×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

いばらき

茨城大学

国立大学 茨城県

大学トップ

ここに注目
  • 全面的な教育改革や学びやすい環境により目標に向かって学ぶ
  • 新しい教育プログラムにより世界で活躍する能力を身に付ける
  • グローバル、地域創生、イノベーションの3つの柱で未来を担う

大学の特色

自らの将来を切り拓くために必要な5つの力を身に付ける

本学の教育では、社会の変化に主体的に対応し、自らの将来を切り拓くことができる総合的人間力を育成します。そのために、次の5つの力の育成に重点をおいています。
(1)世界の俯瞰的理解(世界を見わたす力)
(2)専門分野の学力(道を究める力)
(3)課題解決能力・コミュニケーション力(ともに答えを導く力)
(4)社会人としての姿勢(社会人として生きる力)
(5)地域活性化志向(地域と向き合う力)

閉じる

「学び習う」から「学び修める」授業で能動的学習を身に付ける

本学の授業では、「一方的に教える」ではなく、「能動的に学ぶ(アクティブラーニング)」ことに重点をおいています。また、各授業の特性に応じて、一定の長い期間にわたって学修することで効果が高まる授業はセメスター制で行い、短期間で集中的に学修することが適する授業はクォーター制で実施しています。さらに、3年次の第3クォーターには、海外研修やインターンシップ等の学外学修を行います。
本学の学生支援では、生活・経済・就職支援等を包括的に行っています。学修相談体制や、学修環境・学生用施設の整備を充実させてきました。また、教学支援を進めるパートナーとして、学生支援活動に学生自身が参加する機会を増やし、大学教育の企画段階への学生参画を拡大しています。

閉じる

地域・国際連携のプログラムで地球の持続を考える

本学の特色ある教育は、「茨城と向き合い、地域の未来づくりに参画できる人材の育成事業」や、「ASEAN諸国を中心とした国際的な学生交流事業」に関わる教育プログラムを学部横断的に実施している点です。また、国際社会が抱える喫緊の課題を解決し、地球の持続のためのビジョンを構築するサイエンスである「サステイナビリティ学」の研究を展開し、その成果を教育に反映させています。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受け入れ方針

茨城大学では、以下の4つの能力と資質を有する多様な志願者に対して、適切な方法の選抜を行って入学者を決定します。なお、それらの内容の詳細は、学部・学科(課程・コース等)毎に異なります。

1.(知識・技能)大学における専門分野の学修に必要な基礎学力を有していること
2.(知的関心)自分の身近な事柄だけでなく、地域の事象、自然環境、国際社会、人間と多様な文化等の広い分野に対する知的関心を有していること
3.(思考力・判断力・表現力)これまでの学習と生活において他者と共に課題解決をめざした経験があり、そのための基礎的な思考力・判断力・表現力を有していること、あるいは、それらを身に付ける意欲を有していること
4.(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)これまでの学習と生活において、多様な人々とコミュニケーションを取りながら協働して主体的に活動した経験があること、あるいはそのような活動をする意欲を有していること

閉じる

教育環境

水戸キャンパスには、人文社会科学部、教育学部、理学部を設置

歴史ある学術文化都市で学ぶ「水戸キャンパス」

水戸黄門でおなじみの水戸市は、茨城県の政治・経済・文化の中心地として古くから発展してきた都市です。市の中心部には日本三名園の一つ、「偕楽園」があり、広大な緑地や千波湖は市民の憩いの場として親しまれています。本学の本部がある水戸キャンパスには、人文社会科学部、教育学部、理学部があります。工学部と農学部の学生も最初の1年間はここで共通教育の授業を受けます。図書館や機器分析センター、全学教育機構(共通教育センター、キャリアセンター、グローバル教育センター、学生支援センター)、大学会館、福利センターなどが置かれ、活発な研究活動と快適な学生生活を支えています。

閉じる

最先端の研究を身近に感じられる環境の日立キャンパス

ハイテク企業が集う都市。恵まれた教育・研究環境で学ぶ「日立キャンパス」

茨城県北部に位置する日立市は、県内屈指の中核都市。豊かな自然に恵まれながらも、日立駅前には近代的な商店街や文化科学施設が広がり、市内や近隣には国内有数の企業体や公的な研究施設があります。日立キャンパスは、工学部をはじめ、図書館工学部分館、IT基盤センター、産学官連携イノベーション創成機構などの教育研究施設が整い、最先端の研究を身近に感じる機会にも恵まれています。

閉じる

自然が美しい阿見キャンパスには、最新設備が整備

筑波研究学園都市に隣接した、最新設備を誇る「阿見キャンパス」

阿見キャンパスは、東京・上野駅からJR常磐線(特別快速)で55分、茨城県南部の中核都市・土浦市に隣接する阿見町の中心部にあります。琵琶湖に次ぐ日本第2の湖、霞ヶ浦までは約2km。学ぶにも生活するのにも恵まれた環境です。美しいキャンパスには、最新設備を備えた研究棟・講義棟・学生寮などが整備されています。また、近隣には多くの研究機関が集う筑波研究学園都市があります。キャンパス前のバス停からは、東京駅までの直通の高速バスが運行されており、都心に出るのも便利です。

閉じる

学部

【2019年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度実績】

全学部(フレックスコースを除く)
817,800円(入学料282,000円+前期分授業料267,900円+後期分授業料267,900円)
工学部フレックスコース
408,900円(入学料141,000円+前期分授業料133,950円+後期分授業料133,950円)
※上記納入金に加えて「学生教育研究災害障害保健+学研災付帯賠償責任保険(加入必須:保健期間4年)」(昼間コース4,660円)・フレックスコース2,760円)、「茨城大学教育研究助成会会費」(全コース20,000円)、及び「TOEIC(IP)テスト受験経費」(全コース7,000円)の納入を実施します。

じっくりと学ぶための生活環境をしっかりサポート

【入学料・授業料の免除制度】
入学料免除
1.入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(以下、「学資負担者」という)が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、入学料の納入が著しく困難であると認められる場合
2.学長が相当と認める事由がある場合
3.平成23年3月に発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故、及び平成23年3月以降に指定された災害救助法適用地域における災害の影響により入学料の納入が著しく困難な場合も審査の対象とする。

授業料免除
1.市町村民税所得割額が非課税である世帯
2.学生本人が社会的養護を必要とする者(児童養護施設退所者等)であり、授業料の納入が著しく困難である場合
3. 経済的理由により授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
4.在学生は申請6ヶ月以内(新入生に対する入学した日の属する期分の免除に係る場合には、入学前1年以内)において、学資負担者が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、授業料の納入が著しく困難であると認められる場合
5.その他やむを得ない事情があると認められる場合
6.平成23年3月に発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故、及び平成23年3月以降に指定された災害救助法適用地域における災害の影響により授業料の納入が著しく困難な場合も審査の対象とする。
7.家計状況が急変した場合
※家計支持者の志納や病気等による家計急変により、家計状況が困窮した世帯を対象に「授業料免除」の随時申請が可能です。また、「成績優秀奨学金制度」として、学部の2・3年次の成績優秀学生を対象とした授業料免除を表彰時期に合せて実施(表彰時期:2年次優秀学生・2年次後学期、3年次優秀学生・4年次前学期)。

【奨学金制度】
いずれも人物、学業ともに優れ、経済的理由により修学が困難である学生に対して、本人の願い出に基づき選考のうえ給与・貸与されます。
日本学生支援機構奨学金
無利子の第一種奨学金と、有利子の第二種奨学金があります。本学では約4割の学生がこの奨学金の貸与を受けています。また、非課税世帯等低所得世帯に対する給付奨学金の制度があります。
提携教育ローン
本学独自の経済支援策の一つで、経済的理由で修学に困難がある優れた学生が、有意義な学生生活を送れるように、有利な条件で利用できるよう、常陽銀行、水戸信用金庫との間で、提携教育ローン制度の協定を締結しています。
地方公共団体・公益法人などの奨学金
応募資格、給与金額または貸与金額などがそれぞれで異なります。
本学独自の奨学金
給付型の奨学金として「ウエルシア薬局育成奨学金」があります。また、入学料の全額免除者を対象とした「学研災等保健料給付金」、「TOEIC(IP)テスト受験経費給付金」があり、大学が本人に代わって経費を負担します。
このほか、授業料免除者を対象とした「学内ワークスタディ(授業の合間に大学が募集する事業の業務補助を行うことにより、学生が収入(資金)を得る)」を行っております。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】7847人
【外国籍の学生数】314人
【教員数】740人
【外国籍の教員数】33人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 104人
1か月以上3か月未満 13人
3か月以上6か月未満18人
6か月以上1年未満13人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】14
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】101〜120人
【奨学金給付金額総額】500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

交換留学プログラム

【留学先】アメリカ・その他の州、中国、韓国、台湾、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、オーストラリア、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ブルネイ、マレーシア
【留学期間】その他
【対象人数】1名〜10名
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】出願先により異なる
【問い合わせ先】
URL:http://www.isc.ibaraki.ac.jp/index.html
部署:茨城大学学務部国際交流課
電話番号:0292288593

AIMSプログラム

【留学先】タイ、インドネシア、ブルネイ
【留学期間】3か月以上6か月未満
【対象人数】15名程度
【留学開始時期】2019/08/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】書類審査、面接
【問い合わせ先】
URL:http://ddp.agr.ibaraki.ac.jp/japan/aims/aims.html
部署:茨城大学学務部国際交流課
電話番号:0292288593

国際食産業科学海外講義

【留学先】タイ、インドネシア、マレーシア、ブルネイ
【留学期間】3か月以上6か月未満
【対象人数】25名程度
【留学開始時期】2019/08/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://ddp.agr.ibaraki.ac.jp/japan/aims/aims.html
部署:茨城大学農学部学務係
電話番号:0298888519

閉じる

住環境

本学には5つの学生寮があります。さまざまな個性を持つ学生が、共同生活を通してお互いに切磋琢磨し、社会人としての素養を身に付けることを目的としたもので、経済的負担の軽さが魅力です。
〈水戸キャンパス〉
●水哉寮(男子) ●みずき寮(女子)
〈日立キャンパス〉
●吼洋寮(男子) ●さくら寮(女子)
〈阿見キャンパス〉
●霞光寮(男子・女子)
※寄宿料のほか、運営費、自治会費、NHK受信料などが必要です。

閉じる

クラブ・サークル活動

年次や学部を越えた交流で、キャンパスライフを充実させよう。

体育会系クラブ

アーチェリー部、合気道部、アメリカンフットボール部、オリエンテーリング部、漕艇部、弓道部、剣道部、硬式庭球部、硬式野球部、サッカー部、女子サッカー部、男子ラクロス部、水泳部、スキークラブ、体操競技部、硬式テニス同好会、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、フットサル同好会、野外活動愛好会、陸上競技部、ワンダーフォーゲル部 など

文化系クラブ

アナウンス・ステーション、E.S.S.、SF同好会、演劇研究会、華茶道部、茨城大学管弦楽団、競技かるた会、航空技術研究会、考古学研究会、混声合唱団、自動車部、児童文化研究会、自主映画制作の会、写真部、JAZZ研究会、生物研究会、旅の会、美術部、文芸部、邦楽研究会、放送研究会、漫画研究会、落語研究会 など

閉じる

大学院・併設の大学

大学院

人文社会科学研究科(修士)
文化科学専攻/人間文化コース、コミュニケーションコース
社会科学専攻/法学・行政学コース、経済学・経営学コース、地域研究・社会学コース、地域政策研究(社会人)コース

教育学研究科(修士)
障害児教育専攻、教科教育専攻、養護教育専攻、学校臨床心理専攻、教育実践高度化専攻

理工学研究科(博士前期)
量子線科学専攻、理学専攻、機械工学専攻、知能システム工学専攻、電気電子工学専攻、メディア通信工学専攻、情報工学専攻、都市システム工学専攻、
理工学研究科(博士後期)
量子線科学専攻、複雑系システム科学専攻、社会インフラシステム科学専攻

農学研究科(修士)
農学専攻/アジア展開農学コース(英語開講)、実践農食科学コース、応用植物科学コース、地域共生コース


閉じる

パンフ・願書

茨城大学のキャンパスライフを大学案内でチェックしよう!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

水戸キャンパス

●茨城県水戸市文京2-1-1
JR線「水戸」駅からバス「茨大前」下車

日立キャンパス

●茨城県日立市中成沢町4-12-1
JR線「日立」駅または「常陸多賀」駅からバス「茨大前」下車

阿見キャンパス

●茨城県稲敷郡阿見町中央3-21-1
JR線「土浦」駅からバス「茨大前」下車

閉じる

問い合わせ先

住所

〒310-8512 
茨城県水戸市文京2-1-1(水戸キャンパス)
入学課入学試験係

電話番号

(029)228-8064・8066・8574(直通)

URL

http://www.ibaraki.ac.jp/

閉じる

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ