そうじょう

崇城大学

私立大学 熊本県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械工学科(70名)
ナノサイエンス学科(50名)
建築学科(50名)
宇宙航空システム工学科/宇宙航空システム専攻(40名)
宇宙航空システム工学科/航空整備学専攻(30名)
宇宙航空システム工学科/航空操縦学専攻(20名)

所在地

1~4年:熊本

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●教員1 人あたり学生約6人の指導体制
●地球の未来をエンジニアリングの視点から考える
●世界に通用する実践力

「ナノから宇宙まで」をキーワードに、分子・原子レベルの超微細技術から宇宙空間を相手にした雄大なエンジニアリングまでを研究領域としています。宇宙航空システム工学科には、宇宙航空システム専攻、航空整備学専攻、航空操縦学専攻を設置しています。

【キャンパス】池田キャンパス
空港キャンパス:(航空整備学専攻1~3年、航空操縦学専攻2年後半~4年)
【学生数】1245名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】78名(2017年5月1日現在)
【大学院】工学研究科/応用化学専攻、建設システム開発工学専攻、機械工学専攻、宇宙航空システム工学専攻、環境社会工学専攻、機械システム工学専攻

機械工学科

講義・学問分野

機械工作実習、ロボット製作、自動車工学、熱力学、流体工学、メカトロニクス、CAD基礎、機械設計製図、熱機関など

閉じる

ナノサイエンス学科

講義・学問分野

物理化学、分析化学、高分子科学、環境生物科学実験、素材科学実験I(無機化学)、分子デザイン学、化学環境工学など

閉じる

建築学科

講義・学問分野

建築材料、建築構造力学、建築設計製図、建築防災、建築CAD実習、建築施工、建築構造学、建築環境工学実験など

閉じる

宇宙航空システム工学科/宇宙航空システム専攻

講義・学問分野

航空宇宙材料学、航空宇宙工学、航空流体力学、航空機整備・実習、航空推進工学、特殊航空機概論、航空宇宙工学特別講座など

閉じる

宇宙航空システム工学科/航空整備学専攻

講義・学問分野

航空宇宙材料学、構造力学、航空機力学、航空機修理基礎、航空機整備法規、航空機概論、航空機検査概説、航空宇宙工学・演習、航空機性能試験・実習、航空発動機システムなど

閉じる

宇宙航空システム工学科/航空操縦学専攻

講義・学問分野

航空宇宙材料学、航空法規、航空流体力学、航空気象学、空中航法、飛行方式、操縦学、航空機整備・実習、航空機性能運動・実習、航空宇宙工学・実験など

閉じる

学部の特色

教員1 人あたり学生約6人の指導体制

工学部が受け持つ広大な研究領域は、日本の“ものづくり”を支える有意の人材、企業等が求める実践力のあるエンジニア、さらに次代の研究者の育成を目標としています。大学院進学も視野に入れて展開する教員1人あたり学生約6人という比率がもたらす濃密な教育、各学科に配置された一流の教授陣、最先端かつ最新の設備や機器を用いた演習や実習により、ハイレベルの人材育成をめざします。各種の資格取得支援体制も整えています。

閉じる

地球の未来をエンジニアリングの視点から考える

工学部は設置以来、人間の暮らしを多面的に支えるものづくり技術者や研究者を数多く輩出しています。教育研究の領域も、基盤の機械工学科と建築学に加え、ナノレベルの超微細技術から宇宙スケールの先端科学技術まで幅広くカバーしています。
共通した教育目標は、「高い倫理観に基づく豊かな人間力と本物の工学的実践力をバランスよく備えた人材の育成」です。本学部ではこれからも、地球規模の温暖化をはじめとする環境問題やエネルギー問題への対応、安全で快適な建物とインフラを含む都市デザインの開発など、さまざまな社会的ニーズに呼応し、即戦力となるプロフェッショナル育成を続けます。産業界における卒業生の評判も良好で、常に九州トップクラスの就職実績をあげています。

閉じる

世界に通用する実践力

国内屈指の衝撃先端技術研究センターや航空整備士・パイロットの航空従事者養成施設などを併せ、最先端の設備・機器を活用した高度な実践教育を行っています。2016年4月からは「ものづくり創造センター」(SUMIC)も開設されました。広い敷地内に最新設備が整えられ、起業家育成教育やアクティブ・ラーニングとも提携。いつでも学生が自由な発想でものづくりを実践できる環境です。熊本から世界へ、産業のイノベーションが起こせる場所として期待されます。
さらに、海外研究プログラムの構築や産学官での共同研究など、国際的かつ地域社会に貢献できる付加価値の高い人材育成に取り組んでいます。特に、ロボコン、学生フォーミュラ大会への参戦、地域活性化イベント、まちづくりプロジェクトの提案は、学生に「豊かな人間力」と「実践的改題解決力」を身に付けさせるうえで、大きな効果を発揮しています。在学中の起業支援や難関資格取得のための対策講座も多数開講しています。

閉じる

学べること

機械工学科

メカニカルエンジニアになろう

本学科では、生活と社会を支える“ものづくり”の現場、設計、研究の3分野を想定したメカ・エンジニアの育成をめざしています。学生は1年次の基礎学習をベースに、「エネルギー工学分野」「材料工学分野」「機械力学・制御工学分野」「生産技術工学分野」の4分野のいずれかに所属し、高度な専門教育を受けることになります。近年は、ITを駆使した設計やバーチャル試作のスキル修得にも力を注いでいます。
[ポイント]
1)少人数教育による“ものづくり”教育を入学早々から実施
2)フォーミュラカーやロボットを製作
3)エネルギーや材料など次世代の産業を発展させる注目分野も学修対象
4)先進的カリキュラムで就職に強いメカ・エンジニアを育成

【授業・講義】
3次元CADを駆使して歩行型ロボットの開発をめざす

ロボット研究会も指導する森昭寿准教授の研究室では、コンピュータ(CAD/CAE)を使ったロボット開発に取り組んでいます。目標は、歩行型ロボットの実現。パーツごとにコンピュータでデータを作成し、熊本県産業技術センターが所有するRPシステムを使って、作成したデータ通りにフレームを成型………と学外施設も利用したものづくりの手応えを実感!

閉じる

ナノサイエンス学科

“10億分の1”メートルスケールの技術があれば、なんでもつくれる

本学科のテーマは、就職に強いナノテクエンジニアの育成です。学生は、基礎学習によって見つけた目標や関心をベースに「新素材科学分野」「環境科学分野」「バイオ関連科学分野」の3分野から専攻を選択。新素材の創製、環境汚染の防止や資源・リサイクル、医薬品や医療材の開発等にかかわるエンジニアをめざします。

[ポイント]
1)新素材やレアメタルもナノサイエンスの世界から
2)ナノサイエンス技術は化粧品にも必要
3)最先端・最新の設備をフル活用(2013年新棟完成)
4)楽しく興味深い実験が続々

【授業・講義】
光触媒からバイオディーゼルまで環境浄化につながる多彩な研究

草壁克己教授の研究室には、まるで玉手箱のように多彩な「環境テーマ」がぎっしり! 例えば、排気ガスから二酸化炭素を分離する吸着材の開発研究や、光触媒による環境浄化の研究、再生可能なバイオディーゼルの合成研究などが、大型精密分析装置を備えた「機能物質解析センター」を舞台に進行中です。海外での研究や学生交流も盛んに行われています。

閉じる

建築学科

学生一人ひとりと向き合う教育により建築のプロを育てる

設計・計画系、歴史・意匠系、環境・設備系、生産技術工学系、構造系の5つの学系をバランスよく学び、確かな設計・製図スキルを身に付けます。特に実務レベルの設計・製図を徹底指導し、建築士の資格取得についても徹底的にサポートします。3年次からは、学生の多様な個性や関心に対応する「建築総合コース」、建築家養成のための「建築計画コース」、構造技術者養成のための「建築構造コース」のいずれかを選択。それぞれの専門学習から得た知識・理論・技術を活かした活躍が期待できます。「建築計画コース」と「建築構造コース」は、JABEE(※)の認定を受けています。
※日本技術者教育認定機構=卒業と同時に「技術士補」の資格が取得できます。
[ポイント]
1)二級建築士をはじめ数々の資格取得を徹底フォロー
2)在学中から全国的な数々の設計コンペに挑み受賞者も数多く輩出
3)ハウジングメーカーからゼネコンや設計事務所まで就職先は幅広く多彩
4)さまざまな地域と連携して“まちづくり”を提案

【授業・講義】
地域計画設計/実際の地域を魅力ある場所にする計画を企画・提案

大学外の実際の地域を想定し、地元住民と関わりながら、魅力ある場所にするための計画を企画・提案し、その計画に沿った建築や建築的装置を設計します。地元の住民や関係者の方々には仮想クライアントになってもらい、個別のディスカッションなど地域との対応関係の中から計画案を作成し、その成果を地域住民の前で発表します。

閉じる

宇宙航空システム工学科/宇宙航空システム専攻

めざすは空のプロフェッショナル

1人あたりの生産高が大きい日本の航空宇宙産業に関連する業界で、幅広く活躍できる人材育成を行います。1年次で基礎科目と工学の専門基礎、2年次後半から航空宇宙関連の専門科目を学びます。学年が上がるにつれ、より専門的な分野を学びます。次世代航空機に向けた高度な技術を身に付けた卒業生は、航空機等の開発エンジニアとしても多数就職しています。
[ポイント]
1)航空機やロケットなどの設計・製造技術を学び開発系エンジニアへ
2)多数の卒業生が航空機などの開発系エンジニアとして就職
3)夢を大きく広げる海外の航空宇宙産業研修ツアーを実施

【授業・講義】
宇宙システム工学/人工衛星とそのシステムを理解する

人工衛星システムを対象とし、まず人工衛星の軌道=力学の復習を行います。次に、人工衛星に共通する部分(バス機器)の構成について学び、現在、最も進んでいる位置(高さ)利用のもの=通信・放送、測位、気象観測、地球環境関係の観測のミッションの内容、それに伴う技術について理解を深めていきます。

閉じる

宇宙航空システム工学科/航空整備学専攻

在学中に二等航空整備士の国家資格が取得可能

航空整備士とは、航空会社の整備部門で航空機や装備品などの保守点検、整備に取り組むエンジニアで航空機の安全な運行に欠かせない重要な存在です。今後は団塊世代の大量定年時代の到来、新空港の建設などに伴い、整備士不足が予測されています。航空整備士には重量5.7t以下の航空機が扱える二等航空整備士と、大型機が扱える一等航空整備士があります。本専攻は、在学中に二等航空整備士の国家資格が取得可能です。大学で唯一、「国土交通大臣指定航空従事者養成施設」に認定されているため、二等航空整備士の実地試験免除となり、普段授業を受けているキャンパスで試験を受けることができます。そのおかげもあり、合格率100%(本専攻全卒業生)となっています。
[学びのポイント]
1)整備士資格と学位をダブル取得
2)3年間の寮生活で、みっちり楽しく学ぶ
3)男女とも!卒業生は航空各社の最前線へ
4)就職率100%
(5)2014年度より大学初の国土交通大臣指定「航空従事者養成施設」認定

【授業・講義】
航空機性能試験・実習/運航可否の判断能力を身に付ける

この実習では、航空機整備における点検/検査業務を通じて航空機出発(運航可否)の判断能力を身に付けます。本専攻で学んだ全ての科目の知識を結集させ航空機の点検/飛行前点検を行い、OKの判断をすると、最終工程の実機試運転を自身で実施します。緊張感、責任感あふれる実習です。

閉じる

宇宙航空システム工学科/航空操縦学専攻

空港キャンパスで230時間のフライト実習

事業用操縦士技能証明の取得をめざします。このライセンスは、エアラインのパイロット養成採用はもとより、各種航空業界への就職につながります。カリキュラムは、エンジニアのための技術関連科目と人間力を高める総合教育科目、ライセンス取得のための飛行関連科目と実習科目で編成。特に実習は最新型セスナ7機を新規に導入し、熊本空港に隣接した「空港キャンパス」において4年次の7月までに計230時間のフライト実習を行います。
[学びのポイント]
1)国内唯一!熊本空港に隣接したキャンパスで操縦資格と学位を取得可能
2)全国大学初!パイロット養成一貫教育スタート(航空機使用事業所認定)
3)航空会社へのパイロット推薦制度あり
4)国際エアラインパイロット出身の教官陣が指導
5)熊本空港をハブにエアライン機に混じってフライト実習

【授業・講義】
飛行方式I/テレックスを解析し気象の変化を予測する

飛行前の準備に必要な気象データの解析とその説明ができるように基礎知識と運用術を学習します。具体的にはテレックス(気象通信データ)で送られてきた数字と記号を解析し、飛行場周辺やフライト実習空域の気象の変化を予測します。フライト実習が可能か、不可能か判断できる知識を養います。

閉じる

アドミッションポリシー

機械工学科とナノサイエンス学科アドミッションポリシー

機械工学科アドミッションポリシー
(1)ものづくりや機械工学に強い関心を持ち、その学習に必要な基礎学力を有する人を求めます。
(2)知的探求心があり、自ら考え、自ら行動し、難問にもチャレンジする人、あるいはそうなりたいと願って努力する人を求めます。
(3)将来は機械エンジニアとして、自然との共生を考え、人々の幸福と安全なくらしに貢献する熱意をもつ人を求めます。

ナノサイエンス学科アドミッションポリシー
(1)ナノサイエンスを深く学ぶために必要な基礎学力を持ち好奇心旺盛な人を求めます。
(2)ナノテクノロジー分野の技術者・研究者にふさわしい幅広い教養と専門知識およびコミュニケーション能力を身につけ、人と環境に調和しながら社会に貢献しようとする意欲のある人、また、国際的に活躍したい人を求めます。
(3)地球環境、医療医薬、資源・エネルギーの各分野に横たわる諸問題を解決するために必要なナノテクノロジーの研究に取り組む熱意を持つ人、また、積極的に科学技術を学び、問題解決に取り組み続けることのできる人を求めます。

閉じる

建築学科アドミッションポリシー

(1)建築学科では、人間、都市あるいは地域と深くかかわり合う建築の世界において十分に能力が発揮でき、また、自分の建築を語ることができる人材を養成します。建築技術やデザイン能力を身に付けるための基礎学力と自主的な学習態度を有する人を求めます。
(2)建築は社会性をもち、協働のもとで成り立ちます。建築に携わる上で、倫理観をもち、協調性とコミュニケーション能力を有する人を求めます。
(3)建築を通して、世界的あるいは地域的視野で物事を思考できる人材を養成します。建築の創造、建築空間のデザインや環境、安全への深い関心を持ち、社会に貢献する意欲をもつ人を求めます。

閉じる

宇宙航空システム工学科アドミッションポリシー

(1)宇宙航空システム工学科では、「基礎重点・実学重視」を基本とする教育を通して宇宙航空業界だけでなく広範な分野の発展に寄与できる人材の育成のため、幅広い知識およびスキルの修得に必要な基礎学力と想像力を有する人を求めます。
(2)グローバル化する宇宙航空業界で活躍するにふさわしい、国際的にも通じるマナーやコミュニケーション能力を身につけ、常に世界的な視野に立って人類の文化を理解する姿勢を有した人材の育成のため、品位、協調性および意欲を備えた人を求めます。
(3)空への純粋な憧れ、飛ぶことへの感動、空に関わることへの喜びが今日の宇宙航空産業を築き上げたように、宇宙航空に関心と興味のある人を求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】熊本市西区池田4-22-1
入試課
(096)326-6810
 【URL】http://www.sojo-u.ac.jp/faculty/engineering.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ