学校パンフ取り寄せで図書カードGET

おかざきじょし

岡崎女子大学

私立大学 愛知県

大学トップ

最新情報

2018/08/08NEW

ここに注目!
  • 「自己実現と社会貢献」を建学の精神に、2013年4月開学
  • 公務員(保育職)合格率、全国トップクラスの実績
  • 保育士資格、幼稚園・小学校教諭一種免許状を取得し教育の現場へ

大学の特色

女性が本来持っている可能性を最大限に引き出す

女性として、人として、社会に貢献できる資質を培う

半世紀にわたり、教育・保育現場に数多くの人材が輩出している岡崎女子短期大学の豊富な教育・研究を基盤とし、さらに発展的に展開しています。
本学の建学の精神は、「自己実現と社会貢献」です。自己実現とは、自分が本来持っている可能性を最大限に引き出し、実現していくことです。「人として成長し、自己の可能性を発揮し、目標を実現できる女性になってほしい」「多くの人々の幸せのために周囲と支え合いながら、社会貢献できる人になってほしい」。本学の建学の精神には、自律と成長を通して社会に貢献しうる人材育成の願いと決意が込められています。

閉じる

教育・保育の専門家を育成

幼稚園教諭一種免許状・保育士資格・小学校教諭一種免許状が取得可能!

子ども教育学部は、4年間の学びを通して、生涯にわたる人間的な成長の基礎を築きます。そして、教育・保育の現場で子どもの健やかな発達と人間的・社会的成長を支えながら、子どもと共に育ち合う教師・保育者、保護者や地域の子育てに対し最適な助言と支援のできる教育・保育の専門家をめざします。
子ども教育学科では、「小学校教諭一種免許状」「幼稚園教諭一種免許状」「保育士資格」が取得可能です。2017年4月からは「学校教育コース」と「幼児教育・保育コース」からなる「2コース制」がスタート。めざす進路に合わせて2年次よりコースに分かれ、専門性を深めていきます。教育の本質を深く学び、より高度な専門知識と技能を修得し、教育・保育の現場でプロフェッショナルとして活躍できる小学校教諭、幼稚園教諭、保育士を養成します。

閉じる

家庭支援力を高めるための場

地域の親子と共につくりあげる「親と子どもの発達センター」

0歳~2歳の子ども用のスペースと、3歳~5歳の子ども用のスペースを設け、それぞれの年齢に応じた元気なからだ・豊かなこころ・考える頭を無理なく育てる遊びの環境を整えています。同センターは、学生が家庭支援力を高めるための場でもあり、親子の行動や子どもの遊び、他者とのコミュニケーションの様子を別室で観察できる視聴覚システムを整備。撮影許可を得たうえで、親子の様子を別室で観察しながら授業や議論を行います。

閉じる

アドミッションポリシー

建学の精神は「自己実現と社会貢献」

求める学生像

子ども教育学部への入学者に以下の力や資質を求める。
・現代人に求められる教養の基礎やコミュニケーション基礎力をもっている。
・専門の知識・技能を修得するための基礎学力や、教諭・保育者になるための意欲・関心・適性を有している。
・自律的な学習態度や、課題に対する思考力・判断力への基盤を持っている。
・教育・保育の実践から学ぶ姿勢と地域貢献への意欲を持っている。

閉じる

教育環境

恵まれた教育環境

幼児教育の一大拠点としての岡崎女子大学

本学は併設の短期大学と同じキャンパスにあります。そのためキャンパスには、短期大学教員も含めた幼児教育の専門教員が大集結。どんな質問にも専門教員が対応するぜいたくな教育環境です。

閉じる

子ども図書室には読み聞かせコーナーも設置

実践的・自律的に学べる環境

協働学修やアクティブ・ラーニングの場としてはもちろん、学修相談・実習相談にもきめ細かに対応。学生の自律的な学びを積極的に支援しています。
●子ども図書室
約1,250冊の絵本と約1,150冊の紙芝居を備え、読み聞かせコーナーも設置しています。学生は豊富な資料を活用して研究を行うことはもちろん、子どもたちを招いて読み聞かせをするなど、実践的に学ぶことができます。
●ラーニング・プラザ
パソコンやDVDなどを活用しながら学んだり、友達や先生を交えてディスカッションしたり。開放的で活発な学びの場です。
●「学修相談室」「実習支援室」「教職支援室」
毎日の学びや実習を積極的にパワフルに支援する場です。学修の悩みや実習の不安・問題などを親身にフォローします。

閉じる

学部

【2019年度入学者対象(予定)】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

【2019年度入学者対象(予定)】初年度納入金

1,320,000円(入学金240,000円を含む)

学ぶ意欲に応える多様な奨学金

●日本学生支援機構奨学金
無利子の「第一種」と有利子の「第二種」があります。

●あしなが育英会
経済的に苦しい遺児に対して無利子で貸与(月額40,000円または50,000円)されます。

●(財)横山育英財団
学業・人物ともに優秀で経済的理由により修学が困難な学生に支給(月額18,000円)されます。

●岡崎市奨学資金
岡崎市に引き続き1年以上住んでいる家庭の入学者に貸与(年額400,000円)されます。

●愛知県外出身者支援奨学金制度
愛知県外に在住の学生を対象に審査。奨学生に選ばれると、下宿代や通学費などに充当できる奨学金制度が支給(返還不要)されます。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】295人
【外国籍の学生数】1人
【教員数】119人
【外国籍の教員数】3人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 0人
1か月以上3か月未満 0人
3か月以上6か月未満0人
6か月以上1年未満0人
1年以上0人

閉じる

住環境

「名古屋」駅から本学最寄り駅の名鉄「東岡崎」駅およびJR「岡崎」駅まで約30分。駅からバスを利用して、岡崎の街を一望できる小高い丘の上に立地する本学。併設の短期大学と共有のキャンパスでは、短期大学で教えている幼児教育の専門教員にも質問できるなど、幼児教育の一大拠点ならではのメリットもあります。

閉じる

クラブ・サークル活動

キャンパスライフを楽しく彩るさまざまなクラブ&サークルが活発に活動しています。仲間と一緒に夢中になって取り組んだり、地域の人たちと触れ合ったり。貴重な体験は、学科の学びにも生きてきます。

体育会系クラブ

バスケットボールサークル、バレーボール部、ソフトボールサークル、バドミントンサークル、硬式テニスサークル、ソフトテニスサークル、ダンス部、卓球同好会、陸上同好会

文化系クラブ

学友会、児童文化研究部 はとぽっぽ、合唱同好会、わくわくらぶ、食育研究サークル はらぺこあおむし、げんきクラブ、マンガ研究会、大学祭実行委員会、Music Band、バルーンアート・サークル、託児ボランティアサークル すくすくラビッツ、茶道部、写真・メディア研究部、読み聞かせサークル Hobbit

閉じる

大学院・併設の大学

人間関係力と表現力、社会での実践力を培う伝統ある短期大学

●岡崎女子短期大学
幼児教育学科第一部
幼児教育学科第三部
現代ビジネス学科

閉じる

パンフ・願書

豊かな心と感性を育み、女性として、教育者・保育者として成長できる4年間の学びや充実のキャンパス環境を紹介しています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●愛知県岡崎市中町1-8-4
名鉄「東岡崎」駅:名鉄バス北口2番乗り場から「中央総合公園」「市民病院」「岡崎駅前(美合・緑丘経由)」「美合」方面に乗車。「岡崎げんき館前」下車、徒歩5分
JR「岡崎」駅:名鉄バス東口1番乗り場から快速「市民病院」行き乗車。または2番乗り場から「東岡崎」行きに乗車、経由して「岡崎げんき館前」下車、徒歩5分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒444-0015
愛知県岡崎市中町1-8-4
入試広報課

電話番号

(0564)28-3314(直通)
【フリーダイヤル】0120-351018

URL

http://www.okazaki-u.ac.jp

E-Mail

kouhou@okazaki.ac.jp

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ