学校パンフ取り寄せで図書カードGET

おおさかけいざい

大阪経済大学

私立大学 大阪府

情報社会学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

情報社会学科(250名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●社会変化の多面性を捉え、広い視野と柔軟性を育てる
●専門的な学びをスムーズに導くカリキュラム設定とコース制
●資格取得による単位認定で学びをバックアップ

本学部は、社会学、情報学、経営・経済学を融合したカリキュラムを整備。これらの3つを総合的に学ぶ3コースで、「より良い社会を創造するために、どのような働きかけができるのか」を実践的に追究します。

【キャンパス】大隅キャンパス
【学生数】1227人(2017年5月現在)
【専任教員数】23人(2017年5月現在)
【大学院】経営情報研究科(M)

情報社会学科

講義・学問分野

社会調査論、企業経営論、地域文化論、ビジネスプランニング、情報セキュリティ論 など

閉じる

学部の特色

最新のICTのビジネスへの利用を考察

社会変化の多面性を捉え、広い視野と柔軟性を育てる

「社会」は地域、企業、世界などさまざまなジャンルやレベルで構成され、いつでもどこでもお互いに関わり合いを持っています。また情報技術の進歩によってあらゆる場所で刻々と変化が生じており、それに対して我々も常に対応を迫られています。本学部の授業は、広い視野と柔軟性を養うことを目的とするカリキュラムにより構成されています。
また、授業ではICTにまつわる知識・技術を活用し、「社会にどう応用するか」を常に追究。実社会で発想によって諸問題を解決できる人を育てます。

閉じる

数値などから社会を客観的に分析する力を養う

専門的な学びをスムーズに導くカリキュラム設定とコース制

1年次は、社会学、経済学、経営学および情報技術の基礎を学修する「基幹科目」を必修科目として配置し、学びがスタート。2年次から始まるコース制は「現代社会」「経営・経済」「情報コミュニケーション」の中から選択しますが、1年次に設定されている「コース導入科目」によって自分の適正や意欲を判断できるので、自信を持って選択できます。
4年次の「卒業研究」も必須科目としており、自分の学修の履歴や到達点を、一貫して分かりやすく可視化しています。

閉じる

さまざまな講座や制度で資格取得を支援

資格取得による単位認定で学びをバックアップ

「基本情報技術者」「2級ファイナンシャル・プランニング技能検定」「日商簿記検定2級」を在学中に取得した学生は、申請によりそれぞれ2単位が認定されます(ただし最高で4単位まで)。受験料の補助もあり、本学部ではこれらの特典を利用して、積極的に資格取得することを学生に勧めています。

閉じる

学べること

情報社会学科

社会調査士の資格取得もめざせる少人数制教育を展開

●少人数教育(ゼミナール)について
入学直後から全員、学部専任教員が担当する「情報社会学部基礎演習」が開始し、最大15名程度までのグループで少人数教育が展開されています。ここでは調査、議論、発表など大学での学修生活の基礎が学べます。専門ゼミである「演習」から卒業論文を作成するための「卒業研究」は大学での学びの柱や集大成になり、知識の構築を実感するでしょう。

●社会調査士について
世論や市場動向、社会事象を捉えるなど、社会調査の能力を有する専門家が「社会調査士」。本学科では、「社会調査論」「量的データ分析法」「インタビュー調査法」「社会調査実習」など定められた科目の単位を修得することにより、「社会調査士」資格を取得することができます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ