大学入試センター試験の最新情報をお届け!

のーとるだむせいしんじょし

ノートルダム清心女子大学

私立大学 岡山県

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

英語英文学科(80名)
日本語日本文学科(60名)
現代社会学科(60名)

所在地

1~4年:岡山

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●外国人教員による実践的な英語教育
●全国でも稀な各時代の専門家がそろう体制
●現代社会学と社会史を柱としたアプローチ

深い洞察力を持って人と文化、人と社会を考察し、専門的な見地から人間存在の意義を追求する。

【キャンパス】本学キャンパス 岡山市北区伊福町2-16-9
【学生数】1022名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】33名(2017年5月1日現在)
【大学院】■文学研究科:英語英米文学専攻(修士課程)・日本語日本文学専攻(博士前期・後期課程)・社会文化学専攻(修士課程)

英語英文学科

講義・学問分野

英文学概論、英国文学史、英米文学講読、Active English、聖書文学、英国文学、米国文学、通訳法、翻訳法、Communicative English など

閉じる

日本語日本文学科

講義・学問分野

古代文学講読、中世文学講読、近世文学講読、近代文学講読、日本語学特講、日本語表現法、対照言語学、漢文学、日本漢文学史、国語科教育法、書道科教育法、文学創作論 など

閉じる

現代社会学科

講義・学問分野

ジェンダー論、家族社会学、地域社会学、社会集団・組織論、社会心理学、社会調査実習、現代社会学演習、日本社会史、アジア社会史、ヨーロッパ社会史、女性史、考古学、民俗学、社会史演習 など

閉じる

学部の特色

外国人教員による実践的な英語教育

英語英文学科
英語の基礎的なコミュニケーション能力をネイティブ教員による授業で育成。英米文学、英語学・言語学に加え、英語のみの授業で高い語学力を習得する国際コミュニケーションコースを設定しています。2016年4月から「国際コミュニケーションコース」を設置し、学びの幅がさらに広がりました。

閉じる

全国でも稀な各時代の専門家がそろう体制

日本語日本文学科
「日本文学」、「日本語学」、書道や文学創作などを学ぶ「言語文化」の3分野から自由に科目を選択して表現力、考察力を磨きます。専任教員が、古代から現代まで各時代の専門家として教育にあたります。

閉じる

現代社会学と社会史を柱としたアプローチ

現代社会学科
社会学、歴史学を軸にして、家族、地域などさまざまな視点で社会の過去と現在について学びます。フィールドワークや調査を通してデータを収集・分析、考察し、プレゼンテーションする力を身に付けます。

閉じる

学べること

英語英文学科

英語の四技能向上を基本に、文学や歴史など専門的な教養を育む

英語英文学科の学びは、実践的な英語の四技能育成のための科目と、英語・英文学を中心とした専門領域の学修・研究のための科目の二本柱で構成されています。3年次には「英米文学」「英語学・言語学」「国際コミュニケーション」の3つのコースから自分の興味にあわせて選択します。

【授業・講義】
Active English, Communicative English

週3回、英語のネイティブ教員が少人数クラスで担当するこの授業では、英語だけを使用し、日本語を話すことは禁じられています。英会話力はもちろん、論理的な思考力や表現力を身に付け、英語圏の文化やものの考え方を理解します。

閉じる

日本語日本文学科

日本文学、日本語学、言語文化のあらゆる見地から日本文化の本質にふれる

日本語日本文学科は「日本文学」「日本語学」「言語文化」の3分野を体系的に学びます。学生の興味や関心に対応し、自由に授業科目を選択できるよう、あえてコース制を採用していません。幅広い視点を保持しながら専門性を深めていくことができます。

【授業・講義】
書道卒業制作

一人5点の作品を制作して、毎年1月に学外で書道卒業制作展を開催する書道学修の集大成科目です。裏打ち、パネルの布張りから会場での展示にいたるまで、すべて学生自ら運営します。
(本学科では書道の教員免許が取得可能です)

閉じる

現代社会学科

さまざまな視点で現代や歴史の出来事を見つめ、社会のメカニズムを考察する

「現代社会学」と「社会史」を複合的に学び、社会の過去と現在について幅広い学識と柔軟な思考力を養います。3年次にはコースを選択し、専門性を深めます。文献だけでなく、フィールドワークの機会も豊富に設けており、自ら考えて調べることで行動力を高めます。

【授業・講義】
社会集団・組織論

企業や行政組織、国際機関、NPOやNGOなど、現代社会の代表的組織について基礎的事項を理解したうえで、組織の分類や発展・衰退のメカニズムに関する理論と分析手法について学びます。学外からゲストを招き、組織の「現場」について話を聞く機会も設けています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒700-8516 岡山市北区伊福町2-16-9 TEL.(086)255-5585(直)
 【URL】http://www.ndsu.ac.jp/department/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ