おおさかでんきつうしん

大阪電気通信大学

私立大学 大阪府

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

電気電子工学科(80名)
電子機械工学科(80名)
機械工学科(90名)
基礎理工学科(60名)
環境科学科(90名)
建築学科(80名)新設
2018年4月開設

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●2018年4月、「建築学科」誕生!
●世界の第一線で活躍できる次世代のエンジニアを育成
●理論と実験・実習を繰り返し、最先端の教育研究環境で技術力を養う

最新の設備を利用した高度なコンピュータ演習をはじめ、実験や実習などの実体験を重視。企業との連携講座では、日本電設工業(株)や三菱電機(株)など最先端企業の講義を受講できます。いずれの学科も実社会での現場で生かせる技術力を修得します。

【キャンパス】寝屋川キャンパス
【学生数】1751人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】72人(2017年5月1日現在)
【大学院】工学研究科(修士課程/博士後期課程)

電気電子工学科

講義・学問分野

電気回路演習、電磁気学、送配電工学、半導体デバイス、電気電子設計製図、光エレクトロニクス など

閉じる

電子機械工学科

講義・学問分野

メカトロニクス基礎演習、機械運動学、ロボット工学、設計製図、機械モデル論、システム制御工学 など

閉じる

機械工学科

講義・学問分野

機械設計製図、3次元CAD実習、機械材料力学、ロボット工学、自動車工学、機械創成工学実習 など

閉じる

基礎理工学科

講義・学問分野

微分積分・演習、応用代数学、量子物理・化学、高分子化学、地球物理学特論、応用サイエンス実験 など

閉じる

環境科学科

講義・学問分野

大気と水の環境学、有機・無機化学、ナノ化学、バイオ化学実験、食品化学、エネルギー機械実験 など

閉じる

建築学科新設2018年4月開設

講義・学問分野

建築設計基礎実習、インテリア計画、建築環境工学、建築材料・構造実験、BIM実習、3次元CAD実習 など

閉じる

学部の特色

IT技術を活用し、工学的な知識・技術も備えた建築士を目指す

2018年4月、「建築学科」誕生!

2018年4月新設の建築学科では、建築学や製図、設計などの知識・技術を基礎から段階的に学びます。工学の基礎から応用していく技術、CADソフトを使いこなしていくIT関連技術など、広範囲の学問領域のスキルも修得。建築士としての確かな知識と技術を身に付け、「工学的な知識・技術と豊かな創造力を兼ね備えた建築士」を目指します。

閉じる

「考える力」を持った技術者を育成

世界の第一線で活躍できる次世代のエンジニアを育成

「電気電子工学」「電子機械工学」「機械工学」「基礎理工学」「環境科学」の5学科に加え、2018年4月、「建築学科」が開設。合計6学科となる工学部では、どの分野も基礎学力を培うとともに、工学の基礎技術から最先端技術まで、「実学重視」のカリキュラムを編成。専門知識と技術を身に付け、世界のさまざまな工学分野の第一線で活躍できる次世代のエンジニアを育成します。

閉じる

最先端のモノづくり教育

理論と実験・実習を繰り返し、最先端の教育研究環境で技術力を養う

さまざまな実験や実習を行う「実験センター」には、それぞれの実験に応じた実習室を完備。3D造形先端加工センター、電気・電子実験室、物理学実験室、工学基礎実験室、メカトロニクス基礎研究所をはじめ数多くの実験室があります。また、元エンジニアの技術指導員の方々が実験や計測をサポート。安心して実験・実習を行うことができます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

電子回路の設計・加工に挑戦!

電気電子工学科

電子・電気技術の幅広いフィールドで活躍するエンジニアを目指す

私たちの生活は“電気”なくして成り立ちません。高速鉄道もスマートフォンも、電気電子の技術によって実現されています。
社会は今、この分野で未来を切り開いていく若い技術者・研究者をますます必要としています。

●学びのポイント
・有力企業と協力した連携講座によって、産業界で活躍できる技術者を育成し、即戦力となる人材を社会に送り出します。
・電気電子の専門分野をバランスよく学べるように工夫。カリキュラムに豊富な実験と演習を取り入れて系統的に知識を身に付けます。
・ハードウエア(製品)とソフトウエア(コンピュータ)の両方の専門知識を、互いに関連付け複合的に理解できる学びを追求しています。

【授業・講義】
先端企業による連携講座

「三菱電機講座」「きんでん講座」「日本電設工業講座」など6社の先端企業と連携し、専門講座を開講。プロフェッショナルによる講義を通じて、環境・エネルギー、総合エンジニアリング、電気鉄道技術、特許・知的財産権、電気災害防止、計測・制御を学びます。

閉じる

社会で役立つロボットをつくりたい!

電子機械工学科

メカトロニクスを学び、夢を実現するロボットを製作

「メカトロニクス」とは、電気・電子と機械を融合した技術分野。私たちのまわりにあるほとんどの機械は、メカトロニクスで動いています。
「機械」「電気・電子」「計測・制御」「情報・コンピュータ」の4つの分野を学び、産業界で活躍できるメカトロニクスエンジニアを目指します。電気・電子のわかる機械技術者、機械のわかる電気・電子技術者を育てます。

●学びのポイント
・「機械」「電気・電子」「計測・制御」「情報・コンピュータ」「メカトロニクス」の分野をバランス良く学び、機械を自在に操る技術を習得します。
・電子機械工学の基礎知識を獲得し、新しいことを自ら学ぶ能力を身に付け、問題解決の方法を習得します。
・企業が求める技術者となるために必要な総合力・実践力と、柔軟な発想力を身に付けることを目標とした教育を行います。

【授業・講義】
ロボット工学

ロボットのつくり方と、動かすための理論の両方を、わかりやすく講義します。
さらに、産業用ロボットアームを例にして、「思い通りに動かす」ための制御技術について学びます。

閉じる

自分の手でエンジンづくりに挑戦!

機械工学科

モノをつくる、その核となるメカを幅広く、深く学ぶ

いつの時代でも、機械は産業を支えるもっとも大切な技術。つまり、機械工学はエンジニアリングの基盤であり王者と言えます。本学科には機械工学の各分野の優秀な専門家が集結し、基本から高度な応用技術まで、学生一人ひとりに教授しています。

●学びのポイント
・機械工学入門、機械創成工学演習、インターンシップなどで構成される「創成体験系」を導入し、学生の学修意欲を高めます。
・設計生産・環境・エネルギー・固体力学・制御情報の各系の専門科目を充実。機械設計やCADの資格取得サポートも万全です。
・最先端技術を追究する研究室が多く、スケールの大きなテーマや、学会でもトップクラスの研究に触れる機会が数多くあります。

【授業・講義】
CAD実習

ハイエンド3次元CADシステム「CATIA(R)」を使い、単にコンピュータ上で設計を行うだけではなく、さまざまなシミュレーションやその解析、多彩な3次元表示によるプレゼンテーション機能、プロダクトサイクル管理、製造現場とダイレクトにデータの共有などを実践。設計から製造までをつなぐエンジニアリングを実現するシステムとして、3次元CADを学びます。

閉じる

理論や学説、データなどはうのみにせず、自力で納得するまで検証

基礎理工学科

数学・理科の教員免許状取得を全力でサポート!科学的思考力を養う

数学、物理、化学などの専門知識を修得するとともに、それらを生かす理論や技法(モデリングやシミュレーション)を身に付けます。ものごと=自然現象を“根っこ”から追究・分析する基礎力と真の応用力を持ち、最先端科学技術から教育まで、幅広いフィールドで活躍できる人材を育てます。

●学びのポイント
・現代社会を支えている科学技術を理解・活用する上で大切な科学(数学・物理・化学)の基礎・専門知識を学びます。科学における“読む・聞く・書く・計算する” を身に付けます。
・実社会において必要である「問題の本質を見究める(問題発見)力」とその解決に向けた実践力を実験・実習・ゼミナールでのアクティブラーニングを通して学びます。
・少人数ゼミナールでの発表・議論を通して、情報を的確に受け取り、わかりやすく伝えるコミュニケーションとプレゼンテーション能力を磨きます。数学・理科(中・高)の教員免許取得も強力にサポートします。

【授業・講義】
サイエンス実験

科学技術の研究開発を進めるうえで実験技術は必須のスキルです。電気・電子回路やスペクトル分析など実践的な課題を通じて実験スキルの基礎を学びます。

閉じる

バイオ化学実験で分子レベルの構造解析

環境科学科

幅広いフィールドで、地球と人類が直面する環境問題に挑む

さまざまな環境問題についての正しい理解と認識を高めるとともに、地球にやさしい化学物質の開発とエネルギーの有効利用技術およびバイオマテリアルの探求に関する「エコ化学」「バイオ化学」「エネルギー機械」を軸とした実践的教育を行い、環境意識が高く、多彩なフィールドで活躍できる人材の育成を目指します。

●学びのポイント
・バイオ化学コース/植物や微生物の生産する物質を使った新しいバイオマテリアルの開発や健康食品の開発などに関わる知識や技術を学びます。
・エコ化学コース/化学エネルギーを電気に変換する新型二次電池や環境浄化に使われる光触媒等について、それらを構成する物質を開発できる知識と技術を学びます。
・エネルギー機械コース/自然エネルギーを電気に変える発電技術と、得られたエネルギーの有効利用技術などに着目し、それを実現する各種機械のシステムについて学びます。

【授業・講義】
バイオ化学実験

タンパク質やビタミンなどの「生体分子」とよばれる物質を分析する技術を学びます。さらにX線装置を用いた分子レベルでの構造解析や成分分析を行い、データ処理の方法についても学修します。

閉じる

人にやさしい建物・まちづくりができる建築のプロを育てる

建築学科

建築の専門知識や技能に加え、ITや最先端の技術にも長けた建築士を目指す

2018年4月開設の建築学科では、建築士としての確かな知識と技術を修得できるカリキュラムを設定。建築の総合的な知識をベースに、技術革新に応える最新のテクノロジーを学びます。

●学びのポイント
・設計に必要な製図の技術を、製図板を用いて基礎から修得。その上で本学の得意分野であるコンピュータによるCADを用いて図面を描きます。さらに、CGやBIMの最先端の技術を学び、それらを活用できる力を鍛えます。
・まちづくりプロジェクトなどのアクティブラーニングに積極的に参加し、地域の人々と共にまちづくりについて考える力を養います。
・一級・二級建築士受験資格に必要な専門知識を幅広く学修。“人と環境に配慮した建物・まちづくり”をモットーに、環境、エネルギー、情報といった建築に関する分野の知識も修得します。

閉じる

アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー

工学部は、産業の基盤である総合的な工学技術を支え発展させるために、その基礎知識および応用に関する実学教育を通じて、学生の学習成果の向上および学習目標の達成を支援し、広く社会および産業界で活躍できる専門的人材を育成することを目的としています。このため、次のような学生を求めています。

(1)モノづくりに興味をもち、積極的に取り組む姿勢と意欲をもっている人
(2)持続可能な社会の形成に貢献したいと思っている人
(3)幅広い分野の技術者として活躍したいと考えている人
(4)科学技術を身につけた教師(数学、理科、工業、情報、技術など)になりたいと考えている人

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】大阪府寝屋川市初町18-8 
(072)813-7374
 【URL】http://www.osakac.ac.jp/faculty/engineering/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ