けいおうぎじゅく

慶應義塾大学

私立大学 東京都/神奈川県

医学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

医学科(113名)

所在地

1年:神奈川
2~6年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●人類の福祉のために高い倫理観と実践力を身に付ける
●よき医療人としてのMedical Professionalismを習得する
●医学教育の基礎「EEP」と、リサーチ・マインドを持つ臨床医をめざす

6年間一貫教育をとり、1学年にも「EEP」という介護者の見習いとして医療現場を体験できる独自の授業を設けています。また、自ら選んだテーマで研究する「自主学習」などで研究能力に優れた臨床医を育てます。

【キャンパス】日吉キャンパス(1年)、信濃町キャンパス(2~6年)
【大学院】医学研究科(M/D)

医学科

講義・学問分野

基礎分子細胞生物学、組織学、解剖学、発生学、生理学、医化学、分子生物学・遺伝子医学、微生物学・免疫学、熱帯医学・寄生虫学、病理学、薬理学、衛生学、医療統計・医療情報、臨床薬剤学、法医学 ほか

閉じる

学部の特色

人類の福祉のために高い倫理観と実践力を身に付ける

本学部は1917年、北里柴三郎を初代学部長として発足しました。世界的な細菌学者として知られる北里博士は、若い頃から民衆のための医学を志し、かつて受けた福澤諭吉の恩顧に報いるため本学部創設に尽力しました。以来100年の歴史を刻んできた本学部は、「基礎臨床一体型医学・医療の実現」を理想に掲げ、豊かな人間性と深い知性を有し、確固たる倫理観に基づく総合的判断力を持ち、生涯にわたって研鑽を続け、医学・医療を通して人類の福祉に貢献する人材の育成を目標としています。

閉じる

よき医療人としてのMedical Professionalismを習得する

医の倫理、医療人としての責務、Patient-centered Medicine(患者中心の医療)の実践を入学から6年間一貫して学ぶ独自のプログラムです。
医療や医学研究に関わる生命倫理や医療に関する法の理解と遵守、医師としての行動規範(医道)の習得、ヒューマニズムの実践、コミュニケーション能力の向上、生涯学習の姿勢を確立するなど、よき臨床医、優れた医学研究者となるために最も大切な資質である、「Medical Professionalism」を身に付けます。

閉じる

医学教育の基礎「EEP」と、リサーチ・マインドを持つ臨床医をめざす

1年次から医療現場を体験できる独自の授業として「EEP(Early Exposure Program)」を設けています。介護者の見習いという立場で実習を行い、スタッフの苦労や患者のニーズを体験することで、医学・医療を学ぶ心構えを身に付けるとともに、医療教育へのモチベーションを高めます。
また、「臨床医をめざす者にも研究能力を賦与する基礎づくりに力を注ぐ」伝統的な教育方針のもと、臨床実習の時間を豊富に用意するとともに、日本の医学部で初めて「自主学習」を設置しました。
研究、臨床の第一線で活躍する教員の研究室に加わり、自分で選んだテーマで研究に挑戦することで、創造的な問題解決能力を養います。

閉じる

学べること

医学科

臨床教育を重視した豊富な実習時間

医師や医学者には科学的、論理的思考能力と同時に、高い倫理的素養が求められています。加えて多方面にわたる人間的な教養も要求されます。これらを修得する目的で、1年次には基礎教育科目として外国語科目、人文・社会科学科目、基礎科学必修科目、医学基礎教育科目が設置されています。
2年次では、医学の基本となる解剖学、生理学、医化学、医療科学など基礎・社会医学系科目を履修。3年次では、基礎・社会医学系科目の幅をさらに広げ、医学・医療関連の生物学的、社会的な知識を固めます。そして4年次では、診断学実習、総合臨床医学が設置され、医療面接、臨床手技も含めた教育が行われます。この科目は、5年次から始まる臨床実習の基礎となる非常に密度の高い授業です。
5年次から6年次2学期までを通して、小グループに分かれて慶應義塾大学病院の診療科や関連病院をまわる臨床実習を実施します。直接患者と接する中で知識を深め、技術を高めるとともに、責任感や指導力、協調性など、医療に携わる者として不可欠な能力を学びます。

【授業・講義】
メディカル・プロフェッショナリズム

入学から卒業までの6年間を通じて、プロフェッショナリズムの基本となる「医師としての責務」「コミュニケーション・スキル」「生命・医療・研究の倫理」「法の理解」「医療安全」「説明責任」などを、対話型講義やグループ・ディスカッションにより学びます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都港区三田2-15-45
入学センター
(03)5427-1566
 【URL】http://www.admissions.keio.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ