×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

きょうとせんたんかがく

京都先端科学大学

私立大学 京都府

バイオ環境学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

バイオサイエンス学科(65名)
バイオ環境デザイン学科(55名)
食農学科(70名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●持続可能な「生命・環境・食農」を京都・亀岡で学ぶ
●地元企業や農業者と連携し、学びを深める
●開放的・先進的な実験室で研究に取り組む

「食農学科」では、農学の基礎を学び、実際に栽培を体験。学内の新種苗開発センターや食品開発センターを利用し、地域と連携したプロジェクトにも挑みます。
「バイオ環境デザイン学科」では、地球環境に関する基礎知識を幅広く学んだ後、都市の自然化や里山、バイオマスなどバイオ環境の専門領域の科目を履修します。
「バイオサイエンス学科」では、生物のしくみや機能を幅広く学び、さらにバイオサイエンスの先進的な領域を、理論と実験の両面から学習します。

【キャンパス】京都亀岡キャンパス
【学生数】722人(2018年5月1日現在)
【専任教員数】31人(2018年5月1日現在)
【大学院】バイオ環境研究科(博士課程前期、博士課程後期)

バイオサイエンス学科

講義・学問分野

食品化学、有機化学、植物生化学、微生物学、細胞生物学、遺伝子工学、応用微生物学、植物細胞工学、生体栄養科学 など

閉じる

バイオ環境デザイン学科

講義・学問分野

環境生物学実験、環境地球科学、水環境化学実験、樹木学実習、ランドスケープエコロジー、都市環境診断学、森林立地・土壌学 など

閉じる

食農学科

講義・学問分野

作物栽培実習、京野菜栽培加工実習、地域食農論、遺伝育種学、作物学実験、バイオマス実験、発酵醸造学、食品加工学実習、食品衛生学実験 など

閉じる

学部の特色

亀岡産&オーガニックの化粧品開発に挑戦する学生も

持続可能な「生命・環境・食農」を京都・亀岡で学ぶ

地球温暖化や食料問題に「生命・環境・食農」の3分野からアプローチし、先端的な研究とともに、地域での実践を通じた教育をめざします。キャンパスがある亀岡は、自然が豊かで生物の多様性に富み、農業や食品加工業がさかんな土地。バイオ環境の教育・研究には最適なエリアといえます。
農業や食品加工業にたずさわる地元の方々と連携し、農作物を生産・加工して独自の商品開発に取り組むプロジェクトを展開。社会に直結した実践を通じて、知識と技術に留まらない「社会に貢献する力」を身に付けます。


閉じる

地元企業や農業者と連携し、学びを深める

「地域に貢献する大学」として、地元企業や農業者との連携を強力に推進しています。拠点となる「食品開発センター」では発酵・醸造物や野菜を使った加工食品の開発に、「新種苗開発センター」では野菜の新品種の開発に、それぞれ地元の方々と一緒に取り組んでいます。

閉じる

豊富な実験設備と専用の図書室などを備えたバイオ環境館

開放的・先進的な実験室で研究に取り組む

キャンパスが立地する亀岡は、京都駅から電車で約20分。緑豊かな里山に囲まれた府内随一の農業地帯、京都丹波の中心都市です。京料理を支える数々の農作物を生産し、保津川水系の豊富な地下水が、食品加工、発酵醸造業を支えます。天然記念物のアユモドキなど生物多様性に富み、生態調査などにも適しています。
京都亀岡キャンパスのバイオ環境館は、120人が同時に実習できる豊富な器材を備えた大規模な学生実験室を擁し、クロマトグラフィー、質量分析機、NMR(核磁気共鳴)など分析機器も充実。広々とした実験室で、企業との開発研究や、先端的な学術研究に取り組むことができます。

閉じる

学べること

豊富な実験・実習を展開

バイオサイエンス学科

生物の機能を解明し、社会の発展に生かせる人へ

理科系の実験が大好き、生命科学の最先端を学びたい、食の分野を科学的に研究したいという人におすすめ。4コースから選択できます。

●分子生命科学コース/生物が持つ仕組みを化学的な視点から理解できる知識と技術を身に付けます。そのために生体内外で働く物質の分析法や合成法に加えて、生命科学分野に必要な遺伝子・タンパク質・細胞などに関する専門技術や実験方法を習得します。

●食品科学コース/人々の健康に役立つ新しい食品の開発、製造、品質管理に求められる知識や技術を学びます。食品の成分や機能などを理解するための食品科学や栄養科学、食品の安全性などについて基礎から応用力を身に付けます。

●植物・微生物機能開発コース/植物や微生物の機能を遺伝子、タンパク質、細胞レベルで理解し、それらの機能を高めるための知識や技術を学びます。食料問題や環境問題の解決に向けた新たな植物や微生物を創出するため、品種改良や環境浄化に関する知識や分析技術を身に付けます。

●大学院・理科教員・公務員コース/教員や公務員をめざす人は採用試験を意識した一般教養や専門科目を、大学院をめざす人は専門分野の基礎学問を個別のサポートを受けて学びます。

閉じる

京都・亀岡の自然環境を生かし、アクティブに学べる

バイオ環境デザイン学科

環境を守るエコ技術者・デザイナーをめざす

環境の保全や再生に興味がある、豊かな自然をフィールドに学びたい、理科教員になりたいなど、目的に応じて4コースから選べます。

●生物・環境調査コース/動植物・生態系や環境問題などに関する基本的な知識を身に付けるとともに、野生生物の保全、里山の再生、環境教育などの現状と課題を学び、人と自然の調和した持続的な社会の実現に貢献する人を育てます。

●水質・環境管理コース/生態学や環境科学に関する基本的な知識・技能を身に付けるとともに、環境分析や水質管理に関する知識や技術を深め、水道・水産・農業・観光などの多面的な水利用と生態系保全をふまえた環境をデザインできる総合的な視点を持った人を育てます。

●造園・環境デザインコース/生物や環境政策分野の基礎を学び、環境マネジメントに関する基本的な知識を身に付けるとともに、ランドスケープエコロジーやランドスケープデザインなどの専門科目を通じ、社会で起こっているさまざまな環境問題を掘り起こし、その要因を多様な視点で分析できる力を養います。

●理科教員・公務員コース/理科4教科をはじめとした基礎科目を通じ、基礎的な論理力・思考能力を育むなかで、主体的に学ぶ姿勢を身に付け、自ら学ぶことのできる人を育てます。

閉じる

実際に野菜の栽培に取り組む

食農学科

暮らしの原点となる「食」と「農」のゼネラリストに

農業に関わりたい、食分野のものづくりがしたいなど、めざす将来に合わせて4コースから選び、学びを深めます。

●農業生産コース/農業生産を計画し、実行できる人を育てます。1年次の作物栽培実習を経て、作物学、園芸学、土壌学など農業生産に必要な基礎知識や、今後需要が増す環境保全型農業、次世代園芸について学びます。

●6次産業コース/農と食を生産・加工・販売で結ぶ6次産業に携わる人を育てます。作物栽培実習を通じて農に対する理解を深め、農業生産や発酵醸造・食品加工の基礎的な知識や技術を講義・実験で身に付けます。

●食品加工・発酵醸造コース/発酵醸造物を含む新しい食品や食品加工法を提案・実現できる人を育てます。食品の化学、機能性、安全管理、加工技術、法規制など安全で価値の高い食品の研究開発・製造に必要な知識を身に付けます。

●農業教員・大学院・公務員コース/教員や公務員をめざす人は採用試験を意識した一般教養科目や専門科目を、大学院をめざす人は専門分野の基礎学問を個別のサポートを受けて学びます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ