学校パンフ取り寄せで図書カードGET

しゅうぶん

修文大学

私立大学 愛知県

学部・学科

学べること

「人と学び、人に学ぶ」をモットーに人材育成を行う

高い専門性と豊かな人間性を養い、チーム医療を支える管理栄養士・看護師を養成

高齢化社会が進み、病院・福祉施設、学校、事業所、保健センターなどでの生活習慣病予防・改善の取り組みや、医療現場での患者さんの食事の多様化など、管理栄養士の活躍の場は大きく広がっています。本学では、医療、栄養、保健など管理栄養士養成に必要な専門知識から、医師、看護師、薬剤師などと共にチーム医療に取り組んだり、患者さんと向き合い病気予防・改善に努めるためのコミュニケーション能力までをしっかり修得。科学的かつ最新の知識によって体系づけられた人間栄養学を学び、人間理解のできる管理栄養士養成をめざします。
また、2016年4月に開設した看護学部看護学科では、人間への理解を深めながら、医療・看護の知識を学ぶ多彩な授業と2年次から始まる臨地実習との相乗効果により、患者さんの心に寄り添う感性や倫理観、あらゆる疾病に対応できる看護の知識と技術を体験的に修得。さらに公衆衛生学やチームケア論など、地域住民の健康維持・増進や異なった専門領域を持つ者が連携・協働し合うチーム医療につながる知識も深く学び、多角的に人々の健康に寄与できる看護師の養成をめざします。

閉じる

高度な専門能力を養う

医療、栄養、保健の専門知識から豊かな人間性まで、管理栄養士に必要な能力を総合的に修得

医療、栄養、保健などの専門知識はもちろん、医師、看護師、薬剤師などとともにチーム医療に取り組んだり、患者さんと向き合い病気の予防・改善に取り組むためのコミュニケーション能力などもしっかり修得。科学的かつ最新の知識に体系づけられた人間栄養学を学び、人間理解のできる管理栄養士の養成をめざします。
また、人間の心と体、栄養と健康、疾病と治療、食物と調理など、管理栄養士には幅広い知識が必要です。さらにコミュニケーション能力をはじめとするスキルも求められます。健康栄養学部では、こうした力を4年間で無理なく身に付けられるカリキュラムを整え、人間そのものを広い視点から理解した管理栄養士を養成するため、次の5つの方向からのアプローチで多角的に学習を進めます。

[多角的に学ぶ5つのポイント]
基礎教育的アプローチ
基礎科目でも専門知識が身に付く
基礎と専門がリンクした教育を推進。例えば、情報処理演習では、栄養価計算ソフトウェアの活用方法を学びます。

科学的アプローチ
科学的根拠に基づいて考え判断する力を養う
的確な栄養管理や栄養指導を行うためには、科学的根拠に基づく思考や判断が必要です。化学や基礎医学分野の科目を1年次から開講し、管理栄養士に必要な科学的視点を養います。

医学的アプローチ
身体とは、疾病・治療とは何かを理解
食を通じて心身の健康に貢献する管理栄養士には、身体の構造と機能、疾病の成り立ちといった医学の知識が欠かせません。この分野の教育を、本学では臨床経験豊富な医師が担当します。

栄養学的アプローチ
栄養管理・教育に不可欠な栄養学の知識を修得
療養のための栄養管理は管理栄養士の重要な役割。そのためには栄養学の知識がとても重要です。本学では栄養学の知識を実践的に生かす手法を学びます。

コミュニケーション的アプローチ
行動を変容させるための科学を学ぶ
管理栄養士には、患者さんや他の医療スタッフとコミュニケーションを図る力が必要です。本学では徹底的な少人数教育の利点を生かし、人間関係の中で行動変容の能力を養います。

閉じる

医療・看護の幅広い知識を学ぶ

地域で活躍できる、高い専門性と豊かな人間性を養い、チーム医療の要となる看護師を養成

異なる分野の専門職が連携・協力して総合的かつ包括的に援助活動を行う、新しいチーム医療をはじめ、医療の高度化や専門性の進展、安全で質の高い看護を求める社会の要請に応えるため、看護の基礎知識・技術に加え、豊かな人間性、高度な論理的思考、的確な問題解決能力を身に付けた地域医療を支える看護師を育てます。さらに、健康栄養学部と連携し、臨床栄養学の知識も修得。地域医療に貢献できる力を身に付けます。また、実際の医療現場でもチーム医療を担う一員として共に働くことになる管理栄養士をめざす学生と学ぶことによって、お互いの専門への理解を育み、チーム医療のキーパーソンとしての役割が遂行できる力を身に付けます。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ