きょうとこうかじょし

京都光華女子大学

私立大学 京都府

京都光華女子大学/学部・学科

学べること

座学だけでなく、体験型授業などさまざまな形で教養を身につける

多様化する現代社会を自信を持って生き抜く力と女性のライフステージに対応する教養を身につける

全学生が履修するリベラルアーツ教育科目では、礼法を基礎に置いて伝統文化(茶道・華道・書道)を必修にするなど特徴的な学びのもと、豊かな教養と幅広い視野を身につけます。専門分野の学習だけでなく、社会人としての道を歩んでいくために、実生活で役立つ知識とスキルを習得します。また、共通コア科目、健康とスポーツ、外国語コミュニケーション、人文・社会・自然、キャリアデザインの分野の中から、必修・選択科目と組み合わせて自由に学びます。専門分野の学びとリベラルアーツの学びをかけ合わせることで、幅広い視野を養い、一人ひとりの強みを作ります。

閉じる

主体的で深い学びを促進する本学独自の教育手法「光華メソッド」

2020年度から全面実施された新学習指導要領では、急激な社会変化に対応し、未来を創り出す資質・能力を備えた人材の育成が求められています。
本学では、そのために必要な「主体的で深い学び」を促進し、それぞれが目指す分野で未来を生き抜く力を持つ女性を育成します。

確かな力を身につける光華メソッド
[効率的な学び]ツールと手法を組み合わせて少人数教育の強みを最大限に生かした教育を展開。ICT機器などを活用して効率的に学びます。
[定期的な振り返り]学生が主体的に学修成果や学修プロセスを確認しながら学びを深めることにより、確かな力を身につけます。
[次へつなげる目標設定]定めた目標に向かって学ぶサイクルが学生を成長させます。目標設定や進路を実現するサポート環境を整備しています。

閉じる

学科横断プログラムで在宅ケア時代に必要な「チーム力」を育む

本学では、健康科学部の学生たちが学科や専攻の枠を超えて学びを深める「多職種連携教育」を行っています。各専門職の役割や目的、視点の違いに対する理解を深め、チームで地域の医療やケアを行うためのコミュニケーション能力やチームマネジメントなどのスキルを磨きます。

学科横断プログラム
【正課内】
〈1年次〉「連携」をテーマに各学科混合でグループワークを行い意見交換をします。学科を超えて各自の目指す専門職について理解を深め、多角的な視点を養います。
〈1~4年次〉他学科の学生と共に学ぶ学部共通開講科目を設置。多様な専門職のゲストスピーカーによる講演や現場見学を通して多職種連携について学びます。

【正課外】
〈レインボープロジェクト ~多職種を知ろう~〉
それぞれが目指す職種についての理解を深め合うこと、さらに学内で専門職を目指す学生同士のつながりを深めることを目的に、学生たちが自発的に始めた活動。専門職を目指す学生たちが学科や学年の枠を超えて集まり、他職種の役割や物事の捉え方・対応の仕方を知ることで、考えの幅を広げ、連携の大切さを学びます。
〈学内のクリニックで言語聴覚士の臨床を学べる〉
キャンパス内にある「光華もの忘れ・フレイルクリニック」は、言語聴覚専攻の専任教員(医師)が院長を務める認知症、フレイル予防のためのクリニックです。言語聴覚専攻の教員が言語聴覚士や医師として検査などの臨床業務に携わっており、学生たちは、演習科目や実習など実際の臨床現場で日常的に地域医療や専門職連携の実際を経験することができます。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ