×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こくしかん

国士舘大学

私立大学 東京都

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

教育学科/中等教育課程(教育学コース)(80名)
教育学科/初等教育課程(初等教育コース)(40名)
史学地理学科/考古・日本史学コース(学科定員170名)
史学地理学科/地理・環境コース(学科定員170名)
文学科/日本文学・文化コース(100名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●今を生きる人にとって重要な学問、現実社会と結びついた人文科学を学ぶ
●他コースの授業も受講できるので、知的好奇心が育つ
●資格取得に適したカリキュラムで効率的に学べる

人間とは何か、教育とは何か、その理念と実践について広く学ぶ「教育学科」、歴史学、地理学を通して、真実を追究する姿勢と多角的視野を養う「史学地理学科」、文学にとどまらず、芸術や言語など豊かな表現の世界を探究する「文学科」の3学科・5コースで構成しています。

【キャンパス】世田谷キャンパス
【学生数】1703名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】57名(2020年5月1日現在)
【大学院】人文科学研究科

教育学科/中等教育課程(教育学コース)

講義・学問分野

教育心理学、生徒・進路指導論、保健体育科教育論 I・II 、基礎看護学、道徳教育の理論と実践 など

閉じる

教育学科/初等教育課程(初等教育コース)

講義・学問分野

幼児教育学、図工の理論と実践、教科教育法・国語、体育科の基礎、家庭科概論 など

閉じる

史学地理学科/考古・日本史学コース

講義・学問分野

日本史学の基礎、史科学実習、考古学実習、考古学資料を読む、日本史の中のジェンダー など

閉じる

史学地理学科/地理・環境コース

講義・学問分野

地図製作法、地理情報システム応用、交通の発達と環境、地理情報システム、江戸東京の歴史地理 など

閉じる

文学科/日本文学・文化コース

講義・学問分野

日本語学概論、日本文学史、映像文化、児童文学、日本美術史 など

閉じる

学部の特色

現代社会と結びついた人文科学を学ぶ

今を生きる人にとって重要な学問、現実社会と結びついた人文科学を学ぶ

「教育学科」「史学地理学科」「文学科」の3学科・5コースで構成されています。いずれのコース分野においても、どんな時代にも忘れてはならない「心の教育」「人間形成」を基本に、人文科学の知識を持って、社会に貢献できる「人を育成する」ことが、本学部の目的です。そのために徹底した少人数教育を行うとともに、世界に視野を広げ、人文科学の諸分野を幅広く学べるようカリキュラムに工夫を凝らしています。21世紀に必要とされる人文科学の専門知識と、豊かな教養との両方を身に付けることによって、社会のあらゆる領域で活躍する力を養うことができます。

閉じる

他コースの授業も受講できるので、知的好奇心が育つ

5コースに分かれているので、さまざまな授業が科目開講されています。この特色をいっそう生かせるよう、各自の興味に合わせてコースを越えて選択できる共通科目も設置し、人文科学の諸分野を幅広く学ぶことが可能です。また、学生に対して教員の数が多く、徹底した少人数教育を実現しています。

閉じる

資格取得に適したカリキュラムで効率的に学べる

キャリア形成支援センターが行っている公務員向け採用試験対策講座や、生涯学習センターが行っている各種資格取得講座への積極的な参加を呼び掛けるとともに、文学部として教員・学芸員・司書・司書教諭などの資格取得に適したカリキュラムを用意しています。さらに、希望者は新規教員採用直前セミナーへの参加(有料)も可能です。

閉じる

学べること

人間形成に関連する幅広い学問領域を専門的に学ぶ

教育学科/中等教育課程(教育学コース)

人間形成、成長発達について、本質的な理解を深める

教科指導の技能だけでなく、教員としてのあり方や、社会との関わりを考慮できる教員を育てます。学生と教員が対話しながら学びを深めるゼミ形式の授業は、1年次からスタートします。3・4年次のゼミでは、さらに論議や研究を深め、教育の本質をじっくりと考察していきます。

【授業・講義】
専門性を学ぶ準備段階としての「教育学研究」

「特別支援教育」をテーマにした授業では、「チームとしての学校」における専門家の機能と役割を学ぶと同時に、教育学や心理学などの領域からも考えを深め、自分の言葉で考えを発信できるようになることを目的としています。

閉じる

教員としての資質向上をめざす

教育学科/初等教育課程(初等教育コース)

教育現場で必要とされる実践的な力を養う

幼児・児童の発達段階を理解して“子どもと向き合える先生”をめざします。教材研究や指導法、学級運営などはもちろん、運動会など行事の企画運営力を身に付ける授業も開講。現実の教育現場にしっかりと対応できる実践的な力が身に付くカリキュラムです。

【授業・講義】
各運動領域の効果的な指導法を身に付ける「体育科の理論と実践」

各運動領域の実技を通して、運動の持つ楽しさや喜びを体験すると共に、できるようになるためのコツや教材の仕組みなどを学びます。そして、体を動かすことを通して、各運動領域の効果的な指導法を身に付けることを目指しています。

閉じる

1年次から実践的な体験学習に取り組む

史学地理学科/考古・日本史学コース

「史学地理学科」は2つのコースで、より専門性を深める

本コースは専門性をより深めるため「史科学」と「考古学」の2つに分かれます。史科学では古文書や文学資料などを読み解いて過去の文化や生活について探究。考古学は1年次から遺跡発掘調査に参加し、発掘された物的資料から当時の社会を分析します。

【授業・講義】
一地域の歴史から全体の歴史を考える「日本近世史B」

江戸時代初期に民間人が残した、たった一つの日記をベースに、そこから見えてくる江戸時代全体に関わる問題を概観しています。小さな村で起きた事件や何気ない記憶の中に含まれる核心的なテーマについて考察していきます。

閉じる

情報通信技術を活用した授業が豊富

史学地理学科/地理・環境コース

野外実習を通して地理学の多元的理解を深める

地理学の基礎を学び、それを基盤に“自然的環境”と文化や社会を含む“人文的環境”とを研究します。1年次から3年次までに3回の野外実習が必須で、フィールドワークを通して地理学・環境学への理解と興味を広げます。国内のみならず海外研修なども行っています。

【授業・講義】
土壌生成の歴史や特徴を軸に学ぶ「地生態の地理」

固体地球と大気との境界面である地表は、気候、地形・地質、生物・人類活動が生じる場であり、相互的な作用と歴史は地表に生成する「土壌」にも記録されています。授業では土壌の特徴についても学び、その生成と自然環境について考えます。

閉じる

日本の文学、ことば文化の奥深さに触れる

文学科/日本文学・文化コース

文学にとどまらず、芸術や言語など豊かな表現の世界を探究

日本文学の研究を通して考える力と伝える力を養い、世界に向けて日本の文化を発信できる人材を育てます。古典から現在までの文学と、日本古来の文化、言葉など研究対象は多様。グローバル社会に対応し、情報処理や映像文化など、現代的な科目も充実しています。

【授業・講義】
模擬授業を通して授業実践力を養う「国語科指導法」

中学校・高校の国語教科書の教材を使用し、教材の分析や指導計画の立案を行い、実際の模擬授業を通して、教育実習につながる授業実践力を養います。そのうえで、受講生相互で模擬授業の検討を行い、より良い授業とは何かという理解を深めます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

文学部では、教育学、歴史学および地理学、文学と関連諸科学の知識・技能を習得し、それを基礎とする思考力、判断力と表現力を身に付け、さらに主体性を持って広く社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。
また、このような入学者を適正に判定するために、教育学科・史学地理学科・文学科のそれぞれにおいて、学科ごとに掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

閉じる

教育学科

教育学科では、教育学と関連諸科学の知識・技能を習得し、それを基礎とする思考力、判断力と表現力を身に付け、さらに主体性を持って広く社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。
また、このような入学者を適正に判定するために、次に掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

AP1.[知識・理解・技能]
教育学科の教育を受けるために必要な基礎学力としての知識を有していること、あるいは秀でた実技能力を有している。
(AP1-1)国語、英語、地理歴史、公民、数学、理科など、高等学校等で身に付ける標準的知識を有している。
(AP1-2)スポーツ活動において優秀な成績を修め、入学後、スポーツ活動を継続する意欲と卒業条件を達成する強い意志を有している。

AP2.[思考力・判断力・表現力]
人文・社会の諸問題について関心を持ち、学んだ知識や得られた経験から思考し、判断し、自分の考えを的確に表現できるようになるための、人間としての成長に対する真摯な姿勢を有している。

AP3.[主体性・多様性・協働性]
自ら進んで行動する能力を有するとともに、他者の多様な価値観を受け入れ尊重し、他者とともに生きることの大切さを理解している。

●入学前に身に付けておくべきこと
1.英語、国語、地理歴史、公民、数学など、高等学校等で身に付けるべき基礎的な能力を身につけていること。
2.教育問題に関するニュースを見る習慣、地理や歴史に関して興味を持った事柄を調べる習慣や小説や随筆などの文学作品を読む習慣を身に付けていること。

閉じる

史学地理学科・文学科

史学地理学科では、歴史学および地理学と関連諸科学の知識・技能を習得し、それを基礎とする思考力、判断力と表現力を身に付け、さらに主体性を持って広く社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。

文学科では、文学と関連諸科学の知識・技能を習得し、それを基礎とする思考力、判断力と表現力を身に付け、さらに主体性を持って広く社会に貢献することを目指す学生を受け入れます。

また、このような入学者を適正に判定するために、次に掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

AP1.[知識・理解・技能]
史学地理学科・文学科の教育を受けるために必要な基礎学力としての知識を有していること、あるいは秀でた実技能力を有している。
(AP1-1)国語、英語、地理歴史、公民、数学、理科など、高等学校等で身に付ける標準的知識を有している。
(AP1-2)スポーツ活動において優秀な成績を修め、入学後、スポーツ活動を継続する意欲と卒業条件を達成する強い意志を有している。

AP2.[思考力・判断力・表現力]
人文・社会の諸問題について関心を持ち、学んだ知識や得られた経験から思考し、判断し、自分の考えを的確に表現できるようになるための、人間としての成長に対する真摯な姿勢を有している。

AP3.[主体性・多様性・協働性]
自ら進んで行動する能力を有するとともに、他者の多様な価値観を受け入れ尊重し、他者とともに生きることの大切さを理解している。

●入学前に身に付けておくべきこと
1.英語、国語、地理歴史、公民、数学など、高等学校等で身に付けるべき基礎的な能力を身につけていること。
2.教育問題に関するニュースを見る習慣、地理や歴史に関して興味を持った事柄を調べる習慣や小説や随筆などの文学作品を読む習慣を身に付けていること。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都世田谷区世田谷4-28-1
入試部
(03)5481-3211
 【URL】https://www.kokushikan.ac.jp/faculty/Letters/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ