×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こくしかん

国士舘大学

私立大学 東京都

大学トップ

ここに注目
  • 公務員、教員就職に強い!さらに充実のキャリア支援も受けられる
  • 都心とのアクセスがよく、通いやすい3つのキャンパスで学べる
  • 新しい施設「メイプルセンチュリーセンター多摩」を活用できる

大学の特色

時代ニーズに合わせた7学部14学科の総合大学で、幅広い知識と豊かな心を育める

本学には7つの学部、14の学科があり、多くの学生が学んでいます。いずれの学部・学科でも、今の時代に必要とされる人材を創出すべく、実社会のニーズに合致した学びをめざしています。
例えば2008年4月に体育学部に誕生した「こどもスポーツ教育学科」では、身体だけでなく心の教育、人間性の育成にも貢献できる指導者を育成。また、2011年には、将来に使える経営学を学ぶことを目的に経営学部も開設されました。
そのほか、政経学部・理工学部・法学部・文学部・21世紀アジア学部でもさらに学びが充実し、本学はますます魅力的に進化しています。

閉じる

業界研究会などで学生の就職活動を応援

キャリアづくりをトータルサポート!夢見た将来に近づく

「キャリア形成支援センター」では就職指導だけでなく、人生の“仕事”に関する支援をトータルに行っています。学生一人ひとりが理想とするキャリアを形成できるよう、早くからキャリアに対する意識を育み、卒業後もアドバイスを実施しています。

閉じる

学生の可能性を広げる

国際交流を通じ、広い心と視野を身に付ける

グローバルに活躍できる人材を育てるため、例年、夏季・春季休暇に海外協定・研修校で語学研修プログラムを実施しています。海外協定・研修校は、セント・ジョンズ大学(アメリカ)、ミュンヘン大学(ドイツ)、中国文化大学(台湾)、北京師範大学(中国)、デ・ラ・サール大学(フィリピン)など24か国と1地域の48大学3研究機関にのぼります。

閉じる

アドミッションポリシー

求める学生像

国士舘大学は、建学の精神及び教育理念・教育指針に基づいた人材養成を行うにあたって、以下のような素養と能力等を備えた学生を受け入れます。また、このような入学者を適正に判定するために、多様な方法による入学者選抜を実施します。

国士舘大学が求める学生像

1. 国士舘精神への共感
国士舘大学が掲げる建学の精神、教育理念・教育指針、教育研究上の目的に共感し、世のため、人のために尽くせる人材「国士」になろうとする意欲がある者。
2. 学問への意欲
志望する学問分野に関心を有し、幅広い教養と高い専門性を身に付けることを目標に、努力を惜しまずやり通す意欲がある者。
3. 多様性と主体性への姿勢
人間としての感性を高く持って多様な価値観を理解し、主体的に行動して公共に尽くそうとする姿勢がある者。
4. 国士舘教育への理解
日本文化の伝統技術とその基盤にある礼儀・作法、身を守り社会の要請に応える防災力、困難な時代を生き抜く持続的な就業力を身に付けようとする意欲がある者。

閉じる

教育環境

メイプルセンチュリーホール

新校舎で学生の心と体を育てる

本学は2017年に創立100周年を迎えました。100周年記念事業の一環として世田谷キャンパスに、「心と体の健康」をテーマにした複合施設「メイプルセンチュリーホール」が誕生しました。
地域とのつながりを意識して、学生たちの活動が見えるようにデザインされた施設です。施設内には、温水プールやフィットネスジム、また剣道場、柔道場をはじめ、学生ラウンジや女性には嬉しいネイルサロン、パウダールームなども完備しています。
まさに、本学の新たな顔となっている校舎です。ぜひ皆さんも実際に足を運んでみてください。オープンキャンパスでお待ちしています。

閉じる

体育学部の活動拠点のキャンパスは屋内外のスポーツ施設が充実

最先端のスポーツ施設でアクティブに学べる

町田キャンパス、多摩キャンパスには、最先端のスポーツ施設がそろっています。例えば町田キャンパスには、野球場、屋外プール、テニスコート、ゴルフ教場などの屋外運動施設のほか、体育館も2つあり、アクティブな学びに最適な環境となっています。一方の多摩キャンパスには、照明設備を備えたラグビーやアメフトの専用グラウンド、6コース400メートルトラックを有する陸上競技場、多目的グラウンドといった屋外施設に加え、2016年には「メイプルセンチュリーセンター多摩」が完成。部活動の練習や自主トレ、体育の授業などに広く活用されています。

閉じる

災害に強い国士舘をつくる「防災教育」

自然災害の多い日本では事前の備えが非常に大切です。その一つとして本学では防災教育に力を入れており、「防災・救急救助総合研究所」主催で次のような取り組みを行っています。

1.新入生に向けた防災基礎知識の教育
全学部の新入生を対象に、災害に係る基礎知識の修得と心配蘇生法、応急手当、搬送法、初期消火等の実習を通して、災害時に対応できる能力を養います。
2.「防災リーダー養成論」(講義)
自然災害、人為災害、特殊災害等を理解し、特に自然災害に焦点を当て、地震、火災、土砂災害、河川の氾濫等のメカニズムを学び、さらには災害とライフライン、交通インフラ、災害医療、災害情報等について理解し、災害に備える知識の修得と災害時に対応できる能力を養います。
3.「防災リーダー養成論実習」(演習)
講義では、災害ボランティアと避難所の役割、被災者の心のケアの重要性等を学び、実習では、避難所運営トレーニング、応急救護搬送、避難所生活体験、防災資器材の使用方法等の実践を通して、災害時、地域に役立つ人材を養成します。
4.「防災士」の資格取得
「防災リーダー養成論」および「防災リーダー養成論実習」単位取得者は、「防災士」の受験資格が取得できます。

閉じる

学部

【2019年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2019年度入学者対象】

●政経学部/125万円
●体育学部/152万9000円~170万3000円
●理工学部/160万1000円
●法学部/125万円
●文学部/130万4000円~132万9000円
●21世紀アジア学部/130万4000円
●経営学部/125万円
※2年次以降の学費については、上記金額から24万円の入学金を除いた額がおよその額となります。
※金額は、諸費および教育後援会費を除いたものです。

充実した本学独自の奨学金制度

成績優秀奨学生
入学金、授業料等原則4年間免除。
※デリバリー入試・C方式入試(大学入試センター試験利用)I期の成績により選考。
学業優秀奨学生・修学援助奨学生
納入金減免制。減免適用期間は1年
運動技能優秀奨学生
納入金減免制

閉じる

住環境

町田キャンパスには男子厚生用(12室)と女子厚生用(28室)の学生寮(個室)があります。キャンパスに近く通学に便利、寮内で友達が大勢できる、静かで安全など多くのメリットがあります。入寮に要する諸経費(入寮費・部屋代)は年額54万円です。

閉じる

クラブ・サークル活動

本学には多様なクラブ・サークルがあります。特に充実した運動施設のもと、国際大会や全日本優勝などの実績があるスポーツ系・武道系のクラブ・サークルがあるのが特徴です。

体育会系クラブ

【スポーツ協議会指定クラブ】柔道部(男子・女子)、サッカー部(男子・女子)、陸上競技部、陸上競技部-駅伝(男子・女子)、レスリング部、硬式野球部、剣道部(男子・女子)、ハンドボール部(男子・女子)、新体操部(男子・女子)、空手道部、バレーボール部(男子・女子)、体操競技部(男子・女子)、バスケットボール部(男子・女子)、アメリカンフットボール部、ソフトボール部(男子・女子)、水泳部、水泳部(水球女子)、準硬式野球部、ラグビー部、スキー部、相撲部、ウェイトリフティング部、スケート部(アイスホッケー・スピード・フィギュア)、シンクロナイズドスイミング部 など

文化系クラブ

【部】アニメーション特撮研究部、演劇部、オリエンタリズム研究部、混成合唱団、軽音楽研究会、言道部、国際ボランティア部、国史学研究会、敷島倶楽部、児童教育研究会、児童文化研究会、写真部、書道部、吹奏楽部、スポーツ新聞部、天文部、パソコン倶楽部、美術部、地域の教育研究会、邦楽研究会「竹風会」、放送研究部、ボランティアクラブ、漫画研究部、ミュージック・クラブ「F・S・C」、ローバークラブ、文芸部、子どもボランティア など

閉じる

大学院・併設の大学

「卒業後も学びたい」その気持ちにこたえる環境

●政治学研究科
●経済学研究科
●経営学研究科
●スポーツ・システム研究科
●救急システム研究科
●工学研究科
●法学研究科
●総合知的財産法学研究科
●人文科学研究科
●グローバルアジア研究科

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るために、「大学案内」の資料を取り寄せましょう。大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在校生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報が載っています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

世田谷キャンパス

●東京都世田谷区世田谷4-28-1
小田急線「梅ヶ丘」駅下車、徒歩9分。東急世田谷線「松陰神社前」駅または「世田谷」駅下車、徒歩6分

町田キャンパス

●東京都町田市広袴1-1-1
小田急線「鶴川」駅下車、「鶴川団地」行きバスで「国士舘大学前」下車※スクールバス運行中

多摩キャンパス

●東京都多摩市永山7-3-1
小田急多摩線・京王相模原線「永山」駅下車、「鶴川駅」行き、「永山5丁目」行きバスで「永山高校前」下車、徒歩約5分※スクールバス運行中

閉じる

問い合わせ先

住所

〒154-8515
東京都世田谷区世田谷4-28-1
入試部

電話番号

(03)5481-3211

URL

https://www.kokushikan.ac.jp

E-Mail

ad1@kokushikan.ac.jp

閉じる

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ