創価大学/理工学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

そうか

創価大学

私立大学 東京都

理工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

情報システム工学科(80名)
共生創造理工学科(100名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●理工学部独自の学習サポート
●教員採用試験対策も充実
●グローバル人材育成への取り組み

人間主義の科学技術の発展に大きく寄与する人材を育成します。

【学生数】578名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】51名(2017年5月1日現在)
【大学院】工学研究科

情報システム工学科

講義・学問分野

数理科学領域/初等整数論、微分方程式、数理物理など
知能情報工学領域/センサーネットワーク、人工知能、ビッグデータなど
ヒューマン支援ロボット領域/生活支援ロボット、知能工学、音声言語処理など

閉じる

共生創造理工学科

講義・学問分野

応用物理学領域/光・レーザー、GPS、量子力学など
物質理工学領域/ナノサイエンス、イオン液体、触媒反応など
生命理工学領域/iPS細胞、ゲノム情報、タンパク質・酵素など
環境理工学領域/地球環境、海洋生態、気候変動など

閉じる

学部の特色

理工学部独自の学習サポート

高校で選択していない科目があっても安心です。数学序論、物理学序論、化学序論、生物学序論といった序論科目を開講。高校で選択していない科目も大学に入ってから学ぶことができるので安心です。
理工学部では工学研究科の大学院生が実習・実験をサポートするTA(ティーチング・アシスタント)制度を実施。勉強で困ったことがあっても身近な先輩に相談することもできます。

閉じる

教員採用試験対策も充実

理工学部では中学・高校の教員採用試験をめざす人を応援しています。理工学部では次の教員免許が取得可能です。

情報システム工学科
中学校I種(数学)、高等学校I種(数学)、高等学校I種(情報)
共生創造理工学科
中学校I種(理科)、高等学校I種(理科)

閉じる

グローバル人材育成への取り組み

【理工学部主催の海外研修】
春休みにはマレーシア・プトラ大学で海外研修を実施。理工学部ならではの科学技術についてのディスカッション等、実践的なコミュニケーション能力を身に付けることもできます。

【国外技術協力EP(Educational Program)】
理工学の基礎知識と工学技術を、発展途上国、新興国等へ展開できる国際性豊かな人材を育成するため、「国際技術協力EP」を実施しています。

【留学しても4年間で卒業できる柔軟なカリキュラム】
柔軟に科目選択ができるカリキュラムにより、1年間留学しても4年間で卒業することも可能です。

【英語での開講科目】
通常の日本語での授業以外に、一部英語での理工学部専門科目も開講。理工系分野の英語力を身に付けることができます。

閉じる

学べること

情報システム工学科

技術力と発想力を伸ばし、情報社会の次世代を担う人材を創出

情報システム工学科では、コンピュータを中心に情報社会の発展に貢献できる志・技術発想力を持った人材育成を目標に、時代の流れに対応したカリキュラム、実験や研究に傾注できる施設と設備を整備。教員と学生が顔を向き合わせられるコミュニケーションを重視しながら、学生の好奇心を刺激する環境づくりに力を注いでいます。また新しいものを創り出す想像力を養うため、産業界との連携も積極的に行っています。

閉じる

共生創造理工学科

科学技術とともに地球的規模の諸問題の解決に貢献できる人材をめざす

物理学、化学、生物学、地学分野の理学と、電子工学、化学工学、生物工学、環境工学にまたがる工学を融合した4つの学際領域(応用物理学、物質理工学、生命理工学、環境理工学)を教育・研究の対象とし、課題解決力・意思表現力・コミュニケーション力を身に付け現代の科学的・社会的諸問題を解決しゆく創造性豊かな発想を持ち、人の健康と生活の支援、人と地球環境の共生など、人類の持続的発展に資する新たな科学技術を創造する人材を養成します。

閉じる

アドミッションポリシー

学生受入方針

理工学部では学科を問わず、創価大学の建学の精神を尊重しつつ、理工学の基礎から応用にいたる学問分野を学ぶ以下のような人材を広く社会に求めます。

1.人間主義を標榜し、社会に必要な科学技術の健全な価値を提示したいと願う人
2.平和の理念に徹し、民衆幸福のため他者へ貢献する世界市民をめざす人
3.進取の気性を持ち、真摯に学問に取り組む労苦を惜しまない人

また、上記の志とともに、高い専門性を獲得する意志が強固であること、および、大学での学習の基礎となる基礎知識と問題を解く力が求められます。理工学部では専門科目の基礎となる高等学校レベルの数学と理科とともに、新たな知識の吸収と問題の解法や説明に必要な言語の理解と構成の能力を入学の条件とします。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】アドミッションズセンター
(042)691-4617
 【URL】http://www.soka.ac.jp/engineering/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ