つるみ

鶴見大学

私立大学 神奈川県

大学トップ

ここに注目!
  • 横浜から電車で10分!JR「鶴見」駅から徒歩5分の好アクセス
  • なりたい自分と「未来」を見つけるカリキュラム、満載!
  • 蔵書数はおよそ83万冊!たっぷりの学習スペースで集中できる

大学の特色

四季の移り変わりを感じられる自然に囲まれたキャンパス

ここが未来を見晴らす学び舎、鶴見大学

実践を交えたきめ細かな教育を提供し、仏教の教えに基づく人間教育に力を入れています。本学で学びながら自分に向いている専門を考え、その分野における知識を持ち、将来何らかの形で世の中の役に立つリーダーとなれる人材の育成をめざします。

閉じる

歯科医療を通じて社会に貢献できる真の実践力を身に付ける

国際都市横浜に存在する唯一の歯学部として、これまでに優れた歯科医師を育て送り出してきました。隣接する鶴見大学歯学部附属病院との協同により、歯科医学・歯科医療についての高度な知識と優れた技術、さらにはその実践力をバランスよく身につけた歯科医師をめざすことができます。

閉じる

きめ細かい指導と実践的なカリキュラムが専門的な能力を高められる

多様性に富んだ4つの学科で構成され、きめ細かな指導と実践力を培うカリキュラムによって、高度で専門的な能力を高める文学部。さらに、全ての学科に共通する基礎教養も重視しており、社会のあらゆる分野で柔軟に応用可能な力を身に付けることができます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入の方針

歯学部では、本学の理念に共感し、教育課程に積極的に取り組む姿勢を持つ人を歓迎します。
1.物事を多角的にとらえ、柔軟に判断できる能力を持つ人。
2.他者と自己を理解し、他者に寄り添う姿勢を身につける努力を惜しまない人。
3.自然科学に強い関心があり、基礎的な知識を有する人。
4.自己の能力向上を目指してアクティブに学ぶ意欲をもつ人。

文学部では、自己と世界に関わる諸問題を真摯に学び、各専門分野に積極的関心を持ち、新たな知的価値の
創造と未来社会への貢献にむけて努力する人を歓迎します。
1.世界や他者に対する幅広い関心と豊かな共感を備えている人。
2.自己を深く認識することに関心があり、常に学びの努力を惜しまない人。
3.社会に貢献する意志を持ち、現実の多様な問題に対して主体的に取り組む人。
4.総合的基礎学力と専門分野の知識を有し、積極的学修をとおして高度な知識・技能を身につける意欲がある人。

閉じる

教育環境

近隣の高校生を対象に図書館を開放している

約83万冊もの蔵書を誇る図書館

鶴見大学図書館は、約83万冊の膨大な蔵書を有し、大学図書館ランキングでは常に上位にランク入りを果たすほど。ここにしかないレアな書物を多数備えていることでも全国的に有名で、日本全国から数多くの研究者が訪れることでも知られています。
特に、図書館3階にある貴重書庫は、まさに宝の山と呼ぶにふさわしいもの。古今東西の貴重な書物を、1万冊以上も収蔵しています。目にすることさえ珍しい書籍や古文書を、専門科目の授業などで、在学生が触れることもできます。原典にあたって研究ができるのは、本学に通う学生ならではの特権といえるでしょう。

閉じる

日々1000人近くもの患者さんを受け入れている歯学部附属病院

附属病院での臨床実習でスキルを磨く

歯学部附属病院は、質の高い歯科医療を提供するだけでなく、学生の臨床実習、臨床研修医の卒後臨床研修の場としての機能も担っており、最先端の歯科医療に触れられる貴重な場です。病診連携の場として、厚生労働省から許可を受けた開放型病院として多くの人々に利用されています。

閉じる

お昼の学食は満員の大盛況ぶり

キャンパスに広がる全学的な交流の場

本学のキャンパスには、地上3階、地下3階建ての鶴見大学記念館に、開放感あふれる大学食堂、主に歯学部の授業で使用する講堂やセミナー室、496人を収容できる記念ホールなど、学部の枠を越え、全学的な交流の場となる施設を整備。また、学生一人ひとりの進路・就職をサポートするキャリア支援課も設置されています。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度実績】

歯学部
歯学科/5,150,000円
文学部
日本文学科・英語英米文学科/1,350,000円
文化財学科/1,480,000円
ドキュメンテーション学科/1,470,000円
※諸費除く

さまざまな奨学制度で学生をバックアップし学ぶ意欲を支える

〈入学時に対象となるもの〉
新入生特待奨学生【免除】
歯学部:新入生を対象に、試験入試の成績が優秀で、心身共に健康で人物良好な者に学納金の一部の額
奨学特待生【免除】
文学部:文学部の入学試験のひとつである奨学特待生選抜試験の成績が優秀な者に入学金を除く学納金(授業料・施設維持費・実験実習費)の全額又は半額(※)
特別奨学生【免除】
歯学部:大学センター試験利用入試の成績が優秀で心身共に健康で人物良好な者に学納金の一部の額
※入学後、学業・人物共に優秀な者に対しては、その資格を原則として4年間継続する。

〈入学後に対象となるもの(原則として、2年次以上)〉
特待生【給付】
歯学部:品行方正・学術優秀であり、他の模範となる者に当該年度の授業料の全額または一部の額
歯学部後援会奨学生【給付】
歯学部:人格円満であって、経済的理由により修学に困難があり、かつ、学業優秀な者に奨学金200,000円を交付
同窓会奨学生【給付】
歯学部:心身共に健全にして、課外活動等に積極的に参加している者に奨学金200,000円を交付
文学部:学業・人物共に優秀であり他の模範となる者、並びに課外活動等に積極的に参加し顕著な活躍をした者に奨学金200,000円を交付
学納金特別貸与奨学生【貸与】
歯学部:学業・人物共に優秀であり、かつ経済的理由により学納金の納付が困難であると認められる者に当該年度の学納金の全額または一部の額
文学部:学資支弁者の経済的理由により、学納金の納付が困難であると認められる者に当該年度の学納金の全額または一部の額
石間奨学生【給付】
全学部:卒業年次に在籍する者で、人物、学業成績ともに優秀であり、経済的支援を必要としている者に奨学金300,000円を交付
中根環堂奨学生【給付】
全学部:人格円満であって本学園の建学精神「大覚円成 報恩行持」の実践者でかつ、経済的理由によって学納金の納付が困難であると認められる者に当該年度の授業料の全額または一部の額

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】2139人
【外国籍の学生数】13人
【教員数】759人
【外国籍の教員数】19人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
6か月以上1年未満6人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】4
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】20人以下
【奨学金給付金額総額】500万円以上1,000万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

長期留学制度

【留学先】カナダ、オーストラリア
【留学期間】6か月以上1年未満
【対象人数】6
【留学開始時期】2019/04/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】特に設けていない
【問い合わせ先】
部署:学生支援センター事務部文学部教学課
電話番号:045-580-8212

海外英語研修

【留学先】アメリカ・カリフォルニア州
【留学期間】1か月未満
【対象人数】若干名
【留学開始時期】2019/08/01
【奨学金】無
【単位認定】有
【応募資格】特に設けていない
【問い合わせ先】
部署:学生支援センター事務部歯学部教学課
電話番号:0455808203

閉じる

住環境

キャンパスから徒歩20分の場所に、安心で清潔な女子学生寮を完備。日本各地から集まってきた全学部・学科の女子学生が寮生活を送っています。生活に必要なものは全てそろっている寮内には、さらにラウンジやゲストホールなども設置。食堂では栄養バランスの整った食事が朝夕の2回提供されています。

閉じる

クラブ・サークル活動

体育会系クラブ

アメリカンフットボール部、空手道部、基礎体力増進会、弓道部、競技ダンス部、剣道部、柔道部、少林寺拳法部、水泳同好会、スキー部、ダーツ同好会、日本拳法部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、フィットネス部、フットサル部、硬式庭球部、硬式野球部、ゴルフ部、サッカー部、軟式野球部、鶴見シューティングクラブ、ヨット部、ラグビー部、陸上競技部、卓球部、だんすぶ

文化系クラブ

アパレル同好会、ESS、映画研究会、演劇部、管弦楽団、ポップス研究会、コンピュータ部、茶道部、歯科医療研究会、自然愛好会、写真部、漫画研究会、生物部、地域貢献ボランティアサークル、天文部、図書館研究会、美術部、将棋同好会、手話サークルJSL、書道部、吹奏楽部、軽音楽部、考古学研究会、国際対口腔がんボランティア協力隊、文芸部、放送研究部、情報バリアフリー推進会、競技かるた同好会

閉じる

大学院・併設の大学

さらなる専門性を極める2研究科

●歯学研究科
歯学専攻(博士)

●文学研究科
日本文学専攻(博士/前・後)
英米文学専攻(博士/前・後)
文化財学専攻(博士/前・後)

閉じる

パンフ・願書

大学研究の第一歩、資料を取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●横浜市鶴見区鶴見2-1-3
JR京浜東北線「鶴見」駅西口下車、徒歩5分。京浜急行線「京急鶴見」駅下車、徒歩7分。曹洞宗大本山總持寺境内入口

閉じる

問い合わせ先

住所

〒230-8501
横浜市鶴見区鶴見2-1-3
入試キャリアセンター 入試課

電話番号

(045)580-8219・8220

URL

http://www.tsurumi-u.ac.jp

URL(携帯)

http://i.tsurumi-u.ac.jp

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ