学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ひろしましゅうどう

広島修道大学

私立大学 広島県
●2018年4月、国際コミュニティ学部 開設

人間環境学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

人間環境学科(115名)

所在地

1~4年:広島

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●フィールドワークから課題解決能力を身に付ける
●地域社会と連携した学びを積極的に実施
●多分野を学び、環境の課題を考察

企業人または市民として、高度な専門知識を持ち、「持続可能な社会」をめざして変革していく人、または若い世代の「環境リーダー」として活躍できる人を送り出します。

【キャンパス】広島市安佐南区
【学生数】707名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】19名(2017年9月1日現在)

人間環境学科

講義・学問分野

人間環境学概論、環境問題入門、科学技術と倫理、環境事例入門、環境歴史学、都市環境学、環境法、地球環境政策論、環境ビジネス論、環境NPO・NGO論、資源・エネルギー政策論、環境とライフスタイル、環境経済学、環境アセスメント、環境マネジメントシステム、環境キャリアと社会、環境教育プランニング、環境の経済評価 など

閉じる

学部の特色

さまざまな現場で学び、考え、行動するフィールドワーク

フィールドワークから課題解決能力を身に付ける

本学部には地域社会と連携したフィールドワークが豊富に揃っています。フィールド科目では複雑な要因が絡む環境問題について考え、自分の目で現状の確認や地域の人への取材などを行います。積極的に行動して多くの経験を積むことにより、専門性を深めていくことができます。

閉じる

特色あるテーマに取り組み、解決に向けて実践

地域社会と連携した学びを積極的に実施

プロジェクトテーマごとに多様な座学やフィールドワークを実施しています。地理学的なアプローチによる地域理解、自然体験活動の機会の創出、環境アセスメントの実践、農業の新しいビジネスモデルの検討など、その内容はさまざまです。テーマによっては地域の企業・行政・市民と協力しながら、課題解決能力を身に付けます。

閉じる

基礎から発展まで、段階的に学べるカリキュラム

多分野を学び、環境の課題を考察

自然科学、人文科学、社会科学など、幅広い学びを通して多角的に環境問題を捉える力を育成。持続可能な社会の実現に向けて、高い専門性とリーダーシップを持ち、意欲的に行動できる人材(環境人)をめざします。環境人とは、人々と協力しながら社会の持続的な発展に寄与できる人です。

閉じる

学べること

「人間環境学概論」では、eco検定の資格取得をめざせる

人間環境学科

環境問題を総合的にとらえ、課題解決に貢献できる人材を育成

社会科学を基礎として、環境に関する学問領域を総合的に学びます。フィールドワークを豊富に経験する機会を設け、課題解決能力・実践力も培います。少人数形式のゼミナールでは、一人ひとりの興味に応じたテーマをより深く追究していきます。

【授業・講義】
人間環境学概論

どの専門分野にも欠かせない、人間環境学の根幹を理解するための授業です。地球環境の現状や持続可能な社会づくりの事例などを幅広く学び、環境問題に取り組む際の考え方や「持続可能な社会とは何か」について考えます。

閉じる

アドミッションポリシー

教育研究上の目的(人間環境学部)

持続可能な社会を構築するために、社会・文化・経済・政治・法律・自然などが複合的に関連する領域において、環境問題を総合的に把握・分析し、有効な解決策を見出すことのできる社会科学系の環境の専門家を養成することを目的とする。

閉じる

入学者に求める能力(人間環境学部)

人間環境学部では、現代の環境問題について広く関心を持ち、その解決に向けて主体的に学習・行動し、持続可能な社会の構築に資する意欲を持つ人材を広く国内外から受け入れます。 学部の教育目標を達成するための基礎能力として、高等学校卒業相当の学力(知識・技能、思考力・判断力・表現力)と人間環境学を学ぶ意欲・関心・態度を持っていることを求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】TEL.(082)830-1100(入学センター)
 【URL】http://www.shudo-u.ac.jp/environ/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ