りっしょう

立正大学

私立大学 東京都/埼玉県

立正大学/法学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

法学科/特修コース(学科計:340名)新設
法学科/社会公共コース(学科計:340名)新設
法学科/ビジネス法コース(学科計:340名)新設

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●ステップアップ方式
●少人数教育・ゼミナール教育
●フィールドワーク・実務演習

特修コース、社会公共コース、ビジネス法コースを2023年度より設置。座学中心の法学学修だけでなく、インターンシップや校外での実習を通じて“生きている法学”を学びます。

【キャンパス】品川キャンパス
【学生数】1314名(2021年5月1日現在)
【専任教員数】31名(2021年5月1日現在)
【大学院】法学研究科/法学専攻[修士課程]

法学科/特修コース新設

講義・学問分野

【共通科目】
憲法[総論・統治機構]、行政法総論、国際法、アジア法、英米法、刑法各論、物権法、契約法、債権法総論、家族法、不法行為法、企業法総論、企業取引法、会社法、日本法史、法哲学、政治学原論、警察行政法、環境法、国際人権法、刑事訴訟法、刑事政策、金融法、担保法、保険法、民事訴訟法、倒産処理法、経済法、消費者法、税法、社会保障法、知的所有権法、地方自治論 ほか
【コース別選択科目】
公法展開演習、私法展開演習、特修演習1~4

閉じる

法学科/社会公共コース新設

講義・学問分野

【共通科目】
憲法[総論・統治機構]、行政法総論、国際法、アジア法、英米法、刑法各論、物権法、契約法、債権法総論、家族法、不法行為法、企業法総論、企業取引法、会社法、日本法史、法哲学、政治学原論、警察行政法、環境法、国際人権法、刑事訴訟法、刑事政策、金融法、担保法、保険法、民事訴訟法、倒産処理法、経済法、消費者法、税法、社会保障法、知的所有権法、地方自治論 ほか
【コース別選択科目】
ジェンダー法、NPO法、犯罪学、少年法、外国人法、東洋法思想史

閉じる

法学科/ビジネス法コース新設

講義・学問分野

【共通科目】
憲法[総論・統治機構]、行政法総論、国際法、アジア法、英米法、刑法各論、物権法、契約法、債権法総論、家族法、不法行為法、企業法総論、企業取引法、会社法、日本法史、法哲学、政治学原論、警察行政法、環境法、国際人権法、刑事訴訟法、刑事政策、金融法、担保法、保険法、民事訴訟法、倒産処理法、経済法、消費者法、税法、社会保障法、知的所有権法、地方自治論 ほか
【コース別選択科目】
会社法(ガバナンス)、企業と危機管理、企業会計法、支払決済法、労使関係法

閉じる

学部の特色

ステップアップ方式

1年次には教養・語学科目や基本的な法律科目を学び、2年次からより専門的な科目を学びます。特に法律科目のカリキュラムは、無理なく学修できるように入門講義で基礎的な理解をかため、専門講義でさらに知識や理解を深めます。その後、応用講義(演習)で知識を使って実際に事例問題を解き、応用力を身に付けます。

閉じる

少人数教育・ゼミナール教育

学生の学修サポートに配慮した少人数教育を実践しています。1年次の「基礎ゼミナール」では、入学者全員が約20名のクラスに分かれ、法学部での学修に必要なアカデミックスキル、例えば法律科目で求められるレポート作成、プレゼンテーションの技術などについて学びます。さらに2年次から「ゼミナール」が始まります。1つのゼミナールに約10~15名程の学生が所属し、それぞれの専門分野を研究している教員のもと、学生同士や教員とのディスカッションを通じて知識を深めます。

閉じる

フィールドワーク・実務演習

希望者を対象とした公的機関・民間企業での現場体験や、現役の実務家が講師を担当する実務演習では、座学の講義で身に付けた法律知識が社会でどのように活用されているかをリアルに感じることができます。こうした経験は、卒業後の進路を考える際のきっかけにもなっているようです。

閉じる

学べること

法学科/特修コース

難関国家/公務員試験・大学院進学を想定した専門的・ハイレベルな法学学修

法律系の難関国家試験や国家公務員試験、大学院(法科大学院を含む)への進学などを意識した人に向けた本コースでは、展開演習や判例読解など、より専門性が高くハイレベルな講義に力点を置いています。他コースと比べ、少人数・双方向型の講義が集中しているのが特徴です。

閉じる

法学科/社会公共コース

公共機関などでの職務に必須な人権・公平・国際感覚のかん養

公的機関や教職などでの職務遂行に求められる、現代の市民社会における正義や人権のあり方をさまざまな角度から学びます。特に、近年注目される刑事司法や家庭・未成年者の法的保護、先端技術をめぐる法のあり方、国際関係論、法制史などを通じて、「自ら考える力」をもった実務家の輩出をめざすコースです。

閉じる

法学科/ビジネス法コース

民間フィールドで活躍するための法知識や実践的な応用力

契約や財産関係、会社など、社会生活を営むうえで不可欠な法の原理・原則の修得を目的とするコースです。将来の進路として、民間企業で法律知識を生かして活躍したい人、自ら事業経営に携わりたい人、司法書士や社会保険労務士などの法律専門家として企業活動にかかわっていきたい人にとって最適なコースです。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受け入れの方針

法学部法学科では、学部学科の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
・法律、政治、社会問題に広い関心を持ち、基礎的学力を有している者。
・「考える力」および「生き抜く力」を養い、将来実社会で活かしたいという意欲をもっている者。
・学習のみならず物事に意欲的、かつ継続的に取り組む姿勢を身につけている者。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都品川区大崎4-2-16
入試センター
(03)3492-6649
 【URL】https://www.ris.ac.jp/law/

他の学部・学科も調べる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ