大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET

にいがた

新潟大学

国立大学 新潟県

理学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

理学科(200名)新設
理学科/数学プログラム
理学科/物理学プログラム
理学科/化学プログラム
理学科/生物学プログラム
理学科/地質科学プログラム
理学科/自然環境科学プログラム
理学科/フィールド科学人材育成プログラム新設

所在地

1~4年:新潟

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●全ての理系分野の研究は“理学”の基礎研究が支える
●基礎から体系的に学べる安心のカリキュラム
●全国の大学が利用する佐渡島の附属教育施設

学生の個性を伸ばし、学業と人格形成の両面で自信と誇りを持つことができる人材を育てます。
1.自然系共通専門基礎科目(数学、物理学、化学、生物学、地学)で自然科学の基礎学力を養う。
2.理学の各分野において、系統的・段階的に編成された授業体系で専門性を高めるとともに、知識の統合的把握の能力を養う。
3.情報科学の基礎と活用能力を身に付ける。
4.表現能力とコミュニケーション基礎能力を鍛え、国際交流の視点を養う。
5.授業科目「科学・技術と社会」で科学者倫理を専門の視点から学ぶ。
6.課題研究で問題解決能力を養う。
7.社会との連携を重視したインターンシップを行う。

【キャンパス】五十嵐キャンパス
【学生数】877名(2016年5月1日現在)
【大学院】自然科学研究科

理学科新設

講義・学問分野

7プログラム

※2017年4月開設

閉じる

理学科/数学プログラム

講義・学問分野

解析学、実解析学、複素解析学、関数解析学、代数学、幾何学、微分幾何学、トポロジー、統計学、応用数学、プログラミング、アルゴリズム など

閉じる

理学科/物理学プログラム

講義・学問分野

【講義】
現代物理学、量子力学、統計力学、電磁気学、古典力学、物理数学、物理学実験 など 
【学問分野】
素粒子・原子核・宇宙物理学、物性物理学(各分野とも理論および実験) など

閉じる

理学科/化学プログラム

講義・学問分野

化学基礎A、分析化学、無機化学、有機化学、物理化学、量子化学 など

閉じる

理学科/生物学プログラム

講義・学問分野

細胞生物学、生物化学、発生生物学、動物生理学、植物生理学、分子生物学、遺伝学、系統動物学 など

閉じる

理学科/地質科学プログラム

講義・学問分野

【学問分野】
鉱物学・岩石学・地層学・古生物学・構造地質学そして応用地質学(土木・資源・災害分野)など、地質学全体を広くカバーしています。
【講義】
鉱物学、岩石学、地層学、古生物学、テクトニクス、構造地質学、環境地質学、土木地質学、石油地質学、野外実習、地質調査法、フィールド体験実習 など

閉じる

理学科/自然環境科学プログラム

講義・学問分野

自然環境を理解するための理学の基礎(物理、化学、生物、地学)と、より専門分野の地球科学、環境生物学、物質科学 など

閉じる

理学科/フィールド科学人材育成プログラム新設

講義・学問分野

海洋・気象学、地形・地質学、生態・森林再生・保全学、防災学 など

※農学部と連携した学部横断型プログラム
※2017年4月開設

閉じる

学部の特色

全ての理系分野の研究は“理学”の基礎研究が支える

現代の科学技術の進歩は速く、先端的分野は絶えず進化と変化を続けています。このような時代であればあるほど「基礎的学問」は力を発揮するのです。なぜなら、「全ての基礎となる学問」は、科学技術の進化や変化に柔軟に対応することができるからです。いうなれば理学部は、最新の応用科学に『強い』学部なのです。
さらに、本学部では、この強みを伸ばすことに加え、専門分野を横断して課題に取り組む力も養えるよう、分野横断型の新しい理学教育を実施します。このために、本学部では理学科1学科で7プログラム(数学プログラム、物理学プログラム、化学プログラム、生物学プログラム、地質科学プログラム、自然環境科学プログラム、フィールド科学人材育成プログラム)からなる教育のしくみを作り、理学のほとんどすべての分野をカバーしています。

閉じる

基礎から体系的に学べる安心のカリキュラム

大学での学習は高校までとは大きく異なる面があります。大学での学習に対応できるよう、1年生の1学期に学習方法を学びます。これにより高校から大学、大学院への接続に配慮し、専門分野の基礎知識から、より深化した研究への道筋が明確になります。本学部は講義、演習、実験、実習、セミナーなど、きめ細かい教育により、一人ひとりの興味・関心、個性を伸ばす体制をとっています。
カリキュラム(教育課程)では、専門分野の基礎に加えて教養を重視し、総合的な判断力、応用力と高い倫理観などを身に付けることに配慮しています。
自然系共通専門基礎科目
自然系の学問を学ぶためには、数学、統計学、物理学、化学、生物学、地学の基礎を十分に固めておく必要があります。高校までの学習では不十分であったり、まだ履修していない学習範囲である場合も含めて、本学部の学生として必要な共通基礎科目を1年生から体系的に学びます。
専門科目
自然系共通専門基礎科目のうえに、各プログラムでさらに進んだ専門科目を深く学びます。

閉じる

全国の大学が利用する佐渡島の附属教育施設

本学部附属の教育研究施設である「理学部附属臨海実験所」は、新潟県佐渡島の西北にあり、全学部対象の臨海(野外)実習を開講しています。磯や砂浜では、基礎的な海洋生物学実習に加え、森里海の生態系のつながりを学ぶ野外生態学実習や海洋動物の生理機能や行動のしくみを学ぶ生理生態学実習を行い、生殖内分泌学、神経内分泌学、行動生態学に関する研究を行っています。
2013年度には、文部科学省「教育関係共同利用拠点」に認定され、全国の大学から臨海実習を受け入れています。

閉じる

学べること

理学科/数学プログラム

科学を支える数学的思考と手法を学ぶ

数学は、あらゆる科学的対象が持つ数理的構造を根源的・抽象的に研究する学問です。 古代ギリシャにおいては科学の誕生とともに生まれ、その発展の歴史の中で、進化し深められ、精緻で壮大な知的体系をつくり上げてきました。そしてその成果は多くの科学の分野に応用されています。特に近年のコンピュータの爆発的発展は、科学における数学の位置をさらに重要なものとしています。
本プログラムでは、科学の基礎を支える純粋数学に加え、純粋数学を基礎とした応用数学を学ぶことも可能です。

閉じる

理学科/物理学プログラム

森羅万象、自然界の謎に挑む

物理学は、自然界に起こる現象の奥に潜む法則を観察事実と照らし検証するもの。ガリレイやニュートンらによって物理学の方法が確立し、それからの物理学の発展には目覚ましいものがあります。素粒子、原子核や原子分子の極微の世界から壮大な宇宙までを対象にして、物質は何からできているのか、宇宙の始まりはどのようにして起こったかを探究します。
本プログラムでは、古典物理学から現代物理学の基礎までをしっかり身に付けるため講義、実験、演習や少人数ゼミを設置しています。副専攻を利用して、医学物理を学ぶこともできます。

閉じる

理学科/化学プログラム

化学が拓く物質世界の未来

化学は、宇宙空間から人間の体内まで広範囲にわたって存在する物質の特性や反応性の原因を探究し、物質世界の基盤を明らかにしながら、これまでには存在しなかった新しい機能を持つ物質を創成していく自然科学です。化学が対象とする物質は無限の可能性と多様性を秘めています。原子核から無機・有機物質、DNAに代表される生体高分子物質などの構造や反応を、原子・分子レベルで解明し、新規材料の合成プロセス開発や機能物質創生について学びます。

閉じる

理学科/生物学プログラム

生きものの世界の謎に挑む

生物学は、「動物の腹と背中がどういうしくみで決まってくるのか」「植物が光に向かってどのようにして伸びていくのか」などの生命現象の研究を行う学問分野で、医学や農学などの基礎にもなっています。生物学プログラムでは少人数教育の特徴を生かし、動物・植物のどちらかに偏ることなく、遺伝子・タンパク質や糖鎖などの生命分子から、細胞の構造や機能、生物の発生・形態形成などを学ぶための講義や実習を行っています。卒業研究では、「動植物の細胞の中でいろいろな物質がどのように運ばれ、決められた場所で働いているか」「特定の機能を持つ細胞はどのようにして分化してくるか」「自分と異なる細胞はどのように見分けられるのか」などの研究に取り組むことができます。

閉じる

理学科/地質科学プログラム

地質を探り、地球のしくみを解き明かす

地質学は、地球の発展過程や変動のメカニズムを解明するうえで大きな役割を果たしてきました。鉱物資源や石油・地熱などのエネルギー資源の探鉱や開発のための基礎科学でもあり、土木・建設工事の基礎地盤調査や、地震・火山・地滑りなどの自然災害の予測や制御を進めるうえでも重要な基礎科学となっています。
本プログラムは、地殻・マントルを構成している地層、岩石・鉱物の性質、生物進化、地球環境変動のメカニズムなどを研究対象として、少人数教育できめ細かい指導と研究に取り組んでいます。また本プログラムの学生は、学内の災害・復興科学研究所と連携した教育も受けられます。

閉じる

理学科/自然環境科学プログラム

多角的な視点で自然環境を捉える

自然環境のしくみや変動を解き明かすには、自然現象を理学の多角的な視点から総合的に捉える能力が不可欠です。本プログラムでは、物理学、化学、生物学、地学の基礎を身に付けたうえで、自然環境を理解するうえで重要となる物質科学、地球科学、環境生物学などを学ぶカリキュラムが組まれています。また、豊かな自然観を養うために、さまざまな分野の実習や実験科目を履修し、環境社会学も学びます。これらを通して、自然環境でのさまざまな現象の解明に向けて新たな理学的発想で探求できる人材や、生態系や環境保全の方面で活躍できる人材を育成します。

閉じる

理学科/フィールド科学人材育成プログラム

フィールド科学の学びと実践

地球環境の諸問題を解決するには、座学のみならずフィールドについての学びと体験が不可欠です。本プログラムは、理学部と農学部の教員が協働で講義や実習を担当する新しい学部横断型プログラムで、海洋・気象学、地形・地質学、生態・森林再生・保全学および防災学にまたがる多彩なフィールド科学分野の講義および実習科目が豊富に用意されています。これらの豊富な科目群の学修やフィールドでの実習体験を通して、野外のさまざまな場面での問題解決に必要な科学的知識と実践的な技術を身に付けることができます。環境、建設、水産などの多方面にわたって野外で活躍できる理系人材を育成します。

※2017年4月開設

閉じる

アドミッションポリシー

理学部の教育理念・目標

理学には、二つの役割が期待されています。
1.「なぜ?」という知的な興味から真理を探究し、数のさまざまな法則やミクロな世界から宇宙に至るまでの自然の仕組みを明らかにすること
2.得られた知識や理論を活かし、先端的な情報技術の開発、新しい機能を有する素材の創生、生命生存に適した環境の保全・創造というような広い応用分野に基礎分野から貢献すること
本学部では、このような期待に応えるため、次のような目標を掲げています。
・広い視野と深い教養、豊かな人間性と高い倫理観を備え、課題探求能力と総合的判断力及び国際性、社会性を身につけた人材を育成する
・基礎科学を生かし、産業や教育の分野において地域社会や世界に貢献できる人材を育成する
・基礎科学を継承すると同時に、その発展を担う人材を育成する

閉じる

理学部の教育内容・特色

理学科での学修は、数学と理科の全分野に対応した7つの主専攻プログラム(数学プログラム、物理学プログラム、化学プログラム、生物学プログラム、地質科学プログラム、自然環境科学プログラム、フィールド科学人材育成プログラム)からなります。それぞれの主専攻プログラムでは、数学や理科の体系的教育を通して、理学全般の基礎と主専攻の専門的知識を身に付けるとともに、種々の現象を理論や実験を通して理解し、的確に表現できる能力を身に付けます。また、充実した野外実習科目を通して、野外のさまざまな場面で必要となる知識と技術と、それらを統合して多様な分野のフィールド活動に応用できる能力を身に付けます。特に地質科学プログラムとフィールド科学人材育成プログラムではフィールド教育に重点が置かれます。
入学後は、入試の試験区分や選抜方法によらず、理学科の学生として理学の基礎教育を受け、理学の全体像を把握した後、2年次半ばに各主専攻プログラムへ移行します。
数学、物理学、化学、生物学、地質科学の各主専攻プログラムでは、主専攻の専門性を深める専門力プログラムと、主専攻だけでなく他専攻との学際分野も学ぶ総合力プログラムのいずれかを選択して履修します。自然環境科学プログラムでは、専門性を深めるために必要となる多分野の理学的知識を身に付ける専門力プログラムを履修し、またフィールド科学人材育成プログラムでは、理学部と農学部の授業を取り入れた独自のプログラムを履修します。
以上の各プログラムによって、それぞれの分野のエキスパートとして社会における諸問題に的確かつ柔軟に対応し解決する能力を育成します。

閉じる

求める学生像

理学科は、理論、実験、あるいは野外観察の知識と方法の習得を通じて能動的な学習態度を身に付け、さらに習得した知識と方法を実践することによって、より高度な専門的課題や社会の諸問題に臨機応変に対応し、解決できる能力を身に付けたいと考える人を求めています。
特に、数学や理科に興味を持つとともに他分野への応用にも関心がある人、数理や自然の法則の探求に興味を持って取り組む人、また、理学の各専門分野に意欲的に取り組む人、そして、さまざまな個性や多様な能力を生かして、自らを成長させ、社会に貢献したいと考えている人を積極的に求めています。
入学後の学修のため、数学は下記の科目の内容を履修していることが望まれます。また理科は、下記の科目のうち複数の科目およびその基礎科目の内容を履修していることが望まれます。
数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B
理科:物理、化学、生物、地学

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】新潟市西区五十嵐2の町8050番地
TEL.(025)262-6106
理学部学務係
 【URL】http://www.sc.niigata-u.ac.jp/sc/renewal/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ