×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こくしかん

国士舘大学

私立大学 東京都

理工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

理工学科(機械工学系、電子情報学系、建築学系、まちづくり学系、人間情報学系、基礎理学系)(335名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●6つの学問領域(系統)で、幅広い研究分野を学べる
●柔軟でフレキシブルな入試制度で、自分に合った学問を探せる!
●先輩に聞く、先輩に学ぶ。丁寧な学習支援を受けられる

「機械工学系」「電子情報学系」「建築学系」「まちづくり学系」「人間情報学系」「基礎理学系」の6系統があり、学びへの幅広いニーズに応えています。

【キャンパス】世田谷キャンパス
【学生数】1434名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】47名(2020年5月1日現在)
【大学院】工学研究科

理工学科

講義・学問分野

【機械工学系】機械設計製図およびDTPD、基礎ロボット工学、自動車工学 など
【電子情報学系】コンピュータソフトウェア、通信ネットワーク、電子回路 など
【建築学系】建築実務CAD、住居論、建築構造力学 など
【まちづくり学系】まちづくりフィールド演習、景観工学、公共空間デザイン演習 など
【人間情報学系】人間情報学基礎実験、医療情報学、認知科学概論 など
【基礎理学系】解析学、代数学、地球科学 など

閉じる

学部の特色

6つの学問領域(系統)で、幅広い研究分野を学べる

理工学部は1学科の中に「機械工学系」「電子情報学系」「建築学系」「まちづくり学系」「人間情報学系」「基礎理学系」の6つの学問領域を置き、幅広い分野の研究を行っています。それぞれの分野で高度な専門知識や理工学技術が学べることはもちろん、学系にこだわらずに選択科目を履修することも可能で、視野が広がり、柔軟な思考が身に付きます。
また、技術者に欠かせない倫理観や人間性を重視しているところが、本学部の学びの特徴です。「キャリアデザイン」などの授業も設け、豊かな教養と視野の広さ、的確な判断力を養いながら、各自がめざすキャリアに向けて、着実に力を付けていくことができる環境を整えています。

閉じる

柔軟でフレキシブルな入試制度で、自分に合った学問を探せる!

入試についても柔軟なシステムを導入。従来の受験時に学系を指定する方法に加えて、1年次春期終了時に学系を選択するフレキシブル入試を用意しています。1年次春期は、自分に合った学系を探すためのチャレンジ期間。6つの学系で開講される専門科目を受講しながら、自分の希望学系を絞っていきます。
また、自分に合った学系を決めるためのアシストとして「理工学の基礎」を開講。各学系の学びに精通したアカデミックアドバイザーが、個別の相談を通じて多様な学系についての理解を促し、選択を支援します。

閉じる

先輩に聞く、先輩に学ぶ。丁寧な学習支援を受けられる

本学部は、「演習」や「実験」などの体験を通じた授業が多いことが大きな特色です。こうした授業では、大学院生や上級生がアシスタントにつき、さまざまなアドバイスを送ります。アットホームな雰囲気の中、教職員、先輩、後輩と、理工学部の全員が共に教え学び合いながら学習を進めることができます。

閉じる

学べること

理工学科

6つの学問領域(系統)で、幅広い研究分野を学べる

【機械工学系】
豊富な実験や実習を通して、社会で使える理論と技術を修得。ロボットや自動車の設計製作など、ものづくりの醍醐味を味わえるプロジェクト形式の学びも取り入れています。

【電子情報学系】
快適な環境の創造をキーワードに、環境エネルギー、コンピュータ、インターネット、ソフトウェアの4分野について学びます。

【建築学系】
アートから建築設計技術までデザイン力を養う「建築・都市デザイン」、誰もが社会参加できるユニバーサルデザインなどを学ぶ「建築福祉・医療」、持続可能な社会の一端を担う「建築総合技術・サステナブル」の3コースがあります。

【まちづくり学系】
充実した実習科目を通して、確かな知識と技術を修得。「空間デザイン」「防災」「河川環境」「維持管理システム」「都市・交通計画」などの分野を少人数制授業を中心に学びます。

【人間情報学系】
医療・健康スポーツの視点からヒトに関わる情報技術を学び、医療・健康・スポーツ、工学の分野で活躍できる人材を育てます。カリキュラムは「医療情報分野」「身体情報分野」に分かれ、目的に応じて学びます。

【基礎理学系】
数学、物理学、地球科学などのサイエンス、情報科学と幅広く学びます。自分の興味や適性に応じて「主に数学を学ぶ」「サイエンスを学ぶ」など、学び方を選択できます。

【授業・講義】
充実した実制作や演習で実践力を養う

●機械工学系/機械設計製作プロジェクトD
実際の機械製作を通してものづくりの楽しさと難しさを体験します。図面作成から部品加工、プログラムの作成まで、学生が手分けして担当します。

●電子情報学系/メディアコンテンツ演習
文字や動画、映像や音声などのメディアを加工・編集し、情報を発信するための技法を実践的な演習を通じてマスターします。

●建築学系/設計スタジオIV
企業の依頼をもとに建築物をデザインするプロジェクト型の授業です。設計した図面や模型を企業の担当者に示し、プレゼンテーションも実施します。現実の流れに沿って設計の仕事を実体験します。

●まちづくり学系/ランドスケープデザインB
模型の製作を通じて空間表現力やスケールの感覚を養い、都市計画の理論や技術を修得。頭だけでなく「手で考える」ことで、実践的な力を身に付けます。

●人間情報学系/医療系基礎実験
MRI(磁気共鳴画像装置)などの専用機器を使って、運動時の変化などの人体データを測定。機器の扱い方とデータの見方、人体のしくみについて理解を深めます。

●基礎理学系/地学実験
地質調査を中心としたフィールドワークの進め方や、採取したサンプルの処理法などを学びます。

閉じる

アドミッションポリシー

理工学部の求める学生像

理工学部では、理工学に強い興味を持ち、高等教育により知識と倫理観を身につけて社会に貢献しようとする学生を受け入れます。
理工学部は、希望する専門に応じた教育を機械工学系・電子情報学系・建築学系・まちづくり学系・人間情報学系・基礎理学系で行います。学系にまたがる教育をおこなうために、入学者を学科として適正に判定します。そのために、次に掲げる観点から、多様な方法による入学者選抜を実施します。

AP1.[知識・理解・技能]
理工学部の教育を受けるために必要な基礎学力、あるいは秀でた実技能力を有している。
(AP1-1)数学、理科、英語、国語などについて、中等教育で身につけるべき標準的な知識を有している。
(AP1-2)スポーツ活動において優秀な成績を修め、入学後にスポーツ活動を継続する意欲と卒業要件を達成する強い意志を有している。

AP2.[思考力・判断力・表現力]
積極的に新しい知見を吸収する向上心と、入学後に学修する知識を活かして、社会に貢献する意欲を有している。

AP3.[主体性・多様性・協働性]
様々な考えを持つ多くの人々と協調的な関係を築くことができる。

●入学前に身に付けておくべきこと
1.数学については、基本的な概念や原理・法則を理解し、ものごとを論理的に考察し、処理できる能力を有していること。
2.理科については、様々な科目に興味を持ち、自然現象の規則性、法則性を理解していること。
3.論理的に理解し、表現できる国語力を持ち,理工学分野での共通言語である英語の素養を身につけていること。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都世田谷区世田谷4-28-1
入試部
(03)5481-3211
 【URL】https://www.kokushikan.ac.jp/faculty/SE/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ