創価大学/教育学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

そうか

創価大学

私立大学 東京都

教育学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

教育学科(80名)
児童教育学科(100名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●真の人間教育のためのカリキュラム
●学校インターンシップを実施
●教員採用試験に強い

学校教員をはじめ、広く教育活動にかかわる人材を育成します。

【学生数】845名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】29名(2017年5月1日現在)
【大学院】教職研究科

教育学科

講義・学問分野

教育心理学、臨床心理学、社会教育演習など

閉じる

児童教育学科

講義・学問分野

初等教育原理、教育行財政学、教育カウンセリングなど

閉じる

学部の特色

真の人間教育のためのカリキュラム

教育学と心理学の立場から人間教育を考えるとともに、教科指導や生活指導の能力を強化します。グローバル教育の視野も広げ、世界で活躍できる教育者をめざします。幼児教育や特別支援教育も学ぶことができます。

閉じる

学校インターンシップを実施

「学校インターンシップ」とは、教員をめざす学生が経験できる「職業体験」です。具体的には、決められた学校(公立小中学校・幼稚園)へ1年間、特定の曜日・時間に訪問し、教員とのチームティーチングによる学習指導補助や放課後の補充学習などを行います。学生にとっては生きた教育現場を体験できる絶好の機会となり、また自身が教員に適しているのかどうかを判断する一助にもなります。また近年では、教員採用試験において、学校現場でのボランティア活動体験などの有無が問われてきており、教員をめざす学生にとっては必須の科目となってきています。

閉じる

教員採用試験に強い

教員免許状、社会教育主事などの資格取得のための科目を設置しています。教職課程は、幼稚園、小学校、中学校社会科、高等学校公民科の各教員免許状に対応しています。
また「教職キャリアセンター」を設置し、教職をめざす学生を対象として、真の教育者としての資質を養うためのサポートを行っています。公立学校の校長経験者による相談会や教員採用試験受験者のための各種対策講座を開催しています。毎年200名を超える学部生・通教生・卒業生が教員採用試験に合格しています。

閉じる

学べること

教育学科

3つのコース編成で、専門性を磨くとともに、視野を広げるため、別のコース科目の履修も可能

教育学科では、教職をめざす人はもちろん、行政や国際的な舞台で教育に関する仕事を行うことを目標とする人にも対応した幅広い学びが可能です。教育学コース、心理学コース、国際教育コースという3つのコースを設定し、それぞれに段階的な専門科目を用意しています。いずれか1つのコースの専門科目に加え、別のコースの科目を横断的に履修することも可能です。
●教育学コース:教員免許状取得や教育行政関係の公務員就職をめざすコース
●心理学コース:臨床心理士などの心理関係の公務員や学校カウンセラーをめざすコース
●国際教育コース:開発途上国など世界を舞台にした教育活動をめざすコース

閉じる

児童教育学科

英語教育など新しい動きにも対応し、人間的な魅力あふれる教員を養成

児童教育学科のカリキュラムには、教職課程、とりわけ小学校や幼稚園の教員をめざすための授業内容が多く含まれています。また、小学校にける英語教育の本格的な導入や、認定こども園をはじめとする幼保一体化の動きなど、新しい教育の動きにも対応しています。単に「教える技術」だけではなく、教師という職業についての考察や子どもの心理について学ぶ授業などを通じて、教育全般に関する豊かな知識と教養を身に付け、人間的な魅力にあふれる教員を養成します。また、特別支援学校教諭免許状も取得できます。これからも幅広い分野の教員を輩出します。

閉じる

アドミッションポリシー

学生受入方針

教育学部は、学部の理念・目的に示した能力を持つ人間を育成するため、人間主義に基づいた教育の探究と実践を志し、基礎的な知識・技能および的確な読解力・表現力を土台として、柔軟な思考をもって他者と協力できる学生を求め、創価大学のアドミッション・ポリシーに基づき、以下の基準で選考を行います。

1.本学部の理念・目的への理解を基礎とした志望動機、人間主義に基づいた教育を探求しようとする修学意欲については、PASCAL入試や公募推薦入試、外国人入試において行う書類審査及び面接を通して評価します。
2.大学での学修活動において要求される基礎的な知識・技能については、公募推薦入試、大学入試センター試験利用入試、全学統一入試、一般入試、外国人入試で行われる書類審査及び学力試験の結果を通して評価します。これらの入試での評価にあたっては、英語力を相対的に重視し、PASCAL入試や公募推薦入試の書類選考においては、実用英語能力テストの結果に応じて優遇措置を取ります。また公募推薦入試での学力試験においては、英語のほか国語や数学も選択可能とし、幅広い能力を評価できるようにします。
3.教育の理論・実践の探求を目指す上で必要不可欠となる読解力・表現力、柔軟な思考力については、公募推薦入試、大学入試センター試験利用入試、全学統一入試、一般入試で行われる学力試験、さらにPASCAL入試、公募推薦入試、外国人入試で行われる小論文審査を通して評価します。
4.優れた教育者の資質である他者と協力できる協働性については、PASCAL入試において行うグループ・ディスカッションを通して評価します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】アドミッションズセンター
(042)691-4617
 【URL】http://www.soka.ac.jp/education/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ