学校パンフ取り寄せで図書カードGET

いわていか

岩手医科大学

私立大学 岩手県

大学トップ

ここに注目!
  • 2019年、新附属病院を矢巾キャンパスへ
  • 2017年4月看護学部新設
  • 医・歯・薬・看の4学部連携によるチーム医療精神を身に付ける

大学の特色

4学部の連携と交流により、チーム医療に携わる人材育成

医学部・歯学部・薬学部・看護学部の連携教育で、これからの医療に必要な総合力を身に付ける

本学は日本で初めて、医学・歯学・薬学の医療系3学部を同一キャンパスに設置した「医療系総合大学」です。学部や講座の枠を越えた教育・研究を進めるために、3学部合同の特別講義やPBLを始め、専門教育での講義・実習の連携などに取り組んできました。そして、2017年4月、看護学部が新たに加わることで4学部の連携と交流により、チーム医療に携わる医療人としての総合力を高めると同時に、より実践的な医療教育の深化をめざします。

医学部・歯学部・薬学部・看護学部による医療系総合大学としての特徴を生かし、4学部の密接な連携の下、最先端医療の知識や技術を身に付けます。4学部合同による問題解決型授業をとおして、広い視野に立って学ぶ視点や姿勢を育んでいきます。また、バイオイメージングセンターや画像情報センターなど、最新の施設も備えています。

閉じる

Society systemにより意思疎通を円滑にしている

ハーバード大学歯学部の教育システムを導入し、世界トップレベルの歯科教育を実践

歯科教育のさらなる進化のために、本学ではハーバード大学と覚書を締結し、歯学部改革プロジェクトを進行しています。ハーバード大学歯学部の教育システムを導入した本学独自の新たなカリキュラムは、歯科臨床、教育、研究における将来のリーダーを育成することを目的としています。ハーバード大学歯学部の教授陣を招いての講義や、短期研修(Externship)による臨床実習見学やカリキュラムへの参加、研究発表会への参加などが行われています。
これに関連して導入されたSociety systemは、学生と教員および学生同士の意思疎通を円滑にし、学習への取り組みや卒業後の進路など、学生生活のさまざまな問題の解決を図ることを目的としています。歯学部1~6年次の各学年10人程度を基準としたSocietyを作り、各Societyに2人の担当教員(Tutor)がいます。このsystemの採用によって、個々の学生を総括的にサポートすることができます。

閉じる

欧米からも共同研究の依頼が数多く寄せられる

国内外の大学・研究機関と連携し、グローバルな臨床研究拠点で学ぶ

世界的な研究拠点として注目を集める、超高磁場先端MRI研究所。ここには世界最高レベルの7テスラMRI〔磁気共鳴画像診断装置〕が導入され、細密な画像を得られる機器を生かして、脳血管疾患などの病態解明や予防・治療法の研究が進められています。また、国内外の大学・研究機関と共同で、7テスラMRIを使った研究の蓄積と分析、機器の改良にも取り組んでおり、本学の研究成果に大きな期待が寄せられています。

閉じる

アドミッションポリシー

岩手医科大学の理念

現在、社会の高度化にともない、医療の分野でも「部分主義」「専門主義」「病気第一主義」など、様々な医療の問題が顕在化しつつあります。また「地域医療の弱体化」も表面化しており、地域医療支援が強化されなければ、医療崩壊はさらに進むと言われています。
このような現代医療に突きつけられた問題に対して、岩手医科大学は「医療人たる前に、誠の人間たれ」という”全人的地域総合医療”を理想に掲げています。患者様とともに生きる医療を推進するとともに、現代医療の問題解決に果敢に取り組んでいます。

【岩手医科大学が掲げる「全人的地域総合医療」の推進】
1.患者様本位の安全で良質な医療の実践
2.人間性豊かな医療人の育成
3.「医」「歯」「薬」「看」の密接な連携による総合的な医療人の育成
4.高度先進医療の開発と推進
5.地域医療への貢献

閉じる

教育環境

先端設備を活用し、革新的研究を他に先駆けて進める

約1500人が集う、最新設備を備えた新キャンパス

2011年4月に移転した矢巾キャンパスには医学部と歯学部の講義棟・実習棟・研究棟などが建つとともに、最新設備の7テスラMRI〔磁気共鳴画像診断装置〕を国内2例目として導入しました。
医学部と歯学部の1~4年生、ならびに薬学部の1~6年生の約1500人が集う新キャンパスは、医療系総合大学としての魅力にあふれています。

閉じる

岩手医科大学附属 PET・リニアック先端医療センター

附属病院・施設と連携する実務教育

20科を超える診療部門を擁する附属病院は、医師・歯科医師・薬剤師・看護師を育む場でもあります。
医学部の5年次、各診療科を1~2週間ずつ回る〔臨床実習〕、薬学部の5年次に実際に附属病院で行われる調剤・製剤・服薬方法などに関する〔薬学実務実習〕などの臨床経験を積み、患者さんへの接し方、看護師や薬剤師などスタッフとの連携のあり方を学び、これからの時代が求める医療人へとステップアップできる環境を整えています。

閉じる

合同実習を想定した実習室

「医歯薬総合研究」

●先端医療における「総合研究」の必要性
臨床医学・生命科学の進歩発展は極めて早く、医学・医療をめぐる課題はますます複合化するとともに、専門分野を越えた総合的な知が求められるようになっています。矢巾キャンパスの研究棟はこのような時代のニーズに対応できるよう設計されており、内部に構造壁を作らず、大型の機器の設置も自由に行え、レイアウト変更も自在にできる設計になっています。

●「総合研究」から生まれた新しい成果
医学・歯学・薬学の壁を越えた学際的な「総合研究」により社会貢献に直結する質の高い研究成果を生み出しています。「超高磁場7テスラを機軸とした生体機能・動態イメージングの学際的研究拠点プロジェクト」「低侵襲医療実現のための患部ターゲティング医療開発研究プロジェクト」「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」などの文部科学省のプロジェクトに関しても学際的な研究チームが行い、より多角的な研究成果を提供しています。

●基礎医学と臨床医学の垣根を越えた共同研究
本学では、基礎医学と臨床医学の垣根を越えた共同研究がさかんに行われています。基礎医学者と臨床医学者が共同研究することにより、研究のレベルは高まり、基礎的な新知見も、すみやかに臨床に応用できるようになります。コンパクトに機能的にまとまった医療系総合大学というメリットを生かし、定期的な「交流会議」なども行われています。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

学費【2018年度入学者対象】

●医学部
初年度授業料など 9,000,000円
2年目以降 5,000,000円

※地域枠特別推薦合格者について
初年度 奨学金(予定額)8,500,000円 実際の負担額 500,000円
次年度以降 奨学金(予定額)4,400,000円 実際の負担額 600,000円

●歯学部
初年度授業料など 6,100,000円
2年目以降 4,300,000円

●薬学部
初年度授業料など 2,175,000円
2年目以降 1,895,000円

●看護学部
初年度授業料など 1,650,000円
2年目以降 1,400,000円

特待生・奨学金制度

●医学部
○一般入学試験合格者のうち、成績が優秀な学生については、初年度学納金の一部を減免します。
・入試成績 1位の学生…300万円減免
・入試成績 2位の学生…200万円減免
●歯学部
○1~5学年の成績および人物とも優秀な学生については、給付金を授与します。
・年度の成績上位者5名…20万円給付
●薬学部
○前期一般入学試験合格者のうち、成績が優秀な学生については、初年度学納金の一部を減免します。
・入試成績 1~5位の合格者(5名以内)…100万円減免
・入試成績 6~10位の合格者(5名以内)…50万円減免
○指定校推薦入学試験および前期一般:推薦入学試験合格者のうち、成績優秀な学生については、入学後の学力テストの結果により、奨学金を給付します。
○経済的事情により修学が困難な学生の育英奨学に資する奨学金を給付します。
※給付対象/応募者の経済状況および学業成績などを勘案し、審査のうえ決定します。
・1~6学年 給付対象※は各学年4名以内…18万円給付

※看護学部に関する奨学金制度は、決定次第、本学ホームページなどでご案内します。

閉じる

クラブ・サークル活動

夢中になれることを見つけ、多くの仲間と出会う。自分の新しい可能性が部活動やサークルから広がります。

体育会系クラブ

弓道部、水泳部、ゴルフ部、日本拳法部、柔道部、バレーボール部、ソフトテニス部、空手道部、バスケットボール部、硬式野球部、アーチェリー部、山岳部、剣道部、スキー部、サイクリング部、馬術部、準硬式野球部、ハンドボール部、卓球部、フェンシング部、バドミントン部、ボート部、アイスホッケー部、ラグビー部、硬式テニス部、ワンダーフォーゲル部、サッカー部、陸上競技部

文化系クラブ

合唱部、クラシックギター部、茶道部、美術部、華道部、写真部、軽音楽部、衛生検査部、さんさ踊り部、オーケストラ部

同好会

パフォーマンス同好会、ビリヤード同好会、スポーツ愛好会、ESS、非電脳系ゲーム同好会

閉じる

大学院・併設の大学

岩手医科大学大学院の設置専攻課程

医学研究科
[修士課程]医科学専攻(先端医科学群、応用医科学群)
[博士課程]生理系専攻 、病理系専攻 、社会医学系専攻 、内科系専攻 、外科系専攻

歯学研究科
[博士課程]歯学専攻

薬学研究科
[修士課程]薬科学専攻
[博士課程]医療薬学専攻

閉じる

パンフ・願書

本学のことをもっと深く知るために、ぜひ大学案内を取り寄せてください。在学生や卒業生の声、カリキュラム、周辺環境など、より詳細な情報が掲載されています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

矢巾キャンパス

●岩手県紫波郡矢巾町西徳田2-1-1
盛岡駅⇒(電車15分)⇒矢幅駅⇒(徒歩17分/1.4km)⇒矢巾キャンパス
盛岡駅⇒(車30分)⇒矢巾キャンパス

内丸キャンパス

●岩手県盛岡市内丸19-1
盛岡駅⇒(バス10分)⇒【中央通一丁目】【岩手医大前】⇒(徒歩2分)⇒内丸キャンパス
盛岡駅⇒(車10分)⇒内丸キャンパス
盛岡駅⇒(徒歩25分)⇒内丸キャンパス

閉じる

問い合わせ先

住所

〒020-8505
岩手県盛岡市内丸19-1
入試センター事務室

電話番号

(019)651-5111(代)

URL

http://www.iwate-med.ac.jp/

E-Mail

nyushi@j.iwate-med.ac.jp

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ