大学・専門パンフを取り寄せてQUOカードGET

にいがた

新潟大学

国立大学 新潟県

法学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

法学科(180名)

所在地

1~4年:新潟

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●「個人の尊厳」を尊重し、「高い人権意識」を身に付けた人材を育成
●法学を通じて世界とつながる【グローバル人材育成推進事業に採択!】
●現場の本音を聴き、地域をフィールドに実践する

・多彩な演習科目の開講と双方向的・多方向的少人数教育の充実を図っています。
・「現場主義(教育の場をキャンパス内に限定せず、大学を地域社会に出し、職場などの現場で教育活動を行う)」を重視した教育を実施しています。
・地元自治体の長など各界で活躍されている講師による講義や、新潟市役所と連携した講義を行うなど、地域に根差した教育を実施しています。
・自己表現・プレゼンテーション能力(文書作成・口頭発表)開発を重視しています。
・段階別教育目標の設定による入学から卒業までの一貫したカリキュラムを編成しています。
・「問題発見」「課題解決」能力を養成するカリキュラムを編成しています。
・基礎講義科目・基礎演習科目の開講による基礎能力を涵養しています。
・担任制・面談制によるきめ細かな指導をしています。

【キャンパス】五十嵐キャンパス
【学生数】793名(2016年5月1日現在)
【大学院】現代社会文化研究科

法学科

講義・学問分野

【「弁護士」をめざす】
法学の知識をまんべんなく身に付け、法科大学院へ進学する準備をするとともに法科大学院卒後、法曹界のどの分野で活躍したいかを考えて履修する。
リーガル・スタディI・II、リーガル・システムA・B、憲法I、民法I・V、刑法I、憲法基礎演習・民法基礎演習・刑法基礎演習、特殊講義(弁護士と法)、賢人会議、会社法II、労働法I、民事訴訟法I・II、刑事訴訟法I・II、法政演習I・IIほか
【「公務員」をめざす】
公務員試験合格を目標にするとともに、法律に基づいて行われる行政に必要な法学の知識を身に付け、政策担当者に求められる多様な分野について履修する。
リーガル・スタディI・II、リーガル・システムA・B、憲法I、民法I・V、政治学I、刑法I、憲法基礎演習・民法基礎演習・政治学基礎演習、政治学II・III、行政学I、行政法I・II、特殊講義(新潟市の行政)、賢人会議、自治体法、自治体政策論、租税法I・II、社会保障法I、法政演習I・IIほか
【「民間企業」をめざす】
コンプライアンス、知的財産など企業で活躍する者に必要な法的知識を学び、幅広い分野を熟知した実践力を身に付けるための授業を履修する。
リーガル・スタディI・II、リーガル・システムA・B、憲法I、民法I・V・VII、刑法I、憲法基礎演習・民法基礎演習、会社法I・II、特殊講義(企業法務)、国際関係論、賢人会議、特殊講義(企業取引法)、租税法I・II、経済法I・II、労働法I、知的財産法I・II、法政演習I・IIほか

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ