大学入試センター試験の最新情報をお届け!

にいがた

新潟大学

国立大学 新潟県

農学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

農学科(175名)
農学科/応用生命科学プログラム
農学科/食品科学プログラム
農学科/生物資源科学プログラム
農学科/流域環境学プログラム
農学科/フィールド科学人材育成プログラム

所在地

1~4年:新潟

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●学部改組による専門的教育の充実
●社会の要請に応える5つの主専攻プログラムと、国際的視野を身に付ける教育
●実学を就業や大学院進学につなげる支援体制

21世紀における「持続的な農業の発展と環境の保全」をめざしています。
【総合的な教育研究を弾力的に推進・発展させるための目標】
1.生物生産産業の発展、自然環境との共生に向けて、最新のバイオテクノロジーや情報科学などの科学技術を導入し、多様化する社会の要請に柔軟に応える教育・研究体制の確立
2.地域農業の生産性の向上や農林業を基幹とした農山村の振興などに貢献する教育研究
3.国際的な視野を持ち、基礎科学と応用技術を活用できる人材の養成
4.学際的な研究の活性化および地域貢献型プロジェクト研究の推進

【キャンパス】五十嵐キャンパス
【学生数】717名(2017年5月1日現在)
【大学院】自然科学研究科

農学科

講義・学問分野

5プログラム(応用生命科学プログラム、食品科学プログラム、生物資源科学プログラム、流域環境学プログラム、フィールド科学人材育成プログラム)

閉じる

農学科/応用生命科学プログラム

講義・学問分野

【講義】
生物化学、有機化学、分析化学、微生物学、遺伝子工学、土壌学概論、植物栄養生理学、植物バイオマス利用科学、植物細胞工学、細胞分子生物学 など
【学問分野】
微生物・動植物にかかわる化学と、生物を中心としたバイオサイエンス、バイオテクノロジー、ゲノムサイエンス など

閉じる

農学科/食品科学プログラム

講義・学問分野

食品の原材料・加工・栄養・機能・分析・安全性・マーケティング、食品成分・栄養素などの化学的基礎 など

閉じる

農学科/生物資源科学プログラム

講義・学問分野

バイオテクノロジー、動植物・食料資源の利活用、食料・資源経済学 など

閉じる

農学科/流域環境学プログラム

講義・学問分野

持続的な森林管理と生態系の保全、食料生産の基盤整備、情報ネットワークの活用 など

閉じる

農学科/フィールド科学人材育成プログラム

講義・学問分野

野生動植物の生態や保全、里地里山の自然再生、自然災害のメカニズムや自然環境に配慮した防災・減災・災害復興の知識や技術、地形・地質学、気象学 など

※理学部と連携した学部横断型プログラム

閉じる

学部の特色

学部改組による専門的教育の充実

農学は「生命」・「食料」・「環境」を支える総合科学です

2017(平成29)年度より新潟大学農学部は1学科体制になり、入学定員が155名から175名に20名増員されました。また、新学科 (農学科)の中に5つの主専攻プログラムを設けて専門的な教育を行い、我が国のみならず、広く世界で活躍できる人材を養成します。

閉じる

社会の要請に応える5つの主専攻プログラムと、国際的視野を身に付ける教育

本学部では多様化する社会の要請に柔軟に対応できる素養と国際的な視野を身に付けた人材を育成するために、以下のような特徴を有する教育を行います。
● 社会の要請、時代の変化に対応した5つの主専攻プログラムを設置しています。
● 入学後に学部共通基礎科目を履修し、農学の多様な分野の教育・研究に触れてから主専攻プログラムを選択することができます。
● 主専攻プログラム選択後、基礎から応用までの講義・実験・実習科目を順次履修することにより、社会から期待されるスキルレベルを獲得できるようになります。
● 企業や研究機関などで実習や見学を行う体験型キャリア教育プログラムを各学年に配置し、就業力を段階的に育成しています。
● 世界で活躍できる人材を育成するために、英語で開講する科目や英語でのプレゼンテーションスキル獲得、海外語学研修などのグローバル科目を積極的に導入しています。
● 新潟県の自然と新潟大学の特色を生かした学部横断型主専攻「フィールド科学人材育成プログラム」を農学部と理学部が共同で設置しています。

閉じる

実学を就業や大学院進学につなげる支援体制

本学部では、学生の皆さんが自身の適性や生き方を自ら考え、積極的に就職活動に取り組めるように、または大学院に進学できるように、以下のような支援活動を行っています。
◆7名の教員から構成される就職専門委員会とそれを支援する学務係事務職員を配置し、普段から学生の進路設計・就職に関連した相談に応じる体制を整えています。
◆各学年の就職活動に合わせて、本学部独自の就職・進学ガイダンスや講演会を開催しています。
◆地域交流サテライト実習、産業界などから講師を招いての実務者教育、インターンシップ(体験型&課題解決型)を用意し、就業力を段階的に育成しています。

こうした体制の下、本学部の卒業生の就職率は98~100% という高い水準になっています。

閉じる

学べること

農学科

特色ある5つの主専攻プログラム

農学は「生命」「食料」「環境」を支える総合科学です。農学部では、農学科1学科のもと、次の5つの主専攻プログラムを設けています。2年次の2学期から、それら5つの主専攻プログラムに分かれ、専門的な知識と技術を修得します。

【授業・講義】
新潟の農林業

1年次学生を対象に、新潟の農林業の特徴や課題を多面的に解説します。稲作、園芸、畜産、林業そして農村・中山間地のカテゴリーの下、最新のトピックスもふまえさまざまな知識に触れることで、今後の学びのきっかけを広く得ることができます。

閉じる

農学科/応用生命科学プログラム

生命現象と応用関連分野を研究

最新のバイオサイエンス・バイオテクノロジー・ゲノムサイエンスなど、微生物・植物・動物の生命現象とその応用に関する高度な専門知識と実験技術を幅広く修得した、化学(医薬品、化粧品、化成品等)・食品・環境・農業・エネルギーなどのバイオ関連分野で活躍できる人材を育てます。

【授業・講義】
生物化学実験

酵素、タンパク質、アミノ酸、遺伝子、デンプン、脂質などに関する生物科学の基本的実験操作法を習得します。

閉じる

農学科/食品科学プログラム

食品に関わる先端的な研究と開発

現代の食品には、栄養価、美味しさ、健康など多様な機能が求められています。そこで食品成分・栄養素などの化学的基礎から、食品の原材料、加工・機能・機能性・安全性・マーケティング、さらに免疫など、現代の食の課題解決に至る高度な知識と技術を学びます。これにより、食品関連企業や公的研究機関で、研究者や技術者などとして活躍できる人材を育てます。

【授業・講義】
食品化学

食品の製造には、さまざまな化学変化が必要であり、製造後も食品成分は絶えず変化し続けています。この授業では、食品成分の化学変化と食品の調理・加工・保存・悪変等の関係について関係について具体的な例を挙げながら解説します。

閉じる

農学科/生物資源科学プログラム

動植物・食料資源の先進的利活用をめざす

農畜産物の品質と生産性の向上、環境にやさしい農業の実現、および農山村地域の発展に貢献できる幅広い専門知識と技術をもつ人材を育てます。そのために、動植物におけるバイオテクノロジーなどの先端技術の開発・応用や、国際的な視点も有した農山村資源の総合的な利活用などに関する教育研究を行っています。

【授業・講義】
食料資源経済学

世界の食料受給の状況や食料に関する生物資源の適切な利用と管理、バイオテクノロジーの利用、食品の安全性問題に焦点をあて、開発途上国および先進国が直面する問題を明らかにします。

閉じる

農学科/流域環境学プログラム

自然環境と調和した豊かな人間生活の創出

地域の自然環境と調和した持続的な農林業の営みを可能にするための森林や野生動植物の保全、農業支援システム、水や土の保全に関する幅広い専門知識と技術をもつ人材を育てます。専門知識を学ぶ座学のほかに、野外での実習・演習科目も多く、実際に目で見て、体を動かして学ぶことができます。

【授業・講義】
流域環境GIS

GISとは「地図をコンピュータで扱うためのシステム」。より厳密には「地理空間情報を扱うためのシステム」です。この科目では、流域環境、農業、林業を念頭においたGISの利用について学びます。

閉じる

農学科/フィールド科学人材育成プログラム

生態学、環境動態、災害科学を実践的に学ぶ

理学部と農学部の教員が協働で授業や実習を担当する学部横断型プログラムです。生態・森林再生・保全学、海洋・気象学、地形・地質学、自然災害科学・砂防学・防災学など多彩なフィールド科学分野の講義および実習科目が用意されています。これらの豊富な科目群の学修やフィールドでの実習体験を通して、野外のさまざまな場面での問題解決に必要な科学的知識と実践的な技術を身に付けます。

【授業・講義】
フィールドワーカーのためのリスクマネジメント実習

野外でフィールドワークを安全かつ確実に行うために必要な、天気の読み方、地図の読図法、救急救命法、木登り調査法、露営法、ロープワークなど野外での調査遂行に必要な技術を正確に習得し、困難な野外調査でも、自力で安全に遂行できるようなリスクマネジメント能力を身に付けます。

閉じる

アドミッションポリシー

農学部各主専攻プログラムの求める学生像

【応用生命科学プログラムの求める学生像】
化学と生物学を基盤とし、最新のバイオサイエンス・バイオテクノロジー・ゲノムサイエンス等、微生物・植物・動物の生命現象とその応用に関する高度な専門知識と実験技術の修得に強い関心のある人。
【食品科学プログラムの求める学生像】
現代の食品に求められる栄養価、美味しさ、健康など多様な機能を理解できる化学や生物の基礎学力を持ち、食品成分の化学的基礎から、食品の開発、製造、販売まで食に関する幅広い分野に強い関心のある人。
【生物資源科学プログラムの求める学生像】
動植物の遺伝子から個体を取り巻く環境までを理解し、生物資源の利活用におけるバイオテクノロジーや先進的技術の開発と応用に挑戦する意思を持ち、さらに国際的視点を持ちながら食料生産や農山村地域の持続的発展に強い関心のある人。
【流域環境学プログラムの求める学生像】
河川上流の森林地帯から中山間地を経て下流の平野部に至る流域を対象とし、地域の自然環境と調和した持続的な農林業の生産活動に強い関心のある人。
【フィールド科学人材育成プログラムの求める学生像】
野生動植物の生態や保全、自然災害発生のメカニズムや自然環境に配慮した防災・減災対策・災害復興の知識や技術の修得と、多様なフィールドでの実践活動に強い関心のある人。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】新潟市西区五十嵐2の町8050
(025)262‐6605(学務係)
 【URL】http://www.agr.niigata-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ