学校パンフ取り寄せで図書カードGET

こくしかん

国士舘大学

私立大学 東京都

政経学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

政治行政学科(175名)
経済学科(360名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●政治・経済の専門性を高め、幅広い教養と人間性を身に付ける
●将来の進路に合わせ、学科・ゼミを超えた選択が可能
●受講料が1/3程度で済む、専門学校と連携した資格取得講座

政治学の歴史や理論はもちろん、現代社会の課題や未来に起こりうる問題についても実践的に学ぶ「政治行政学科」、経済学を体系的に学び、国際社会の諸問題を分析・洞察できる能力を育む「経済学科」の2学科があります。

【キャンパス】世田谷キャンパス
【学生数】2,471名(2017年5月現在)
【専任教員数】45名(2017年5月1日現在)
【大学院】政治学研究科、経済学研究科

政治行政学科

講義・学問分野

地方分権論、政治学原論、現代ヨーロッパ政治史、現代アメリカ論、政策デザイン、外交史 など

閉じる

経済学科

講義・学問分野

金融論、基礎ゼミナール、労働経済学、アジア経済論、西洋経済史、財政学 など

閉じる

学部の特色

政治・経済の専門性を高め、幅広い教養と人間性を身に付ける

政治・経済それぞれの専門性を高めることはもちろん、多様化しグローバル化した社会に対応できる普遍的な教養と幅広い視点を養うことが、本学部の目標です。そのために専門科目に加えて、幅広い知識と豊かな教養が身に付く環境を整えました。選択科目は他学科の科目から履修できるよう選択の幅も広げ、各自の志向に応じて人間的な幅も広げられるように組まれています。また、大学4年間を充実したものとするため、1年次に「フレッシュマン・ゼミナール」を開設します。少人数のゼミナールで、教員や仲間と密に接し、学びの基礎となる人間関係を築くことが第一の目的です。話し合うテーマも、大学での学びや進路などを取り上げ、学生生活になじめるよう配慮されています。

閉じる

将来の進路に合わせ、学科・ゼミを超えた選択が可能

政経学部では、学科間の垣根が低く、他学部・他学科の授業も履修できるようになっています(最大42単位まで)。したがって、入学後に自分の将来の進路が明確になった時点で、必要な科目を学科の枠を超えて選択することができます。例えば、政治行政学科の学生でも3年次になって経済学科のゼミを履修したり、その反対のことも可能です。本学科での学びをより有意義なものにするためには、入学後できるだけ早い時点で自らの性格や能力を認識して将来の進路を決めることが大切です。

閉じる

受講料が1/3程度で済む、専門学校と連携した資格取得講座

資格取得講座を、専門学校と提携し学内で開講しています。授業の空き時間や授業後にそのまま受講できることと、受講料が外部の専門学校などと比べ1/3程度で済むことなど、学内開講ならではのメリットがあります。

閉じる

学べること

政治行政学科

政治学を広く深く学びながら、“公共の精神”を養う

基礎を修得した後に、「政治と人間コース」「公務員養成コース」「国際関係・地域研究コース」の3つの専門コースを設けています。それぞれの分野を深く掘り下げながら、コースの枠を超えて多角的に学ぶことができるのが本学科の特徴。政治思想や歴史、制度など、政治にまつわるテーマを幅広く学ぶことによって、社会人として必要な“公共の精神”をしっかりと身に付けます。

【授業・講義】
政治体制の成立・維持・変動を考える「政治体制論」

20世紀イギリスの具体的事例を取り上げ、福祉国家体制から新保守主義体制への転換をあとづけながら、政治体制がどのように成立し、維持され、あるいは変動するかを考えます。

閉じる

経済学科

経済活動の研究を通して客観的な洞察力を育成する

経済学の基礎理論から応用までを、体系的に学びます。2年次からは「理論・情報コース」「国際経済コース」「財政・税務コース」「ファイナンス経済コース」の4コースに分かれ、それぞれの専門性を深めます。少人数のゼミを中心とした実践的アプローチにより、社会と経済の動きを客観的な視点から見る目を養い、人・モノ・お金の流れを分析する洞察力を身に付けます。

【授業・講義】
国や地方自治体の税金について学ぶ「財政学」

税金によって運営される国や地方自治体の政策=財政について学びます。実際に起きた問題を例にとりながら、制度や理論への理解を深めていきます。

閉じる

アドミッションポリシー

 

政経学部では、下記のような能力を備えたと判断される人材を求めています。
●大学教育を受けるのに必要な基礎学力としての知識や、秀でた実技能力を有していること。(知識・技能)
・英語、国語、地理歴史、公民、数学、理科などについて、中等教育程度で身につけるべき標準的な知識を有していること。
・スポーツ活動において優秀な成績を修め、入学後、スポーツ活動を継続する意欲と卒業条件を達成する強い意志を有していること。
●知識・技能を活用して、国家や社会のあるべき姿を常に考え、自ら課題を発見し、その解決に向けて社会のために進んで行動し、成果等を表現するために必要な思考力を有していること。(思考力・判断力・表現力)
●主体性と公共の精神をもって多様な人々と協働する態度や、人間性と専門性をともに自ら育む意欲を有していること。(主体性・協働性・多様性)
・真実を探求する洞察力・分析力を身につけようとする意欲を持ち、幅広い教養と、学際的専門性を身につけることを目標としていること。
・高等学校等在学期間に、生徒会等委員会、芸術文化、ボランティア、文化・スポーツクラブ等の諸活動において積み上げてきた実績があること。
・公徳を持って社会を取り巻く諸問題を解決しようとする意欲があること。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都世田谷区世田谷4-28-1
入試部
(03)5481-3211
 【URL】http://www.kokushikan.ac.jp/faculty/PSE/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ