りっしょう

立正大学

私立大学 東京都/埼玉県

立正大学/心理学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

臨床心理学科(170名)
対人・社会心理学科(115名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●心理学部として、首都圏で最初に設置
●豊富な専任教員、各分野のエキスパートがそろう
●広く・深く学べるカリキュラムを展開

本学部には、理論を社会や日常に生かす応用領域に属する心理学を学べる2つの学科、「臨床心理学科」「対人・社会心理学科」があります。「臨床心理学科」では、心の支援に関する知識やスキルの学びのために、公認心理師・臨床心理士の有資格者の教員が、現場での経験に基づく講義・演習を展開。日常生活におけるメンタルヘルスや対人支援に生かせる知識やスキルを身に付けることができます。「対人・社会心理学科」では、人と社会に目を向けた心理学を追究し、社会で役立つ実践的な対人スキルやリサーチスキルを身に付けることができます。

【キャンパス】

品川キャンパス

【学生数】

1162名(2023年5月1日現在)

【専任教員数】

35名(2023年5月1日現在)

【大学院】

心理学研究科/臨床心理学専攻[修士課程]、対人・社会心理学専攻[修士課程]、心理学専攻[博士後期課程]

臨床心理学科

【講義・学問分野】

心理療法とカウンセリング、臨床青年心理学、被害者支援の心理学、心理検査実習、発達障害児・者心理学、スクールカウンセリンング ほか

対人・社会心理学科

【講義・学問分野】

消費者心理学、恋愛心理学、プレゼンテーション・トレーニング、リーダーシップトレーニング、対人コミュニケーション実習、社会心理調査実習 ほか

入学者・卒業者数

入学者数

292人
男女比
女子生徒数
195
男子生徒数
97
地元占有率
地元出身学生数
88
入学者総数
292

卒業者数

268人
就職者・進学者数内訳
就職者数
218
進学者数
28

学部の特色

心理学部として、首都圏で最初に設置

本学部は、2002年に「心理学部」として首都圏で最初に開設されました。文学部や社会学部の中にある1つの学科ではなく、「学部」として開設されて20年余りが過ぎ、さまざまなノウハウを蓄積してきました。

豊富な専任教員、各分野のエキスパートがそろう

本学部には臨床心理学科に22名、対人・社会心理学科に13名、合計35名の専任教員が在籍しています。それぞれの分野のエキスパートに出会うことができます。

広く・深く学べるカリキュラムを展開

本学部には、さまざまな専門家がそろっているため、心理学について広く・深く学べるカリキュラムと環境が整っていることも特徴です。開設されている専門科目の種類や数は多く、多岐に及んでいます。

学べること

臨床心理学科

対人支援の現場だけでなく、日常生活のメンタルヘルス向上にも役立つ力を身に付けられる

教員の多くが公認心理師や臨床心理士の有資格者です。経験豊かな教員の下、実践力を養う最適な環境が整っています。臨床心理学科に特徴的な実習科目として、「心理的アセスメント」「ピア・サポート」「心理演習」「心理実習」などの科目があります。「心理的アセスメント」では、性格検査や知能検査など各種心理テストに実際に触れ、心理アセスメントの理論や方法を学びます。「ピア・サポート」では、ロールプレイなどの実習を通して他者を支えるスキルや姿勢について実践的に学びを深めます。公認心理師の学部カリキュラムに含まれる科目である「心理演習」「心理実習」では、仮想事例の検討などを通して心理支援のための知識やスキルを学び、心理職が活躍する学内外の施設への見学を含めた実習を行なっていきます。
2025年度からは「メンタルヘルス・プロモーション科目」など、一般企業の人事や福祉施設職員といった心理支援専門職以外の進路にもつながる科目がさらに充実。自分の進路に合わせた学びを選択できます。

対人・社会心理学科

実践型のトレーニング科目で、対人スキルやリサーチスキルを身に付けられる

教員は、心理学界で活躍する博士号取得者です。最新の研究結果を交えた授業が行われ、どのようなテーマであってもエキスパートに出会えます。
本学科では、「自分と他者を理解する力」「人づきあいを円滑にする力」「社会を動かす力」の3つの力が身に付くカリキュラムを構成。対人・社会心理学科に特徴的な実習科目として、「プレゼンテーション・トレーニング」「対人スキルトレーニング」「リーダーシップトレーニング」「社会心理調査実習」があります。トレーニング科目では、対人・社会心理学の知識を実践し、社会の改善に役立てていくために必要となる「スキル」を磨きます。また「社会心理調査実習」では、グループでテーマを決め、調査票を作成し、データを収集し、解析し、プレゼンテーションをしたり報告書にまとめたりします。この実習によってリサーチスキルを体得します。

アドミッションポリシー

入学者受け入れの方針

心理学部では、学部の教育目標に共感した、下記のような者の入学を期待します。
●心理学に対する強い知的関心と学修意欲を持っている者。
●心理学の専門的知識の修得に必要な基礎的学力を身につけている者。
●心理学の研究に必要となる自らの知識・技能を活用して問題を解決するための思考力、判断力を身につけている者。
●心理学の専門的技能の修得に必要なコミュニケーション能力、自己表現能力、および共感性を身につけている者。
●他者と協働して学修しようとする意欲を持っている者。
●心理学の専門性を活かして社会に貢献したいという意欲を持っている者。

問い合わせ先

【住所・電話番号】

東京都品川区大崎4-2-16
入試センター
(03)3492-6649

【URL】

https://www.ris.ac.jp/psy/

心理学部の主な就職先

第五電子工業、ニトリ、ナック、CANAL、アデコ、理究キッズ、フジコウ、UTコンストラクション、マンパワーグループ、パナソニックサイクルテック、メディカル・コンシェルジュ、エイブル …ほか

心理学部の就職・資格情報を見る

他の学部・学科も調べる

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ