亜細亜大学/経営学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

あじあ

亜細亜大学

私立大学 東京都

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(340名)
ホスピタリティ・マネジメント学科(150名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●伝統の実学教育を進展させた「経営学科」
●現場体験を重視した実務志向で学ぶ「ホスピタリティ・マネジメント学科」
●実践教育による社会人像を確立するための学び

激動の時代に対応できるビジネスパーソンの育成をめざしています。「経営学科」「ホスピタリティ・マネジメント学科」で構成。企業組織、ホテル・フード・旅行・航空・スポーツなどの業界を経営的視点で学びます。

【学生数】2246名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】47名(2017年5月1日現在)
【大学院】アジア・国際経営戦略研究科(M/D)

経営学科

講義・学問分野

ビジネス・シミュレーション入門、経営組織論、新製品管理論、簿記原理、ビジネスイシュウズI・II、ビジネスリテラシー、財務分析論、経営財務論、キャリア論、経営戦略論、マーケティング・コミュニケーション論、貿易論、管理会計論、トップマネジメント特別講義、グローバル経営論 など

閉じる

ホスピタリティ・マネジメント学科

講義・学問分野

経営学、会計学、英語で学ぶホスピタリティビジネスI・II、ツーリズムプランニング、ホテル研修I・II、ホスピタリティマネジメント概論、トラベル実務論、ワインサービス論、ホスピタリティ基礎演習、フードプロデュース論、マネジメントゲーム、ホスピタリティマネジメント特別講義、スポーツホスピタリティ概論、スポーツビジネス論 など

閉じる

学部の特色

伝統の実学教育を進展させた「経営学科」

行動力と主体性を養うアクティブ・ラーニング
基礎ゼミナールでは、経営に関する基礎知識を実際に活用することがテーマです。自ら設定した課題について、実際に現場を訪れたりしながら調査・分析を実施します。グループワーク形式で学習を行い、成果をプレゼンテーション形式で発表します。能動的に学ぶ姿勢が身につきます。

就業力を養う実践プログラム
経営学科では企業経営に関する多様な理論を学習しますが、修得した知識を現実に活かすことを目的に「トップマネジメント特別講義」、「ビジネス・シミュレーション入門」といった体験型授業が設置されています。理論と体験を融合することで就業力を高めます。

国際的視野を養うカリキュラム
企業に関わる多様かつ広範なカリキュラムのなかで特徴的なのは、「アジアのビジネス環境」や「アジアの企業と経営」といった、アジアの企業・ビジネスに関する講義が充実していること。国際的に活躍する人材には欠かせない知識・スキルを修得できます。

閉じる

現場体験を重視した実務志向で学ぶ「ホスピタリティ・マネジメント学科」

企業のトップ・ミドルマネジメントを担う人材を育成
経営学科と同等の経営学、会計学、マーケティング、ITに関する科目を学習し、将来の企業経営を担い得るマネジメント的視点を修得します。

豊富な実践系科目でホスピタリティ・ビジネスの実務遂行能力を育成
研修を伴う科目ではホスピタリティやスポーツビジネスの現場で必要な基礎的スキルを学習し、さらにインターンシップにより同現場での実務的応用スキルを修得していきます。

業界のグローバル化に対応できる人材を育成
実務コミュニケーションに重点を置いた英語・中国語・手話といった科目により、業界のグローバル化およびバリアフリー化に対応できる人材を育成します。

閉じる

実践教育による社会人像を確立するための学び

経営学部では、ビジネスの最前線で組織のトップとして活躍する著名人を講師として招き、現場の「今」、実践型の経営論を紹介する特別講義や独自のキャリア形成プログラム、インターンシップ体験などを科目に盛り込み、実践力を養います。

閉じる

学べること

経営学科

経営学や会計学、マーケティングの専門知識と実践能力を同時に鍛える

「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」という4つの経営資源を管理するノウハウを学ぶ経営学科。コミュニケーション能力や情報処理能力、数量的分析力といった幅広い教養と、企業経営に関わる専門的で実践的なマーケティング、経営戦略、会計、人材管理の知識を修得します。
21世紀はアジアの世紀といわれており、アジアの企業やビジネスに関する講義の充実も大きな特徴。企業などの組織運営に欠かせない知識やマネジメントスキルを有し、時代を鋭く読み解くことでグローバルに活躍できる人材を育てます。

【授業・講義】
トップマネジメント特別講義

ビジネスの最前線で組織のトップとして活躍する著名人を講師として招く特別講座です。経営学の知識と関連付け、各業界の特性や動向の理解を深めます。トップが語る実践型の経営論から学問の枠を超えた新しい視点を養います。

閉じる

ホスピタリティ・マネジメント学科

「理論実務融合型教育」でホスピタリティ業界・スポーツ業界で活躍する人材を育成

2016(平成28) 年4月、従来の「クラブ領域」を、スポーツとホスピタリティを融合した「スポーツ・ホスピタリティ」として整備拡充しました。「ホテルビジネス」「ブライダルビジネス」「フードサービスビジネス」「パッセンジャーサービスビジネス」「トラベルビジネス」とともに、6つの分野について「理論実務融合型教育」を展開します。
少人数制によるゼミナール形式の授業(演習)を2年次から4年次まで継続して実施することにより、基本的なマネジメントスキルとホスピタリティマインドを涵養し、未来のホスピタリティ業界、そしてスポーツ業界をリードし得るような人材を養成していきます。

【授業・講義】
6領域にわたる実習で、ホスピタリティの現場で必要なスキルを修得

ホスピタリティ・マネジメント学科では、それぞれの領域で現場研修を行います。例えば、パッセンジャー研修では、航空会社の研修施設に足を運んで、サービスの実践的なスキルを学ぶことができます。対象業務は客室乗務員、グランドスタッフを中心とした空港サービス。実際のトレーニング設備を見ることによって、航空業界におけるより具体的な実務内容がイメージできます。航空業界への就職を志望する学生にとっては、華やかな職業イメージと高いスキルを求められる実務の表裏を見ることができる貴重な機会といえます。

閉じる

アドミッションポリシー

経営学科

本学科は、ディプロマ・ポリシーで述べたような知識・技能・態度を持つ人材を育成するために、ビジネス社会への関心が高く、グローバルな環境で活躍することや将来広くビジネス社会で働くことを希望している、次のような人を求めます。そのために、多様な選抜方法を実施し、多面的・総合的な評価を行います。

1.本学科の教育内容が理解できるように、高等学校の教育課程において一定の学業成績を修め、大学生活におけるさまざまな活動にも積極的に参加する意欲がある。
2.本学科で学ぶ知識・技能・態度・体験を社会と自己のキャリア形成に活かしたいという意欲がある。
3.(一般入試)特に、「国語(現代文)」と「外国語(英語)」の学習を通じて、論理的思考力、コミュニケーション能力を身につけている。
4.(推薦入試)高校において一定の学業成績を修め、明確な目的意識を持ち、資格・技能を獲得するなどさまざまな活動にも積極的に参加し、旺盛なチャレンジ精神を有する。
5.(留学生関連入試) 後期中等教育レベルの教育を終え、日本語の基礎的な能力を身につけ、より良い社会の形成に向けて経営学部経営学科で学びたいという意欲を持つ。

閉じる

ホスピタリティ・マネジメント学科

本学科は、ディプロマ・ポリシーで述べたような知識・技能・態度を持つ人材を育成するために、次の要素を備えた受験生について各種選抜試験を通じて入学させます。

1.本学科の教育内容を理解するために必要な一定の学業成績を高等学校の教育課程において修め、大学生活においてさまざまな活動にも積極的に参加する意欲がある。
2.ホスピタリティ・ビジネスやスポーツホスピタリティ・ビジネスに深い興味・関心を有する。
3.将来ホスピタリティ・ビジネスやスポーツホスピタリティ・ビジネスに従事したいという明確な目的意識を有する。
4.学習意欲、探究心、チャレンジ精神、自発性、協調性、及び不屈の精神を有する。
5.人と接することが好きで、ホスピタリティマインドの要素を有する。
6.(一般入試)特に、「国語(現代文)」や「外国語(英語)」の学習を通じて、論理的思考力、コミュニケーション能力を身につけている。
7.(推薦入試)高校において一定の学業成績を修め、将来のキャリアに対する明確な目的意識を持ち、資格・技能を獲得するなどさまざまな活動にも積極的に参加し、旺盛なチャレンジ精神を有する。
8.(アドミッション・オフィス入試)大学教育を受けるために必要な基礎的学習能力を有し、将来のキャリアに対する明確な意欲、適性、関心、及び高いコミュニケーション能力を持っている。
9.(留学生関連入試)後期中等教育レベルの教育を終え、日本語の基礎的な能力を身につけ、より良いグローバル社会の形成に向けて本学科で学びたいという意欲を持つ。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都武蔵野市境5-24-10
入試・広報センター入試課
(0422)36-3273(直)
 【URL】https://www.asia-u.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ