ひろしましゅうどう

広島修道大学

私立大学 広島県

●2024年4月、「人文学部 社会学科」設置予定(設置構想中)※学科名称は仮称、掲載内容は今後、変更になる場合があります。

広島修道大学/人間環境学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

人間環境学科(115名)

所在地

1~4年:広島

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●フィールドワークから課題解決能力を身に付ける
●地域社会と連携した学びを積極的に実施
●多分野を学び、環境の課題を考察

企業人または市民として、高度な専門知識を持ち、「持続可能な社会」をめざして変革していく人、または若い世代の「環境リーダー」として活躍できる人を送り出します。

【キャンパス】

広島市安佐南区

【学生数】

514名(2022年5月1日現在)

【専任教員数】

18名(2022年5月1日現在)

人間環境学科

【講義・学問分野】

人間環境学概論、環境法入門、科学技術と倫理、環境事例入門、環境社会学、里地里山学、環境法、地球環境政策論、環境ビジネス論、環境NPO・NGO論、資源・エネルギー論、資源経済学、環境アセスメント、環境マネジメントシステム、環境キャリアと社会、環境教育プランニング、環境の経済評価 など

入学者・卒業者数

入学者数

120人
男女比
女子生徒数
23
男子生徒数
97
地元占有率
地元出身学生数
102
入学者総数
120

卒業者数

112人
就職者・進学者数内訳
就職者数
99
進学者数
3

学部の特色

フィールドワークから課題解決能力を身に付ける

さまざまな現場で学び、考え、行動するフィールドワーク

本学部には地域社会と連携したフィールドワークが豊富に揃っています。フィールド科目では複雑な要因が絡む環境問題について考え、自分の目で現状の確認や地域の人への取材などを行います。積極的に行動して多くの経験を積むことにより、専門性を深めていくことができます。

地域社会と連携した学びを積極的に実施

特色あるテーマに取り組み、解決に向けて実践

プロジェクトテーマごとに多様な座学やフィールドワークを実施しています。地理学的なアプローチによる地域理解、自然体験活動の機会の創出、環境アセスメントの実践、農業の新しいビジネスモデルの検討など、その内容はさまざまです。テーマによっては地域の企業・行政・市民と協力しながら、課題解決能力を身に付けます。

多分野を学び、環境の課題を考察

基礎から発展まで、段階的に学べるカリキュラム

自然科学、人文科学、社会科学など、幅広い学びを通して多角的に環境問題を捉える力を育成。持続可能な社会の実現に向けて、高い専門性とリーダーシップを持ち、意欲的に行動できる人材(環境人)をめざします。環境人とは、人々と協力しながら社会の持続的な発展に寄与できる人です。

学べること

人間環境学科

「人間環境学概論」では、eco検定の資格取得をめざせる
社会環境、地球環境について幅広く専門知識を身に付け卒業後のキャリアに活かす

「環境マネジメントコース」「環境教育コース」「環境科学コース」の3つのコースを設置しています。学生はこの中から1つメインのコースを選択し、専門知識を主体的に学びます。自身の関心・興味に応じて他のコースの科目も横断的に受講でき、将来「環境人」として社会で活躍可能な能力を身に付けます。

【授業・講義】
人間環境学概論

どの専門分野にも欠かせない、人間環境学の根幹を理解するための授業です。地球環境の現状や持続可能な社会づくりの事例などを幅広く学び、環境問題に取り組む際の考え方や「持続可能な社会とは何か」について考えます。

アドミッションポリシー

求める学生像(人間環境学科)

人間環境学科は、学士課程教育を受けるのに必要な基礎学力を備えた人を、様々な入学試験制度により選抜し、受け入れます。具体的には、環境問題に広く関心を持ち、その解決に向けて主体的に学習・行動し、持続可能な社会の構築に資する意欲を持つ人材を広く国内外から受け入れます。人間環境学科が求める学生像は、次の「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」、「主体性等」を有する人です。

(1)知識・技能
・高等学校で学習する教科についての基礎的な知識を身につけている人
・高等学校等で学習する環境問題についての基礎的な知識を身につけている人
・基礎的な知識を伝達するために、外国語を含む基本的な言語運用能力を身につけている人

(2)思考力・判断力・表現力
・環境問題についての基礎的な知識にもとづいて、理論的・体系的に考えることができる人
・環境問題についての基礎的な知識にもとづいて、問題解決に必要な情報を選択し、解決の方向性について自分の考えを持つことができる人
・外国語を含む基本的な言語運用能力を用いて、自分の考えを論理的にわかりやすく表現することができる人

(3)主体性等
・地域社会から地球全体に至る様々な環境問題を自分自身の問題としてとらえ、問題解決のために学ぶ意欲・関心・態度を持つ人
・持続可能な社会を構築するために、様々な活動に積極的に参加する意欲を持つ人
・持続可能な社会を構築するために、多様な人々と対話し協働して活動することができる人

問い合わせ先

【住所・電話番号】

TEL.(082)830-1100(入学センター)

【URL】

https://www.shudo-u.ac.jp/academics/environ/index.html

他の学部・学科も調べる

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ