大学入試センター試験の最新情報をお届け!

こくしかん

国士舘大学

私立大学 東京都

体育学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

体育学科(220名)
武道学科(90名)
スポーツ医科学科(150名)
こどもスポーツ教育学科(80名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●知識・技術と人間性を高めスポーツや健康を通じて社会に貢献
●地域・国際交流を通して、スポーツと健康・医療について学ぶ
●教員免許状など多くの資格取得と手厚いキャリアで将来を切り拓く力を身に付ける

競技者・指導者としての専門知識を修得する「体育学科」のほか、「武道学科」と、救急医療の技術を学ぶ「スポーツ医科学科」、こどもを中心としたスポーツ指導人材を育成する「こどもスポーツ教育学科」の4学科があります。

【キャンパス】多摩キャンパス・町田キャンパス
【学生数】2,387名(2017年5月現在)
【専任教員数】65名(2017年5月1日現在)
【大学院】スポーツ・システム研究科、救急システム研究科

体育学科

講義・学問分野

体育方法学・実習(器械運動/陸上競技/水泳/ダンス)、体力測定評価実習、レクリエーション論実習、スポーツ情報処理論実習 など

閉じる

武道学科

講義・学問分野

スポーツバイオメカニクス、剣道理論・実習、柔道理論・実習、空手道理論・実習、武道指導特論、海外武道実習 など

閉じる

スポーツ医科学科

講義・学問分野

体育原理、生理学、小児科学、救急処置実習A~D(シミュレーション/病院内実習/救急車同乗実習/事例研究) など

閉じる

こどもスポーツ教育学科

講義・学問分野

数学概論、こどもスポーツ、こども栄養学、教科教育法(体育ほか各教科)、発達心理学 など

閉じる

学部の特色

知識・技術と人間性を高めスポーツや健康を通じて社会に貢献

本学部は心身を一つのものと捉え、人が生涯を通じて体も心も健康に生きていくために必要な、心と体の教育を行っています。体育の指導者や、オリンピックや国際大会などで活躍するアスリートを送り出している実績を基に、「スポーツ能力を高めたい」「教員になりたい」「救命の道に進みたい」といった志を持つ学生に、知識や技術だけでなく、人間性を高めることができる教育環境を提供。スポーツと健康を通して社会に貢献できる人材の育成をめざします。

閉じる

地域・国際交流を通して、スポーツと健康・医療について学ぶ

体育学部では、地域・国際交流を積極的に推進しています。
例えば、多摩市教育委員会や公共団体、自治会等と協力して、スポーツイベント、多摩ウォーキングフェスティバルや小・中学生を対象としたキャンプスクール(野外教育プログラム)などを支援。また、高齢者を対象とする健康相談や医療セミナー等を通じて、健康で生き甲斐のある生活を支援しているほか、一般市民に向けた心肺蘇生法の普及講習会なども実施しています。
その一方で、スポーツ科学の研究に携わっている外国人研究者、競技・スポーツを学ぶ海外からの研修生、海外協定大学から派遣される交換留学生などを受け入れることによって、国際交流の進展に寄与しています。また、国際武道に貢献すべく、武道学科ではカリキュラムに海外武道実習(アメリカ、フランス、ハンガリー)を取り入れ、海外での実習を行っています。さらに、スポーツ医科学科では希望者に対してカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で救急救命に関する専門的知識の習得をめざした研修も実施しています。

閉じる

教員免許状など多くの資格取得と手厚いキャリアで将来を切り拓く力を身に付ける

体育学部では、教員免許状(保健体育教諭・小学校教諭・養護教諭)のほか、救急救命士(受験資格)、健康運動指導士(受験資格)、健康運動実践指導者(受験資格)、財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者(共通科目I+II+III免除)、レクリエーション・インストラクターなど多くの資格が取得できるカリキュラムを用意しています。就職に際しては、キャリア形成支援センターと協力して就職講座を開講するなど、総力を挙げ就職支援を行っています。

閉じる

学べること

体育学科

“心・技・体”のバランスがとれた体育人を育成

心身の健康を熟知した指導者や競技者を養成します。2年次からは、教員をめざす「学校体育コース」、競技者をめざす「アスリートコース」、トレーナーをめざす「スポーツトレーナーコース」に分かれ、専門性を高めます。また、積極的に地域と交流し、子どもや高齢者と触れ合うイベントを開催するなど、学んだことを実践する機会も豊富。教員だけではなくレクリエーション・インストラクターなどの資格取得もサポートしています。

【授業・講義】
トレーニングスケジュールの作成・立案について学ぶ「トレーニング論・実習」

実習を通して、効果的なトレーニングで得たものを無駄なく技術に結びつけるための理想的なトレーニングスケジュールの作成と立案を学びます。

閉じる

武道学科

武道を通して世界に通用する精神性と倫理観を養う

柔道・剣道・空手道の理論と実践を、基礎からじっくりと学びます。同時に、「体育原理」「運動生理学」など学部全体の基礎科目をベースに、「スポーツ社会学」などの専門科目や、最新のトレーニングシステムなどで実践的な知識や能力を修得。幅広い学びの中で、豊かな精神性と高い倫理観を養い、武道家としてだけでなく、指導者としてまた一社会人として、世界に通用する人材の育成をめざします。

【授業・講義】
海外に武道の精神を広める「海外武道実習」

アメリカ、フランス、ハンガリーで武道実習を実施します。親善試合への参加、幼・少年に対する武道指導、地域武道愛好家との交流、社会活動や行事への参加など、実習内容は盛りだくさん。また、競技・スポーツを学ぶ海外の研修生、海外協定大学へ派遣される交換留学生なども受け入れています。

閉じる

スポーツ医科学科

「救急救命士」国家試験の受験資格が得られる実践的なカリキュラム

4年制大学としては日本で初めて、救急救命士の資格取得を目標とする学科です。救命活動に必要な医学知識と、応急処置や救助の理論・技術を、実践的に学びます。学内に最新の実習機器を完備しているほか、病院実習や救急車同乗実習なども充実。専門分野だけではなく、4年制大学ならではの幅広い教養や語学力も身に付けて、豊かな人間性を兼ね備えた救急救命士の養成をめざします。

【授業・講義】
現場での実践的な救急処置技術を学ぶ「救急処置実習D」

確実な救急活動の方法を、段階を追って学びます。医療機材を用いたシミュレーションから始まり、病院内実習や救急現場を模した実習などを通して救急救命活動への理解を深め、「救急救命士」の国家試験の合格をめざします。

閉じる

こどもスポーツ教育学科

こどもたちの心身の成長を支えるスポーツ指導者をめざす

運動やスポーツを通してこどもの健やかな成長を助けることのできる、優れたスポーツ指導者をめざし、小・中学校、高校の教員免許状取得を目標に学びます。キャンプや臨海・スキーなどの野外教育活動に力を入れているほか、英語を使ったスポーツ指導も取り入れるなど、幅広い学びの場を提供。人間性を重視し、体育を通してこどもに関わり、成長を見守る熱意を育てます。

【授業・講義】
学校での体育指導を基礎から実践的に学ぶ「教科教育法(体育)」

小学校の体育授業は、学年によって扱いや内容が大きく異なります。それぞれの学年について、どのような考え方に基づいて授業を組み立てていくべきか、グループでの調査など自主的な活動を通して学びます。

閉じる

アドミッションポリシー

 

体育学部の掲げる以下の教育目標に興味があり、将来スポーツ界や教育界、救急医療に進みたいと願う情熱と協調性に富んだ人材を求めています。
●体育・スポーツ・武道の理論と実践を通じた、より広い専門知識や高い技術の修得
●体育・スポーツ・武道文化の発展と学術の研究活動の推進
●豊かな心身の育成と錬磨をはかる文武両道の教育
●健康で豊かな生活環境を阻害するスポーツ障害や疾病をじめ、各種の事故・災害に対処する高度な救急医療体制の充実・発展に寄与できる人材
●人間の幸福や生活の基本である健康・体力の保持増進を推進し、健康で明るく豊かな社会創りに国内外を問わず活躍できる人材

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都多摩市永山7-3-1
体育学部
(042)339-7200(代)
 【URL】http://www.kokushikan.ac.jp/faculty/PE/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ