きょうとこうかじょし

京都光華女子大学

私立大学 京都府

健康科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

医療福祉学科/社会福祉専攻(40名)
医療福祉学科/言語聴覚専攻(40名)
心理学科(50名)
健康栄養学科/管理栄養士専攻(80名)
健康栄養学科/健康スポーツ栄養専攻(40名)
看護学科(85名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●地域社会に不可欠な保健・医療・福祉のスペシャリストを養成する
●他の専門職への理解を深める学科横断プログラム「専門職連携教育」
●独自の国家試験対策プログラムにより、合格に向けて強力にサポート

ヒューマンケアに携わる専門的な力を身につけ、「福祉」「リハビリ」「心理」「栄養」「運動」「看護」のスペシャリストを養成。チーム医療や地域包括ケアの現場での対応力を身につけるために開講している専門職連携科目により、多岐にわたる専門性を理解し、実践力を備えた社会が求める専門職を養成します。

●卒業時に取得できる主な資格
【社会福祉専攻】社会福祉士(国家試験受験資格)、精神保健福祉士(国家試験受験資格)※1・2、保育士資格※1・2 ほか
※1 定員があります(精神保健福祉士:10名、保育士:20名)。 ※2 精神保健福祉士(国家試験受験資格)と保育士資格を同時に取得することはできません。
【言語聴覚専攻】言語聴覚士(国家試験受験資格)
【心理学科】公認心理師(大学卒業後、一定の実務経験、または大学院修了後、受験資格取得)、臨床心理士(大学院修了によって受験資格取得)、保育士資格※1、保育心理士※2、社会調査士 ほか
※1 定員があります(保育士:20名)。入学後の面談などにより履修者が決定します。 ※2 保育士資格が必要です。
【管理栄養士専攻】管理栄養士(国家試験受験資格)、栄養士、栄養教諭一種免許状※1 ほか
※1 再課程認定申請中
【健康スポーツ栄養専攻】栄養士、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)※1、栄養教諭二種免許
状※1、健康運動指導士(受験資格)、健康運動実践指導者(受験資格)、公認スポーツ指導者 ほか
※1 再課程認定申請中
【看護学科】看護師(国家試験受験資格)、保健師(国家試験受験資格)※1、養護教諭一種免許状※2、養護教諭二種免許状※3
※1 保健師養成課程には定員があります(20名程度、学内選抜)。※2 再課程認定申請中 ※3 保健師免許取得後、必要な単位を修得している者は申請により取得可能。

詳しくはホームページをご覧ください

〔教職課程認定審査について〕
教職課程に関して、2019年度教職課程認定または再課程認定を申請中です。文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

【学生数】1277人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】70人(2017年5月1日現在)
【大学院】心理学研究科/臨床心理学専攻、看護学研究科/看護学専攻

医療福祉学科/社会福祉専攻

講義・学問分野

医療福祉連携論、女性と社会福祉、社会調査の基礎、地域福祉、相談援助演習、社会保障、高齢者福祉、介護福祉、児童・家庭福祉、生活保護制度、就労支援サービス、司法福祉、相談援助の理論と方法、福祉行財政と福祉計画、社会福祉学特講、子どもと健康、障がい児保育 など

閉じる

医療福祉学科/言語聴覚専攻

講義・学問分野

言語発達学、言語聴覚障害学概論、音声・言語・聴覚医学、臨床基礎医学、臨床医学総論、失語症学、言語発達障害学、言語学、聴覚障害学概論、リハビリテーション概論・医学、認知・学習心理学、摂食嚥下障害学、高次脳機能障害、認知症特論、言語聴覚障害実習 など

閉じる

心理学科

講義・学問分野

心理学概論、心理学実験、スポーツ心理学、人間関係の心理、心理的アセスメント、児童心理学、障害者・障害児心理学、司法・犯罪心理学、犯罪プロファイリング演習、学習・言語心理学、健康・医療心理学、心理学実践演習(こども相談)、乳児保育演習、対人スキル・コーチング演習 など

閉じる

健康栄養学科/管理栄養士専攻

講義・学問分野

生命化学の基礎、健康管理論、人体の構造と生理、食品学、調理実習基礎、調理実習応用、公衆栄養学、健康評価実習、生化学、運動生理学、人体の構造、食品学実験、栄養学実験、栄養教育論、給食マネジメント実習 など

閉じる

健康栄養学科/健康スポーツ栄養専攻

講義・学問分野

スポーツ栄養学、健康管理論、人体の構造と生理、健康スポーツ概論、生涯スポーツ論、公衆衛生学、スポーツ医学、インストラクター実習、スポーツ心理学、体育・スポーツ原理、コーチング論、バイオメカニクス、健康スポーツ指導法 など

閉じる

看護学科

講義・学問分野

看護学原論、仏教看護論、生物の基礎、人体の構造と生理機能、病気の成り立ち、看護コミュニケーション、薬理学、基礎看護学実習、日常生活を支える看護技術、国際看護活動論、看護過程論演習、看護と栄養、家族看護学 など

閉じる

学部の特色

地域社会に不可欠な保健・医療・福祉のスペシャリストを養成する

人々の健康に携わる専門的な力を身につけ、「福祉」「リハビリ」「心理」「栄養」「運動」「看護」など、それぞれの分野で活躍できる専門職を養成します。また、「地域包括ケア」や「チーム医療」が求められる中、本学部では専門性の高い4学科の学生がともに学ぶ、学部共通科目を設けています。他の専門職の意義や視点に触れる機会を多く持ち、チーム医療を意識した学習環境を実現させることで、高度な専門性と実践力を備えた専門職を養成します。

閉じる

4学科の学生が共に学ぶ授業も設置

他の専門職への理解を深める学科横断プログラム「専門職連携教育」

学科や専攻の枠を超え、相互に刺激を与え合いながら学びを深める「専門職連携教育」を実施。4年間を通して他学科の学生と共に学ぶ学部共通開講科目を履修しながら、1年次は「専門職の連携(基礎)」を、4年次には「専門職の連携(応用)」を学び、各専門職の役割や目的、視点の違いへの理解を深め、他分野の専門職と連携してチーム医療や地域包括ケアに取り組むことができるコミュニケーションスキルを磨きます。

閉じる

独自の国家試験対策プログラムにより、合格に向けて強力にサポート

各自の適性に応じた個別指導をベースに、特別講義や模擬試験、フォローアップ講座を開講しています。また、学外講座や教員による復習講座などにより、多角的にサポートします。そのほか、卒業した先輩から、仕事や国家試験の学習法について話を聞く機会を設け、資格取得に対するモチベーションの向上を図っています。

閉じる

学べること

医療福祉学科/社会福祉専攻

医療・公務員・子どもの3分野で活躍できるソーシャルワーカーを養成

子どもから高齢者までのしあわせな生活を支えるのが社会福祉専門職の役割です。本学では、医療と連携した学びで患者さんをサポートする医療ソーシャルワーカー、地域の人々の暮らしを支える福祉職公務員、福祉の視点から特別な支援が必要な子どもに寄り添う保育士の3分野に対応したカリキュラムを設置しています。地域住民、子ども、障がい者、高齢者など幅広い人々に寄り添いながら支援を行う福祉職を目指します。

閉じる

医療福祉学科/言語聴覚専攻

実践力と豊富な医療知識を備えた言語聴覚士を養成

言葉や聞こえなどのコミュニケーション障がいや食べること(飲み込み)に問題を持つ人を支えるのが言語聴覚士です。本学では、現場で活躍する医師や現役の言語聴覚士が医学系講義や演習科目を指導し、医療福祉の現場で生かせる実践力を養います。また、医療・福祉・栄養のプロを育成する他学科と連携した学びで、チーム医療の一員として活躍できる力を持った言語聴覚士を養成します。

閉じる

心理学科

心理学を社会で生かすための3つのコースで実践力を育成

1年次に心理学の基礎をしっかりと学び、その後「臨床心理」「子ども心理」「社会・犯罪心理」の3コースに分かれて学びを発展させます。アクティブラーニングを積極的に導入し、社会ゲーミング・シミュレーションや対人スキル・コーチング演習など、独自の体験型授業や、他職種との協働を学ぶ専門職連携科目、実践力を養う社会参加型授業、ボランティア活動の推奨など、学んだ知識を実践につなげ、確かな知識と実践力を身につけます。学んだ心理学をキャリアにつなげるための資格取得や就職へのサポートも充実。さらなる学びを深め、医療・教育分野の心理専門職として従事するため、併設の大学院へ進学して、公認心理師、臨床心理士を目指すことも可能です。

閉じる

健康栄養学科/管理栄養士専攻

健康保持・増進に貢献できる思いやりのある管理栄養士を養成

本学では専門職として社会に求められている役割を理解し、思いやりにあふれた管理栄養士を養成します。食品や人の健康についての知識、調理技術はもちろん、ライフステージや病態に応じた栄養管理の知識・技術を身につけるための科目が充実。さらに、給食施設や病院での臨地実習によって献立作成、栄養マネジメント、栄養指導、課題分析などの実践力も養います。
また、国家試験対策として、個別指導による苦手分野の分析・克服を密に行い、基礎学力の定着を徹底しています。
2017年度 管理栄養士国家試験合格率97.2%(受験者数72名/合格者70名)

閉じる

健康栄養学科/健康スポーツ栄養専攻

スポーツ栄養学を身につけ、健康を支える栄養・運動指導のプロを目指す

「栄養・食生活」と「運動」の両面から健康づくりに取り組むことができるスペシャリストを養成。競技者に対する栄養指導や子どもたちへの運動指導や食育、障がい者へのスポーツ指導など幅広い分野で活躍できる女性を育成します。スポーツインストラクターの体験授業やオリンピック選手を講師に招いた特別講義など、多彩なカリキュラムを通じ、実践に役立つ健康管理・スポーツ心理を学ぶことができます。資格面では、栄養士の資格だけでなく、中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)、健康運動指導士などの「体育・運動・スポーツ」分野の資格も充実しています。

閉じる

看護学科

「おもいやりの心」「豊かな知識」「優れた技能」を身につけ、人々に寄り添うことのできる看護職を育てる

看護師としての専門的な技術や技能の取得だけでなく、建学の精神に基づく「おもいやりの心」を養う科目を設けることで、患者さんの人生や背景に向き合い、その人に寄り添った看護ができる看護師を養成します。また、豊かな表現力を持って患者さんや多職種のスタッフとコミュニケーションを図れる力も同時に養います。
1・2年次から少人数制の基礎ゼミで、看護学の基本や看護師・保健師といった各専門職の役割について学び、将来に医療の現場で活躍するための基礎を築きます。また、「病気の成り立ち」「からだの防御の仕組み」「診断と治療」などの医系科目は、医療機関で最先端の医療を実践している医師などが担当します。
卒業後は、助産学専攻科(1年課程)へ進学することで、助産師資格の取得を目指すこともできます。
2017年度 看護師国家試験合格率96.5%(受験者数85名/合格者82名)

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】京都市右京区西京極葛野町38
入学・広報センター
(075)312-1899
 【URL】http://www.koka.ac.jp/faculty/undergraduate/dept_health/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ