京都先端科学大学/バイオ環境学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

きょうとせんたんかがく

京都先端科学大学

私立大学 京都府
*現校名 京都学園大学、2019年4月より大学名称変更

バイオ環境学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

食農学科(70名)
バイオ環境デザイン学科(55名)
バイオサイエンス学科(65名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●持続可能な「生命・環境・食農」を京都・亀岡で学ぶ
●地元企業や農業者と連携し、学びを深める
●開放的・先進的な実験室で研究に取り組む

「食農学科」では、農学の基礎を学び、実際に栽培を体験。学内の新種苗開発センターや食品開発センターを利用し、地域と連携したプロジェクトにも挑みます。
「バイオ環境デザイン学科」では、地球環境に関する基礎知識を幅広く学んだ後、都市の自然化や里山、バイオマスなどバイオ環境の専門領域の科目を履修します。
「バイオサイエンス学科」では、生物のしくみや機能を幅広く学び、さらにバイオサイエンスの先進的な領域を、理論と実験の両面から学習します。

【キャンパス】京都亀岡キャンパス
【大学院】バイオ環境研究科(博士課程前期、博士課程後期)

食農学科

講義・学問分野

作物栽培実習、京野菜栽培加工実習、地域食農論、遺伝育種学、作物学実験、バイオマス実験、発酵醸造学、食品加工学実習、食品衛生学実験 など

閉じる

バイオ環境デザイン学科

講義・学問分野

環境生物学実験、環境地球科学、水環境化学実験、樹木学実習、ランドスケープエコロジー、都市環境診断学、エコミュージアム構想学、森林立地・土壌学 など

閉じる

バイオサイエンス学科

講義・学問分野

食品化学、有機化学、植物生化学、微生物学、細胞生物学、遺伝子工学、応用微生物学、植物細胞工学、生体栄養科学 など

閉じる

学部の特色

亀岡産&オーガニックの化粧品開発に挑戦する学生も

持続可能な「生命・環境・食農」を京都・亀岡で学ぶ

地球温暖化や食料問題に「生命・環境・食農」の3分野からアプローチし、先端的な研究とともに、地域での実践を通じた教育をめざします。キャンパスがある亀岡は、自然が豊かで生物の多様性に富み、農業や食品加工業がさかんな土地。バイオ環境の教育・研究には最適なエリアといえます。
2017年、設立10周年を機に、農業や食品加工業にたずさわる地元の方々と連携し、農作物を生産・加工して独自の商品開発に取り組むプロジェクトを開始。社会に直結した実践を通じて、知識と技術に留まらない「社会に貢献する力」を身に付けます。


閉じる

地元企業や農業者と連携し、学びを深める

「地域に貢献する大学」として、地元企業や農業者との連携を強力に推進しています。拠点となる「食品開発センター」では発酵・醸造物や野菜を使った加工食品の開発に、「新種苗開発センター」では野菜の新品種の開発に、それぞれ地元の方々と一緒に取り組んでいます。

閉じる

豊富な実験設備と専用の図書室などを備えたバイオ環境館

開放的・先進的な実験室で研究に取り組む

キャンパスが立地する亀岡は、京都駅から電車で約20分。緑豊かな里山に囲まれた府内随一の農業地帯、京都丹波の中心都市です。京料理を支える数々の農作物を生産し、保津川水系の豊富な地下水が、食品加工、発酵醸造業を支えます。天然記念物のアユモドキなど生物多様性に富み、生態調査などにも適しています。
京都亀岡キャンパスのバイオ環境館は、120人が同時に実習できる豊富な器材を備えた大規模な学生実験室を擁し、クロマトグラフィー、質量分析機、NMR(核磁気共鳴)など分析機器も充実。広々とした実験室で、企業との開発研究や、先端的な学術研究に取り組むことができます。

閉じる

学べること

実際に野菜の栽培に取り組む

食農学科

暮らしの原点となる「食」と「農」のゼネラリストに

農業に関わりたい、食分野のものづくりがしたいなど、めざす将来に合わせて2コース4研究室の中から選び、学びを深めます。

●食資源コース
農業生産学研究室/環境に配慮した農業生産技術を開発し、安全で安定的な食糧供給の実現をめざします。組織培養技術を利用した作物の改良や増産、地域の特長を生かした特産品の創出などで、地域の農業に貢献。例えば「新種苗開発センター」では、真冬でも暖房なしで栽培できる、環境にやさしい新種のトマトの開発に取り組んでいます。
農地環境研究室/竹粉や米のとぎ汁発酵液の農業利用について研究し、亀岡市や他大学とともに、大気中の二酸化炭素削減のために竹炭を施用した畑で栽培した野菜、「クルベジ」による地域活性化に取り組んでいます。

●食品開発コース
食品加工学研究室/キャンパス内にある「食品開発センター」で、高ポリフェノール含有ブドウやアラータイモの加工食品としての用途開発を行うなど、実際に農産物を加工しながら、加工・製造技術や食品分析技術の開発に取り組みます。
発酵醸造学研究室/京都丹波の発酵・醸造企業群と連携しながら、発酵醸造物の分析や醸造微生物の解析と、それらを通じた製品の開発改良に取り組みます。食品開発センターでは、地域の農産物を使った麹甘酒、ワイン、ビールなどの開発に挑戦しています。

閉じる

京都・亀岡の自然環境を生かし、アクティブに学べる

バイオ環境デザイン学科

環境を守るエコ技術者・デザイナーをめざす

環境の保全や再生に興味がある、豊かな自然をフィールドに学びたい、理科教員になりたいなど、目的に応じて2コース5研究室から選べます。

●環境再生コース
ランドスケープデザイン研究室/食糧や水の供給、気候などの調節、癒し効果、物質の循環など、生態系の原理に迫る「景観生態学」をもとに、持続可能な美しい「生物親和都市」の姿をデザインすることが本研究室の目的です。
水環境研究室/安全な飲み水の確保や良好な河川・海域環境の再生・保全について研究します。家庭や工場からの廃水の処理方法、生物による河川や湖の浄化作用の解明と促進など、さまざまな角度からアプローチし、よりよい水環境を実現するための方法を考えます。
都市自然化研究室/各地域が抱える実際の課題を知り、フィールドワークの計画と実行を繰り返すことで、地域再生の道筋を描くための方法論を学びます。

●生物・環境コース
環境教育研究室/本研究室の目的は、環境問題に関心のある「人を育てる」こと。問題の本質をとらえ、解決や防止についての知識、技術、姿勢、意欲を持った人材を養う方法を考えるという視点から、環境問題に挑みます。
里山環境研究室/里山をフィールドに動植物の生態や伝統的な暮らしを学び、その自然と文化的価値を現代に蘇らせる方法を探ります。

閉じる

豊富な実験・実習を展開

バイオサイエンス学科

生物の機能を解明し、社会の発展に生かせる人へ

理科系の実験が大好き、生命科学の最先端を学びたい、食の分野を科学的に研究したいという人におすすめ。
2コース5研究室の中から選択できます。

●分子生命科学コース
生物有機化学研究室/抗菌素材、防御物質、フェロモンなど、生物が持つさまざまな機能を支える化学物質を分析し、それらのメカニズムを明らかにすることで、人々の健康で豊かな暮らしの実現をめざします。研究成果を応用し、都会の真ん中でニホンミツバチを飼い、都市の緑化につなげるプロジェクトなどに取り組んでいます。
分子生物学研究室/最先端の解析装置を駆使して遺伝子やタンパク質の機能を分析しながら、生物(バイオ)が持つ可能性を社会に役立てるための知恵と技術を身に付けることをめざします。

●生物機能開発コース
微生物機能開発学研究室/想像を超える機能を持つ微生物を探し出し、役立つことへの応用を考えています。油を含んだ廃水を処理する微生物の実用化など、企業との連携プロジェクトにも挑戦しています。
食品機能学研究室/食品の美味しさや機能性に関するさまざまな原理が、バイオサイエンスによって明らかにされています。最先端の分析技術を駆使し、食品の機能性成分の分析や、新しい食品素材の開発、医薬・化学産業への応用をめざした研究に取り組みます。
植物バイオテクノロジー研究室/食糧問題や環境・資源問題の解決に役立つ植物バイオテクノロジーの開発を目的に、植物の生理機能を遺伝子レベルで解明し、遺伝的改良による新植物の創出をめざします。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ