りっしょう

立正大学

私立大学 東京都/埼玉県

仏教学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

仏教学科/思想・歴史コース(学科計:55名)
仏教学科/文化・芸術コース(学科計:55名)
宗学科/法華仏教コース(学科計:50名)
宗学科/日本仏教コース(学科計:50名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●演習やゼミなど少人数で深く学ぶ
●卒業論文は、学んだ知識の集大成
●仏教文化研修旅行で、世界の諸宗教を実見する

仏教の思想や歴史的変遷を知ることにより、アジア地域の文化・歴史を学び、また仏教の教義について理解を深めます。

【キャンパス】品川キャンパス
【学生数】416名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】17名(2017年5月1日現在)

仏教学科/思想・歴史コース

講義・学問分野

仏教学概論、サンスクリット語、パーリ語、チベット語、人文科学とコンピュータ、インド哲学仏教学特講、仏教史特講、比較思想概論、天台学概論、法華思想史、宗学概論、観心本尊抄講義 ほか

閉じる

仏教学科/文化・芸術コース

講義・学問分野

日本美術史、比較文化特講、芸術研究(華道、書道、邦楽など)、アジア美術史、仏教文化史特講、比較宗教文化論、仏教考古学研究、文化財修復概説 ほか

閉じる

宗学科/法華仏教コース

講義・学問分野

インド仏教史、サンスクリット語、立正安国論講義、史料演習、宗学概論、法華経概論、日蓮聖人伝、国内仏教文化研修、日本文化史、法要実習 ほか

閉じる

宗学科/日本仏教コース

講義・学問分野

インド仏教史、サンスクリット語、日本文化史、日本仏教史、禅学概論、浄土学概論、真言学概論、日本仏教思想特講、立正安国論講義、宗史概論 ほか

閉じる

学部の特色

演習やゼミなど少人数で深く学ぶ

仏教学部では、1年次より演習・ゼミ科目があり、調査・研究能力の習得を図ります。1年次、仏教学科では「仏教学演習Ⅰ」、宗学科では「宗学基礎演習」を行います。2年次は、仏教学科で「仏教学基礎演習Ⅱ」、3・4年次では、両学科ともに「ゼミナール」を開設しています。1年次より少人数制の指導を行うことで、深い学びが可能になっています。

閉じる

卒業論文は、学んだ知識の集大成

3年次からは、卒業論文の作成を段階的に進めます。仏教には専門用語や独特の言葉が多く、きめ細かなサポートが必要とされるためゼミや演習とは別に、卒業論文を教員がマンツーマンで指導にあたるのが仏教学部の伝統です。学生は教員の研究室を訪れて1対1で指導を受け、4年間の集大成となる卒業論文を仕上げます。これが、教員と学生の信頼関係が強い、本学仏教学部ならではの学びです。

閉じる

仏教文化研修旅行で、世界の諸宗教を実見する

1994年のチベット研修を皮切りに、毎年、仏教にまつわる地を研修旅行として訪ねています。これは「海外仏教文化研修」の授業の一環で、今までに、インド(四大仏跡ほか)、ネパール、ブータン、シルクロード(ホータン、クチャ、敦煌ほか)、海のシルクロード(ミャンマー、ラオス、カンボジア、タイ、インドネシア、ベトナム)、中国、台湾、韓国、トルコ、ギリシャ、イギリス、フランス、アメリカなどを訪れています。また「国内仏教文化研修」では国内の仏教ゆかりの地を訪問します。

閉じる

学べること

仏教学科/思想・歴史コース

仏教をはじめとする諸思想の根源と歴史的展開を学び、アジアをより深く理解する

比較文化の視点から仏教をはじめとする諸思想の根源と歴史的展開を学びます。インドにおける原始仏教・アビダルマ・中観・唯識の思想、法華経の思想、中国における天台・華厳の教理・思想、仏教の変容と発展の歴史といった仏教学の専門領域のほか、広く世界の思想・宗教・神話との比較研究を行っています。

閉じる

仏教学科/文化・芸術コース

仏教の智慧と“文化”の捉え直しを通して、現代社会を生きる底力を身に付ける

仏教思想を背景にした文化、たとえば美術、文学や伝統芸能を対象として、比較文化や文化財という観点などから探り、さらに多くの体験学修を取り入れて、多角的な文化比較アプローチをするのが特長。かつての文化に込められた豊かな感性と自分自身の感性を共鳴させることを通して、人間が生み出す“文化”の核心に迫ります。

閉じる

宗学科/法華仏教コース

法華経の理解を深め、日蓮聖人の考え方や生き方を思想的・信仰的側面から学ぶ。僧侶をめざす講座も開設

日蓮聖人の考え方や生き方を思想・信仰の側面から研究し、法華経の理解を深め、人生において大切なものや根源的なものに関する考察を通じて、人が生きていくための拠り所を探求します。また、僧侶をめざす学生のために「僧侶講座」を開設し、指導にあたっています。国際的にも高く評価された研究を行い、現役の僧侶としても活動している教授のもと、社会問題と関連させて宗教を学び、また文化や歴史など多角的な視点に立った宗教研究も行っています。

閉じる

宗学科/日本仏教コース

日本における仏教の受容と展開についてさまざまな側面を通して学び、現代社会における仏教の役割を考える

日本仏教の諸相について、思想・信仰・歴史・文化などを通じて多角的、総合的に学び、さらに一方で、福祉・医療・生命倫理など現代社会が抱える諸問題を考察します。日本における仏教の受容と展開について、仏教が伝来してから今日に至るまでの諸相を考察することにより、現代社会や地域社会が抱えるさまざまな問題を解決すべく、広い教養と基礎的専門知識を身に付けた人材を広く育成することを目標に掲げています。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

仏教学部では、学部の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・法華経・日蓮聖人、仏教思想・仏教文化に深い関心をもっている者。
・正義を尊ぶ高い倫理観を持ち、仏教を通じて自己形成と社会貢献を志している者。
・学問に対する向上的意志を有している者。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都品川区大崎4-2-16
入試センター
(03)3492-6649
 【URL】http://www.ris.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ