りっしょう

立正大学

私立大学 東京都/埼玉県

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

哲学科(95名)
史学科(155名)
社会学科(155名)
文学科/日本語日本文学専攻コース(学科計155名)
文学科/英語英米文学専攻コース(学科計155名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●学科を超えた履修で思考を高める
●思考力を高める実習・体験学修
●表現力を磨く卒業論文

哲学科、史学科、社会学科、文学科(日本語日本文学専攻コース、英語英米文学専攻コース)の4学科からなり、それぞれの中で専門的に学びを深めていきます。

【キャンパス】品川キャンパス
【学生数】2253名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】55名(2017年5月1日現在)
【大学院】文学研究科

哲学科

講義・学問分野

倫理学の基礎諸問題、ギリシア語、日本思想史、人間と宗教、人間と生死の問題、近代哲学史 ほか

閉じる

史学科

講義・学問分野

古文書学実習、環境社会学、東洋史基礎演習、西洋史基礎演習、史学演習入門、考古学実習、民族史 ほか

閉じる

社会学科

講義・学問分野

社会調査実習、環境社会学、社会学応用実習、メディア・コミュニケーション論、ジャーナリズム論、政治社会学 ほか

閉じる

文学科/日本語日本文学専攻コース

講義・学問分野

漢字文化圏史、現代文学鑑賞、日本文学特講、日本文学講読 ほか

閉じる

文学科/英語英米文学専攻コース

講義・学問分野

Advanced Writing、 Public Speaking、イギリス文学史、比較文化 ほか

閉じる

学部の特色

学科を超えた履修で思考を高める

文学部では、「人間とはなにか」を幅広い学びの中で追求していくアカデミックな学生時代を過ごせるよう、学科や専攻以外の文学部の科目も、卒業に必要な学びとして履修に加えています。あらゆる学問に触れてそのエッセンスを智恵とし、自らの文学の答えを発見するための濃密な時間を送ることができます。

閉じる

思考力を高める実習・体験学修

文献を読み解くことによって備わる脳の基礎体力を生かす場として、実習・体験学修を設けています。哲学科では、生命倫理の体験学修を通して哲学の面から生きるという行為に向き合い、社会学科では多くの人から聞き取りをする社会調査を実施。史学科は考古学の発掘調査、文学科では語学体験学修として海外研修を行います。実体験の中で人と接することにより、新しい意識が芽生え、学びへの意欲が一層高まります。

閉じる

表現力を磨く卒業論文

「書く力」が十分に備わることを、伝統ある文学部として重視しています。4年間の大学生活で、文献を読み、考え抜き、発信していく能力を養うことは、文学部を履修する大きな意義の一つであり、広く社会に出てからも必要な力です。教員と1対1の指導を受け、1年間をかけてまとまった量の論文を書き上げていく作業は貴重な経験であり、未来をつくり上げる大きな糧になります。

閉じる

学べること

哲学科

古今東西の多彩な哲学に触れ、考え抜く力を養う

対話や討論を重視した授業や演習を豊富に用意し、少人数制授業の中で自由に意見発表を行い、議論を重ねます。バラエティに富んだ専攻や研究テーマの専任教師を8人そろえ、多彩な哲学を学びながら、探究心や疑問を成長へとつなげていきます。哲学者たちの学説や議論が、身近な問題や社会とどのようにつながっているのかを常に意識することで、それらを現実の問題に応用する方法を考える力を養います。

この学部のゼミ・研究

閉じる

史学科

歴史を読み解き、人間の営みを考える

歴史を読み解いていくには、それぞれの国や時代における歴史文献史料を講読することが重要です。そのためカリキュラムには史料講読・実習科目を数多く開設し、地域や時代ごとに著された生の史料の解読をめざします。また、「足で学問する」ことをモットーに、積極的に教室外に出て、能動的な学習により理解を深めます。
2年次からは、卒業論文を視野に入れ、演習科目による情報収集や分析、原典講読、研究発表などを行います。また、テーマの発表や質疑応答を通してプレゼンテーション能力を身に付けます。

この学部のゼミ・研究

閉じる

社会学科

当たり前を疑い、社会の全てに切り込む力を身に付ける

私たちが日々生活している環境そのものを研究対象に、「メディア、ジャーナリズム」「都市、地域、犯罪」「環境、家族、労働」「比較文化、宗教」の4分野について広く学び、さらに専門領域で独自の視点と深い洞察力を養成します。さらに、実際に現地に出向き、調査・分析を行うフィールドワークを重視した社会調査実習の科目を設け、人々と接する中で社会性も身に付きます。また、現代の情報化社会で注目される「社会調査士」の資格が、所定の単位を修得することによって取得可能です。市場や世論の動向や時代の流れを捉えられる能力を身に付けることにより、将来、ビジネスにおける可能性も広がります。

この学部のゼミ・研究

閉じる

文学科/日本語日本文学専攻コース

言葉への感性を磨き、日本語を極める

単なる文字や意味として日本語を認識するだけではなく、成り立ちや音声など多角的に研究し、言葉への興味を喚起することで、日本語に対する感性を磨きます。「書く・話す」という表現力を高めるため、朗読や発表、実際に自分で創作する演習や実習を行うことによって、日本語が自らの強みとなります。さらに、古典から中世・近世・現代までの日本語や日本文学に幅広く触れることにより専門性を高め、社会に出てからも広く応用できる力を身に付けます。

この学部のゼミ・研究

閉じる

文学科/英語英米文学専攻コース

世界を視野に、英語コミュニケーション能力を磨く

最優先課題とするのは、現代社会における実践的な英語力の向上です。その成果を披露する場として、「英語スピーチコンテスト」を年1回実施しています。授業では、イギリスやアメリカを中心とする英語圏の語学、文学、文化を幅広く学んだ後、専門的な分野を選択します。最終的には自らの関心や興味によって研究テーマを設定し、より深い学びを追究します。さらに、教職課程を設置しているので、中学校や高等学校の教員をめざす学生は、教育実習で実践的に学ぶことができます。実際、毎年、大勢の英語教員を教育界に送り出しています。

この学部のゼミ・研究

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

文学部では、学部の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・各学科の専門とする諸領域について幅広い興味と関心を持ち、その問題解決のために、積極的に学ぼうとする意欲をもっている者。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都品川区大崎4-2-16
入試センター
(03)3492-6649
 【URL】http://www.ris.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ