学校パンフ取り寄せで図書カードGET

そうか

創価大学

私立大学 東京都

国際教養学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

国際教養学科(90名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●1年次修了後に全員が1セメスターの海外留学
●学部授業はすべて英語で実施
●さまざまな社会問題への学際的アプローチを経験

実践的英語能力と異文化理解力を身につけ、21世紀に求められる、グローバルな人材を育成します。

【学生数】351名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】17名(2017年5月1日現在)

国際教養学科

講義・学問分野

Academic Foundations:Study Abroad、Cross-cultural Understanding、Principles of Economics、Great Power Politics in the World、Object Oriented Programming、Quantitative Research Methodなど

閉じる

学部の特色

1年次修了後に全員が1セメスターの海外留学

国際教養学部は、全員が留学するという厳しいハードルを設けています。
1セメスターの海外生活は、高校時代に修得した語学力だけでは通用しません。日本の社会とは異なる文化、価値観を受け止めた上で、自分自身を表現していく積極的なコミュニケーションが求められます。海外生活の中で生きた英語力、異文化理解力、基礎学習能力を修得し、「世界で生き抜く力」の必要性を肌で感じてください。帰国後は、留学で習得した語学力と異文化理解力を発揮して、さらに自身の専門性を高めていきます。

閉じる

学部授業はすべて英語で実施

「国際性」「幅広い教養」「実践力」の3つの力を養成し、世界を自分自身のステージにできる人材を育てていきます。いま、国境を越えたグローバルな諸問題は、英語で情報を収集・分析・発信する能力が不可欠です。そこで、学部の専門科目はすべて英語で行い、英語を運用する4技能(聴解、口頭表現、読解、文章表現)のすべてにわたって、より高度な英語運用能力「世界と交渉できる力」を習得します。
幅広い観点から問題にアプローチできる能力とともに、学生と積極性に意見交換を行える環境を整え、英語で人に伝える力、国際的なプレゼンテーションスキルなども磨いていきます。

閉じる

さまざまな社会問題への学際的アプローチを経験

国際教養学部では3つの分野を幅広く学びます。
[歴史・文化・社会]
世界が抱える課題を、歴史や文化といった側面から分析します。ルーツをひも解いていく中で、社会問題の根幹にある原因を考察していきます。
[国際関係・政治]
現代の国々がどのような問題を抱えているのか。各国の政治や外交、隣国との関係性も学びながら、世界情勢に対する理解を深めていきます。
[経済・経営]
ビジネスという観点から世界の動向を見つめ、企業や組織が直面している課題を探究します。世界経済がめざすべき未来像を模索していきます。

閉じる

学べること

国際教養学科

人文・社会科学の幅広い教養を修得し、英語による国際コミュニケーション能力も磨く

国際教養学部では、人文・社会科学分野にわたる幅広い知識、スキルを総合的に習得する学際的アプローチを取り入れています。1年次前期のBasic seminarIから、「歴史・文化・社会」、「国際関係・政治」、「経済・経営」の各分野の3名の教員が講義を担当。グローバリゼーションをテーマに取り上げ、異なる学問の観点から深く考察していきます。

閉じる

アドミッションポリシー

学生受入方針

1.人文・社会科学の幅広い学問分野の修得を望む、基盤的学力と知的好奇心を有する学生
公募推薦入試、大学入試センター試験利用入試、全学統一入試、一般入試、帰国学生入試では学力試験により、また外国人入試では書類審査により、人文社会科学分野の学問修得の基礎となる知識・技能、思考力・判断力等を評価します。
2.グローバル社会で通用する高度なコミュニケーション能力の修得に強い意志を有する学生
センター試験利用入試、一般入試では英語の得点配分を他より高くします。また、一般入試、全学統一入試では実用英語能力の一定レベル以上の資格・スコア等を優遇する措置を取ります。公募推薦入試、帰国学生入試では、出願資格として英語能力が設定されています。また、面接の一部を英語で行います。
3.世界各地で生起する諸問題に深い関心を持ち、その解決に挑戦する意欲と実行力を有する学生
公募推薦入試、帰国学生入試では、面接と書類審査により、世界の諸問題に取り組む意欲と実行力や、それを支える主体性・多様性・協働性等を評価します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】アドミッションズセンター
(042)691-4617
 【URL】http://www.soka.ac.jp/fila/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ