きょうとせんたんかがく

京都先端科学大学

私立大学 京都府

工学部の詳細情報新設

*仮称・2020年4月設置認可申請中のため、記載内容は変更となる場合があります。

学科・定員・所在地

学科・定員

機械電気システム工学科(200名)新設
*仮称・2020年4月設置認可申請中のため、記載内容は変更となる場合があります。

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●未来に貢献できる“グローバルな工学人材をめざす
●機械、電気、メカトロニクスの各分野を専門的に学ぶ
●グローバルに活躍するエンジニアをめざし、集中プログラムで英語力を磨く

多くの企業が求めるモータ工学やロボット工学などの技術に強みを持つ人材の育成をめざします。

【キャンパス】京都太秦キャンパス
【大学院】工学研究科(仮称・2020年4月設置認可申請中)

機械電気システム工学科新設*仮称・2020年4月設置認可申請中のため、記載内容は変更となる場合があります。

講義・学問分野

機械、電気、メカトロニクス
※詳細は決定次第、公表します。

閉じる

学部の特色

未来に貢献できる“グローバルな工学人材をめざす

ロボットやドローン、電気自動車など新しい産業が著しい発展を遂げ、日本のモノづくりを支える産業として期待を集めています。同時に、これらの分野で即戦力として活躍できるエンジニアや研究者の育成が課題となっています。
2020年4月に設置認可申請中の工学部 機械電気システム工学科(仮称)は、日本の産業を盛り上げてきた企業が多く集う京都の地で、未来に貢献できる“グローバルな工学人材”の新しい育成拠点をめざします。

閉じる

機械、電気、メカトロニクスの各分野を専門的に学ぶ

カリキュラムは、興味に応じて柔軟に専門科目を選べる設計になっており、最先端の教育の中で高度な専門性を身に付けたエンジニアとしての成長がめざせます。機械、電気、メカトロニクスの各分野を専門とし、さらに独自の特色として、未来をつくる技術に焦点を当てた学習プログラムを提供します。
卒業後は成長分野の未来を担うグローバルエンジニアとして多様な進路が想定されます。工学部新設と同時に、大学院工学研究科(仮称・設置認可申請中)の新設も予定しており、大学院へ進学してさらに高度な研究を進める道もあります。

閉じる

英語を駆使して世界を相手に活躍するエンジニアを育てる

グローバルに活躍するエンジニアをめざし、集中プログラムで英語力を磨く

現代の仕事の必須スキルである英語を、他の学部同様、全ての学生が身に付け、高めていくことのできる英語教育を、工学部でも実現していきます。具体的にはベルリッツ・ジャパン株式会社との連携による実践的なプログラムを導⼊し、1、2年生に集中的な実践英語の授業を開講します。

閉じる

学べること

京都太秦キャンパスに2020年4月に竣工予定の工学部棟(仮称)

機械電気システム工学科

柔軟なカリキュラム設計により、未来のテクノロジーを探究する

●数学・物理学を徹底学習
低学年には専門領域の基盤となる数学・物理学の講義と演習を重視。標準的な工学部カリキュラムの1.5倍の時間を費やします。

●チーム学習で課題解決力を養う
個人ワーク(演習)とグループワーク(実習・PBL)を繰り返し、専門領域への理解と、考察力・実践力を養成。

●コースツリーで専門性を育む
制御工学、モータ工学、電池工学、パワーデバイス工学などの専門科目から適切に選択して履修することでロボット分野、電気自動車分野など、将来の進路に合わせて専門性を高めることができます。

●電子教材を積極的に活用
学生一人ひとりに、パソコンあるいはタブレットを支給。講義・演習・実験・自宅学習で専門的な科学技術計算ソフトウェアや電子教材を駆使して効率的に専門分野の力を養います。

●キャップストーンで総仕上げ
3年生と4年生の2回、企業から提示された課題の解決に半年間取り組む「総合的な経験をする実践的教育プログラム:キャップストーン」を経験します。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ