おおさかでんきつうしん

大阪電気通信大学

私立大学 大阪府

情報通信工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

情報工学科(160名)
通信工学科(80名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●情報・通信分野の新時代を担う新戦力を育成
●新しい「情報と知」の世界を開拓しユビキタス社会を切り開く
●情報工学と通信工学を学び、新しいインターネット・システムや携帯デバイスを開発

高度な情報理論、ソフトウエア情報処理、携帯通信、ネットワーク技術とハードウエア技術を系統立てて学習。課題を解決する情報技術力と応用力を磨き、現代社会に貢献する実践力と解決法を身に付けた情報・通信分野のスペシャリストを育成します。

【キャンパス】寝屋川キャンパス
【学生数】995人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】23人(2017年5月1日現在)
【大学院】工学研究科(修士課程/博士後期課程)

情報工学科

講義・学問分野

情報工学入門、ソフトウェア工学、コンピュータハードウエア、情報セキュリティ工学、コンピュータ応用演習、画像工学、Cプログラミング演習、人工知能、アルゴリズム設計論 など

閉じる

通信工学科

講義・学問分野

基礎電気回路、光エレクトロニクス、情報セキュリティ、ネットワーク工学、光通信工学、ソフトウェア工学、マルチメディア工学、プログラミング演習 など

閉じる

学部の特色

ソフトウエア開発の知識を習得!

情報・通信分野の新時代を担う新戦力を育成

コンピュータやネットワークの技術は、世の中を大きく変える可能性を秘めています。ソフトウエアの設計・開発やシステムの構築といった情報の基礎分野と、それらを利用して世の中をもっと便利に、もっと快適にするための応用分野を学びます。また、実験科目を多数設置することにより、社会で実際に役立つ知識と技術を修得します。
本学部では、コンピュータの基盤技術を学び、ソフトウエア開発、ネットワーク、エンターテインメントなどの分野で生かすことのできる人材を育成する「情報工学科」と、情報通信分野で、新しい技術を生み出し、世の中を変える人材の育成を目指す「通信工学科」の2学科があります。

閉じる

情報基礎分野と応用分野を学ぶ

新しい「情報と知」の世界を開拓しユビキタス社会を切り開く

情報工学は、新しい「情報と知」の世界を開拓する最先端領域。ネットワークやソフトウエア開発など幅広い知識を学び、豊かな情報社会に寄与できる人材を育成します。一方、通信工学では、光通信やADSL回線などのブロードバンドの世界を支える通信工学技術を実践的に学び、ユビキタス社会を切り開くトップリーダーの育成を目指します。

閉じる

人の心や感性を、コンピュータで見える化する

情報工学と通信工学を学び、新しいインターネット・システムや携帯デバイスを開発

インターネットやスマートフォンは、いつでも、どこにいても、誰とでも話ができ、画像やメールを送れたり、世界中のウェブサイトにアクセスできたり、好きな曲をダウンロードできたりなど、日常生活になくてはならない存在となっています。このような便利な道具を誰でも利用できるようになった背景には、それらを可能にしているコンピュータと通信技術の存在があります。本学部では、豊富な専門教育科目で未来のコンピュータ技術や通信技術を本格的に学ぶことができます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

「情報」のプロフェッショナルを育成

情報工学科

武器はコンピュータ。キーワードは情報。しなやかな専門性を磨く

コンピュータという素晴らしい道具を使いこなし、人間の知的活動のために「情報」を“発生・伝達・収集・蓄積・処理する”先進の理論と技術を追究するのが「情報工学科」です。人工知能、パターン認識、視覚情報学、認知科学、インターネット、データベース、コンピュータグラフィックスなど、学びの対象は実に多種多彩です。

●学びのポイント
・1、2年次で核となる情報工学入門、コンピュータ工学、基礎電気回路などをしっかり学び、情報工学に関する意識を高めます。
・豊富に開講されている専門科目群から自由に選べます。自分の興味や将来のキャリアを考えて、自分で作るカリキュラムです。
・将来の進路に対応した「情報システム系分野」「メディア情報工学分野」「情報ネットワーク分野」「統計情報解析分野」の複数の履修モデルを設定しています。

【授業・講義】
コンピュータグラフィックス

コンピュータ内に仮想的な3次元世界を構築し、それをスクリーンに投影して2次元映像を得るための基礎技術を学習。CG作品制作実習を通じて、モデルのパラメータの意味や特性を理解します。

閉じる

モバイルネットワーク技術を学ぶ

通信工学科

ネットワーク通信の未来を築く次世代エンジニアを目指す

世界はネットワークで結ばれる。そして時代はいつでも・どこでも・誰とでも“つながる”ユビキタス・ネットワークへ。21世紀の通信技術の発展と普及にチャレンジする技術者を育成する「通信工学科」で「ブロードバンド」「インターネット」「マルチメディア」の3分野から“やりたい事・なりたい自分”を見つけてください。

●学びのポイント
・スマートフォン、インターネットに代表される情報伝達技術やコンピュータを中心とする情報処理技術を系統的に修得できます。
・光通信、移動体通信、衛星通信などブロードバンド情報通信に関する講義が充実。将来に備え国家資格取得も万全サポートします。
・インターネットサーバ、ルータ経路制御技術、認証・暗号化通信実験、画像処理、マルチメディア工学など多彩なカリキュラムを設定しています。

【授業・講義】
情報通信工学入門

スマートフォンやインターネットなど、ますます重要な社会基盤となっている情報通信ネットワーク。その主要な技術、歴史的な展開と将来動向について学びます。

閉じる

アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー

情報通信工学部は、現代社会の基盤技術である情報通信工学にかかわる基礎知識及び応用に関する実学教育を通じて、学生の学習成果の向上及び学習目標の達成を支援し、情報通信技術をベースとして広く社会及び産業界で活躍できる専門的人材を育成することを目的としています。このため、次のような学生を求めています。

(1)情報・通信分野に強い関心を持ち、社会で活躍したいと考えている人
(2)論理的思考と自由な発想で、新たな価値を創造したいと考えている人
(3)科学技術を身につけた教師(数学、工業、情報など)になりたいと考えている人

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】大阪府寝屋川市初町18-8
(072)813-7374
 【URL】http://www.osakac.ac.jp/faculty/information/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ