京都先端科学大学/健康医療学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

きょうとせんたんかがく

京都先端科学大学

私立大学 京都府
*現校名 京都学園大学、2019年4月より大学名称変更

健康医療学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

看護学科(80名)
言語聴覚学科(30名)
健康スポーツ学科(90名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●社会的ニーズの高い健康医療分野の職業人をめざす
●機能的な教育・研究設備のもと、充実した実習・演習を展開
●経験豊富な教員陣から学べる

「看護学科」は、看護のこころを学ぶ人間力を養成する講義、1回生からの実践型キャリア教育が魅力。看護師国家試験は合格率100%をめざします。
「言語聴覚学科」では、言語発達障害、聴覚障害、発声発語障害、高次脳機能障害、摂食・嚥下(えんげ)障害の5分野を学び、問題解決力を備えた言語聴覚士を養成。
「健康スポーツ学科」では、スポーツと併せて、健康科学、教育、ビジネスを学べる3コースを設置。医療や身体運動に関わる多様な知識を修得します。

【キャンパス】京都太秦キャンパス(看護学科、言語聴覚学科)
京都亀岡キャンパス(健康スポーツ学科)

看護学科

講義・学問分野

保健医療情報学、臨床心理学、チーム医療論、解剖生理学、がん看護、看護マネジメント論、先端医療論、国際看護論 など

閉じる

言語聴覚学科

講義・学問分野

解剖生理学、高次脳科学、言語学、音声学、言語発達障害学、聴覚医学、失語・高次脳機能障害学、嚥下(えんげ)障害学 など

閉じる

健康スポーツ学科

講義・学問分野

健康医学、解剖生理学、栄養学、身体運動科学実習、スポーツ社会学、バイオメカニクス、チーム医療学 など

閉じる

学部の特色

社会的ニーズの高い健康医療分野の職業人をめざす

健康・運動科学と基礎医学の知識を併せ持つ人材は、企業、医療機関、行政機関など、さまざまな分野で求められています。本学部では、豊富な現場経験を持つ教員による指導によって、人々の健康生活の実現に貢献できるスペシャリストを育成します。

閉じる

基礎から実践まで、無理なく段階的にステップアップ

機能的な教育・研究設備のもと、充実した実習・演習を展開

2015年に開設した京都太秦キャンパスにある看護学科や言語聴覚学科はもちろん、京都亀岡キャンパスの健康スポーツ学科にも先進的な設備を配置しています。
看護学科と言語聴覚学科の実習先は、京都を中心とした地域の基幹病院です。知識の詰め込みで終わらないように臨床実習科目や演習科目を体系的に配置し、将来必要になる臨床技能を確実に習得していきます。

閉じる

看護学科では保健師や養護教諭をめざすコースも

経験豊富な教員陣から学べる

本学部には、健康医療に関する幅広い分野の教育・研究・臨床経験豊富な教員がそろっており、人々の健康生活を支える職業人として求められる、知識、技能、姿勢を伝えています。
看護学科と言語聴覚学科では国家試験合格率100%をめざして、健康スポーツ学科では教員免許など希望進路に合わせた専門的な資格取得に向けて、教員が1年次から4年次まできめ細かい指導と支援を行っています。

閉じる

学べること

こころとからだの健康を守る看護師を育てる

看護学科

連携先の病院で実践的に学び、複数の国家資格取得をめざす

京都の総合病院や中核医療機関を中心に、専門性の高い医療機関を実習先として確保しており、臨地実習を通して看護医療の最前線を体験することができます。特に、京都第一赤十字病院と包括協定を結び、実習・教育・研究の連携や教職員の交流、奨学金などの協力を図っていきます。
看護師に加え、保健師、養護教諭二種、第一種衛生管理者をめざすことができます。

閉じる

臨床の問題解決力をつける

言語聴覚学科

臨床の問題解決に挑み、社会に必要とされる言語聴覚士に

言語聴覚士は、ことばときこえ、飲み込みに関わる評価・訓練・指導の専門家。国家資格を必要とする医療系の職種の中でも、今非常に注目されている職種です。
本学の言語聴覚学科は、京都府内で唯一、男女共学の4年制大学の養成課程です。国家資格の合格率100%をめざすのはもちろん、基礎から専門、実践まで段階的に学んでいけるカリキュラムを組み、言語聴覚士として一生を通して働き続けることができる人材を丁寧な指導で育成しています。

閉じる

恵まれた環境で学べる

健康スポーツ学科

設備の整った環境で、スポーツ、健康、福祉、医療の分野で活躍できる力をつける

医学・医療の分野を基礎として健康とスポーツに関する知識を体系的に学習。また、企業や学校、スポーツジムなどで仕事を体験するインターンシップや、スポーツに関わる地域活動の機会が充実していることも大きな特長です。保健体育科教員になることをめざしている人も多くいます。
京都亀岡キャンパスは、甲子園球場約5.5個分の敷地に、身体運動科学の実験室とスポーツ施設が豊富に設けられています。競技者としてもスポーツを思う存分楽しみながら、健康・スポーツに関わる仕事に就くために専門的に学んでいける環境です。
●健康スポーツ科学コース/人の発達や加齢のしくみを科学的に理解し、スポーツに関わる仕事をめざします。
●健康スポーツ教育コース/中学校・高校の保健体育科教員や障がい者スポーツの指導員をめざします。
●健康スポーツマネジメントコース/マネジメントの視点からスポーツを分析。健康づくりやスポーツビジネスに関わる企業・自治体などへの就職を目標とします。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ