」「国際・文化」の5つの領域で、人間をテーマに多彩な学問を学びます。マンガを学問として学ぶ領域もあります。

閉じる

さまざまな学びの中で視野を広げる

オープン履修方式で将来の幅を広げる

選択した専門領域以外の科目も自由に選べるオープン履修方式を採用しています。例えば「創作文芸」を選択した場合、小説を書くには別の専門領域科目の「日本語学」「マスコミ論」など幅広い知識、教養が必要となるでしょう。そのため本学部では選んだ専門領域に役立つ学問を幅広く履修できるシステムを取っています。

閉じる

「ヴィジュアルな文化」について総合的に学ぶ

さまざまなカリキュラムで学生を支援

オープンセミナー(自主ゼミ)
希望者を対象とするセミナーを実施。専門領域の枠を超えて自由な参加が可能です。

海外研修制度
オーストラリア、イギリス、カナダなどの大学と提携した留学制度が充実。提携大学で認定された単位は本学の単位として互換されます。

キャリア形成プログラム
教職プログラムでは、教員免許状取得と採用試験合格のためのバックアップ体制を整え、教員をめざす学生を支援しています。ほかにも、公務員や学芸員、司書、日本語教員など、多彩なキャリア形成のためのプログラムがあります。

学内にスタジオを設置
カメラや照明、編集機器を備えた本格的なスタジオを学内に設置。アナウンス原稿を読み、その様子を収録するなど、全て学生だけでTV番組の制作を体験できます。

経歴ユニークな講師陣
元ラジオキャスターや芥川賞作家、ライトノベル作家、マンガ家、司書・学芸員など、スペシャリストとしての実績を持つ教員が、実体験に基づくユニークな講義を行います。

閉じる

学べること

人文学科

新たな文化を世界へ発信する人材の育成

「コミュニケーション能力」「表現力」を養います。多くのメディアや手法を通して、新たな文化を創出し、世界へ発信できる人材をめざします。実績のある教員が在籍し、経験に基づくユニークな講義が受けられます。

<メディア・映像>
元ラジオキャスターなどの講師陣の指導により、日本語の音声表現を体得できます。学内のスタジオを使った実習も実施。映像やネットワーク技術なども身に付けます。

<マンガ・キャラクター>
マンガの制作・研究を中心に、アニメーションや映画の研究も加えて、総合的に「ヴィジュアルな文化」について学ぶこともできます。ジャンルやメディアを超えて学び、知性と感性、創造力と想像力を磨きます。

<創作文芸>
小説や歌詞、シナリオなどの作品を授業で取り上げ、「創作」にチャレンジするチャンスを数多く設定しています。文章を読み解く力、個性的な発想を表現する想像力を磨きます。

<日本語・日本文学>
日本語・日本文学を深く学び、国際・文化領域の科目と合わせて学ぶことで教員免許、日本語教員資格取得をめざします。

<国際・文化>
英語・中国語・その他の諸外国の文化を学び、文化共生社会への理解を深めるとともに、コミュニケーション能力を体得していきます。また、資格取得教育にも力を入れ、卒業後のキャリアをバックアップします。

【授業・講義】
映画を見て、学び、考えを自分の言葉で表現する 「映画研究」

映画研究の授業では、作品と監督論(映画作家論)の2つの批評的アプローチにより映画を解説。作品論では『エイリアン』『卒業』など、監督論ではジョン・フォード、ジャン・ルノワールなどを扱います。

閉じる

アドミッションポリシー

本学部の求める学生像

本学部では、創造表現、言語、文化を重視した教育を行い、社会の諸方面で活躍する人を育てます。広い学びの中から、興味・関心を抱いた分野を通して、感性や創造力を磨き、学際的な視点、幅広い教養、表現する能力を身に付け、社会と人間との関わりを理解し、自ら将来の方向性を見いだしたいと望む人を求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市天白区中平2-901
入試広報課
【フリーダイヤル】0120-24-9174(入試クイナシ)
 【URL】http://www.navi.tokaigakuen-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ