×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

そうか

創価大学

私立大学 東京都

大学トップ

ここに注目
  • 学びを360°サポートする“SPACe”で、アクティブに学べる
  • 「スーパーグローバル大学創成支援」プログラムで国際感覚を学ぶ
  • 教職員、進路が決定した4年生、OBOGが連携した進路サポート

大学の特色

文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」中間評価で最高評価の「S」を獲得した環境で学べる

2017年度に実施された中間評価で、本学の取り組みが5段階評価(S~D)のうち最高評価にあたる「S」評価(事業目的の達成が見込まれる優れた取り組み状況)を得ました。S評価を得たのは、採択大学全37校のうち6校となります。
〈外国人留学生の拡大(※)〉
2013年度:313名
2017年度:833名
2023年度:1215名(最終目標)
〈派遣日本人学生の拡大(※)〉
2013年度:557名
2017年度:792名
2023年度:1260名(最終目標)
(※)当該年度の受入数、派遣数

閉じる

世界60か国・地域、209大学(2018年11月末現在)との国際交流を活用して留学にチャレンジできる

本学には、交換留学、認定留学、海外短期研修、海外インターンシップ、海外ボランティアなど、多彩な国際交流制度が整っており、一人ひとりの関心や目的に合わせた海外での修学体験が可能です。交換留学には、国際奨学金が全員に支給され、海外損害保険料を大学が全額負担します。長期留学経験の学生有志による「創価大学ワールド会」は、留学をめざす後輩をきめ細かくサポートしています。平日午後は学内留学情報ステーションで相談ブースを運営するほか、留学サポートイベントや外国人留学生との交流イベントも開催。また、留学体験の小冊子を発行するなど、教職員と連携して留学希望者をサポートしています。

閉じる

充実したサポート環境で資格取得をめざせる

本学では資格取得を希望する学生のため個人相談に重点を置き、行政書士、販売士、ITパスポート試験、秘書技能検定試験、中小企業診断士、TOEIC(R)LISTENING AND READINGTESTなど、学生のニーズに合わせた多くの講座を開設。また、教職をめざす学生のためには「教職キャリアセンター」、国家公務員、地方公務員をめざす学生には「行政教育センター」、難関といわれる司法試験、公認会計士、税理士試験など、国家試験を必要とする資格や職業をめざす学生には「国家試験研究室(国研)」、と専門の指導機関も設置し、それぞれの資格取得を支援。その合格実績に結びついています。

閉じる

アドミッションポリシー

創価大学は次のような学生を求めています

創価大学はディプロマ・ポリシーカリキュラム・ポリシーに則って「創造的人間」の育成をめざしています。そこで創価大学は入学を希望する者に対して、本学の教育理念を理解し、高等学校までの教育で育成が期待される「学力の三要素」(知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性)にわたる基礎的な学習能力を備えていることを求めます。それらの能力を多面的に評価することを基本方針として入学試験を実施します。具体的には、

1. 創価大学の教育理念を理解し、自身の目的観に照らして本学での学習を希望すること。
PASCAL入試、公募推薦入試ではそのことを出願資格とし、「面接試験」においてもそれを評価します。

2. 高等学校までの教育において到達目標とされるところの基礎学力を習得していること。
PASCAL入試、公募推薦入試、大学入試センター試験利用入試、全学統一入試、一般入試、外国人入試では、そうした基礎学力、即ち、知識・技能、思考力、判断力等を評価します。

3. 基礎的な英語能力を有すること。
創価大学の入試において英語能力を重視します。特に大学入試センター試験利用入試、一般入試では英語の得点配分を他科目より高く設定します。また、公募推薦入試、全学統一入試、一般入試では、実用英語能力の一定レベル以上の資格・スコア等を優遇する措置を取ります。

4. 諸問題の解決のために主体性を持って多様な人々と協働して取り組んでいく資質と意欲を有すること。
PASCAL入試、公募推薦入試においては、「書類審査」と「面接試験」を実施し、高等学校等までの取り組みにおける主体性、協働性、学習意欲を評価します。またPASCAL入試では「グループ・ディスカッション」「小論文」により、協働性、表現力を評価します。

閉じる

教育環境

豊かな自然に彩られる広大なキャンパス

季節感のある自然美豊かな環境で4年間学べる

87万平方メートル、東京ドーム18個分の広大なキャンパスは、富士山を望むことができ、春には約2500本の桜が咲き誇る自然に恵まれた立地。文学の池や遊歩道は特に美しく、やすらぎのムードを醸し出しています。

閉じる

中央教育棟 GLOBAL SQUARE

充実した施設・設備で学べる

「中央教育棟GLOBAL SQUARE」は地上12階・地下3階の最新設備。2階の総合学習支援センター“SPACe”は1日2500名の学生が利用します。国際会議場や模擬法廷を有する18階建ての本部棟、4000名収容の池田記念講堂、6階建てで最新設備の総合体育館、学生のクラブ活動などをサポートする拠点の学生センター、外国人留学生を含めた、約1000名が生活する学生寮、など学生のための施設が充実。キャンパス内に施設をゆったり配置しています。

閉じる

池田記念講堂

学びもスポーツも楽しめる快適なキャンパスライフ

池田記念講堂
約4000人の収容が可能。本学の主要なイベントはこの講堂で開催されます。

総合体育館
体育教育やクラブ活動をいっそう効果的に行えるスポーツ練習施設が充実。6階建てで、アリーナ、多目的室、トレーニングジム室などに最新設備を整えています。隣接して、人工芝のビクトリー・グラウンドがあります。

大教室棟
大教室棟は、2階に500人教室と400人教室、1階に大食堂「ニュー・プリンス」を備えています。地球温暖化対策として、屋上緑化、太陽光発電も導入しています。隣接の「タゴール広場」とともに、学生の憩いの場になっています。

ラーニング・コモンズ“SPACe”
「中央教育棟」2階に設置されている、約2000平方メートルからなるラーニング・コモンズ“SPACe”は、学部生や大学院生、留学生、教職員が各自の考えや経験を生かし、「生きた学び」の場を広く設け、互いの学びをサポートしあう共有のスペースとなっています。少人数のアクティブ・ラーニングからグループディスカッション、壁面にはプロジェクター投影もでき、多人数に向けたプレゼンテーションまで、さまざまな使い方が可能なラーニングアリーナのほか、インターネット用機器、書籍・メディアの充実など“SPACe”を通してアクティブな学びに導き、学生の可能性を引き出すことが可能です。

閉じる

学部

【2019年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度実績】

●1年次の納付金
※1回払か2回払を選択できます。

経済・経営・法学部
1,119,000円
文・教育学部
1,139,000円
理工学部
1,519,000円
看護学部
1,539,000円
国際教養学部
1,359,000円

※国際教養学部の入学生が創価大学に納めて頂く学費には、1年次修了後から全員が経験する留学の往復航空運賃、留学先授業料、海外傷害保険料が含まれていますが、その他の費用(ビザ代、寮費・ホームステイ費、現地の大学健康保険費、食費、交通費等)は全て自己負担となります。それぞれの学生の留学先・生活状況・為替の変動等によって必要な費用は変わりますが、約半年の留学期間でかかる最低の費用は、およそ50~100万円になります。

主な給付型奨学金

※本学独自の給付奨学金は、国の高等教育無償化の政策にあわせて現在検討中です。(2019年秋頃発表予定)

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2019年)

学生数、教員数

【学生数】6430人
【外国籍の学生数】726人
【教員数】546人
【外国籍の教員数】102人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 621人
1か月以上3か月未満 30人
3か月以上6か月未満126人
6か月以上1年未満167人
1年以上17人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】61
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】501人以上
【奨学金給付金額総額】2,500万円以上3,000万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

フィリピン・イースト大学研修

【留学先】フィリピン
【対象人数】130
【留学開始時期】2020年8月
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】GPA基準値(2)
【問い合わせ先】
部署:ワールド・ランゲージ・センター
電話番号:0426912207

閉じる

クラブ・サークル活動

学生生活をより充実させ、自分自身を成長させるクラブ活動。先輩から学び後輩に受け継ぐピア・サポートの伝統をここで体得できます。

体育会系クラブ

合気道部、アメリカンフットボール部、歩こう会、キックボクシング部丈夫会、弓道部、クルーダンス部D.I.CREW、剣道部、男子硬式庭球部、女子硬式庭球部、硬式野球部、サイクリング部、体育会サッカー部、女子サッカー部、柔道部、準硬式野球部、水泳部、体操部、卓球部、チアリーディング部PANTHERS、テコンドー部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、男子バドミントン部、男子バレーボール部、女子バレーボール部、男子ハンドボール部、女子ハンドボール部、なぎなた部、軟式野球部、ダブルダッチ部R2、男子フットサル部Soka Futs、モダンダンス部、ラグビー部、ラクロス部、陸上競技部短距離、陸上競技部駅伝部、男子ソフトテニス部、海洋調査探検部、女子バドミントン同好会、ゴルフ愛好会、女子フットサル同好会Girls Soka Futs、スノーボード愛好会ROOF

文化系クラブ

ヴォーカルグループ、映画研究会、演劇部、華道部、ギター部、創大銀嶺合唱団、写真部学生閃光会、書道部、新世紀管弦楽団、箏曲部、創作部、Soka Magician's Program、Soka Music Society、滝山太鼓、日本舞踊部、パイオニア吹奏楽団、美術部、Pride of SOKA、Soka kinetic-music Association、Prince Mercy Jazz Orchestra、放送部、LIGHT MUSIC、落語研究会、ロック研究会、Soka Apparel Crew、イチャリバチョーデーズ、日伝研茶道会、創価アカペラバンド、S.U.Entertainment、フラチームLeaMakana、創茶会、将棋研究会

学術局

イタリア・スペイン研究会、英語研究会、沖縄平和研究会、国際連合研究会、社会福祉研究会、児童文化研究部、生命哲学研究会、Save Children Network、創価教育学研究会、創価幼稚園研究会、中国研究会、Debate Network、デンマーク・アスコー研究会、天文研究会、ドイツ語研究会、東南アジア研究会、鳥人間研究会、パン・アフリカン友好会、ハングル文化研究会、Peace☆Wave、フランス研究会、Mission Hands、南太平洋研究会、ラテンアメリカ研究会、ロシア研究会、東北SUNRISE、北欧研究会、蛍桜保存会、Animal Breakthrough Team、インド研究会、総合心理研究会、TFT-SOKA

閉じる

大学院・併設の大学

創価大学の学びの広がり

●経済学研究科
●法学研究科
●文学研究科
●工学研究科
●国際平和学研究科
●法務研究科(法科大学院)
●教職研究科(教職大学院)

閉じる

パンフ・願書

「学生第一の大学」の本学をよく知るには、「キャンパスガイド」の資料を取り寄せましょう。キャンパスガイドには、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど本学の情報が満載です!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●東京都八王子市丹木町1-236
JR「八王子」駅北口ロータリー内、12番もしくは14番(時間帯により変更)バス乗り場から「創価大学正門(東京富士美術館)」行き、もしくは「創価大学循環」行きのバスにて約15〜20分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒192-8577
東京都八王子市丹木町1-236
アドミッションズセンター

電話番号

(042)691-4617

URL

https://www.soka.ac.jp/

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ