×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

きたさと

北里大学

私立大学 神奈川県/青森県/東京都

理学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

物理学科(53名)
化学科(80名)
生物科学科(80名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●最先端の科学技術を推し進め、自ら考え未来を切り開く
●「分子」をキーワードに、物理・化学・生物の3分野の基礎を横断的に履修する
●最先端の実験・研究設備で着実に基礎知識・技術を修得する

物理学科、化学科、生物科学科の3学科で構成され、最先端の実験・研究設備で基礎知識を身に付けます。「分子」を共通の言葉として物理、化学、生物を学び、融合した手段・思考を駆使して生命科学へ挑戦できる人材を育成します。

【キャンパス】相模原キャンパス
【学生数】905名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】52名(2019年5月1日現在)
【大学院】理学研究科(M/D)

物理学科

講義・学問分野

物理学全般

閉じる

化学科

講義・学問分野

化学全般

閉じる

生物科学科

講義・学問分野

生物学全般

閉じる

学部の特色

最先端の科学技術を推し進め、自ら考え未来を切り開く

無限大の宇宙から極微細な素粒子まで、すべての自然現象に対してその原理や法則を探究するのが「理学」という学問分野です。物理学科、化学科、生物科学科の3学科構成で、自然科学の基盤を確立するための教育・研究を展開。自ら探究し答えを導き出す理学ならではの学びにより、変化に柔軟に対応する力を身に付けます。

閉じる

「分子」をキーワードに、物理・化学・生物の3分野の基礎を横断的に履修する

「分子」を共通の言葉として物理、化学、生物の基礎を学びます。また、所属学科以外の分野の基礎知識や、すべての基礎となる数学を学ぶことによって、理学を総合的に理解。分子レベルで自然現象を読み解く多様な手法や思考を融合し、それらを駆使して現代科学の大きな課題である生命のサイエンスに挑戦できる人材をめざします。

閉じる

最先端の実験・研究設備で着実に基礎知識・技術を修得する

最新鋭の実験機器や設備・装置が整えられ、それら研究レベルの高度な最新機器を、授業の実験の中でも使うことができます。1年次の基礎実験はもちろん、2年次以降の専門分野の実験や卒業研究まで、常に充実した環境で実験を行うことで、着実に理学の基礎を身に付けることができます。

閉じる

学べること

物理学科

物理学・数学の基礎をマスターし、物理の視点で物質・数理・情報・生命の科学に取り組む

物理学科では、広大な宇宙で起きている現象からミクロな生命現象まで、さまざまな現象にひそむ真理に迫り、実験や数理モデル、計算機によるシミュレーションといった手法を駆使して、自然界の法則性を解明していきます。

〈1・2年次はコアカリキュラムを履修〉
1・2年次に、物理学・数学の基礎をマスターするための「物理コア・カリキュラム」を導入。高等学校での数学、物理の履修状況も配慮し、グループでの実験・演習による徹底した少人数教育を行います。学生一人ひとりの理解度を把握しながら授業を進め、また必要に応じて習熟度を客観的に確認します。そのほか、情報科学や生命科学の基礎科目も学びます。
 
〈3年次では選択科目により専門分野の理解を深める〉
3年次からはアドバンスト・コースとして、物質科学、数理科学、情報科学、生命科学の選択科目が展開され、学生の興味や将来の目標に合った分野の学習に集中的に取り組むことができます。他学科の講義や化学・生物学の実験を通して、理学系の領域全体を広く履修することも可能です。

閉じる

化学科

化学の基礎を理論と実験で修得し、新しい物性や機能をもつ化合物の開発に挑む

化学は物質について総合的に研究する学問です。現代化学に求められる能力は、「分子レベルの設計により目的にあった物性や機能をもつ化合物を創り出し、その反応を明らかにする」こと。化学科では、こうした役割を果たすために必要な専門知識や技術を体得することを勉学の目標としています。理学の理論をしっかりと把握したうえで、さまざまな化学領域で物質の構造や機能、反応について理解します。

〈物理学や生物学などの隣接分野も多数配置〉 
カリキュラムとしては、1~3年次までに無機・有機・物理化学など幅広い化学の基礎を身につけます。基礎的な化学実験も1年次から始まります。物理学や生物学といった他学科の科目も履修できるので、隣接する学問分野の基礎知識や実験能力を身に付けることも可能です。3年次になると、選択科目の幅も増え、さまざまな化学の領域をより専門的に学んでいきます。4年次には研究室に所属し、自分の卒業研究をまとめていきます。

閉じる

生物科学科

生物学から基礎医学まで幅広く学べる科目群で、生命現象を分子のレベルで理解する

生物科学についての深い知識と高度な専門研究の技法を身に付け、生物学や基礎医学の分野で最先端の研究を担える人材の育成を目標としています。遺伝子の構造や機能から、発生・免疫・記憶・行動といった生命の活動まで、分子のレベルで探究します。

〈充実した実習と豊富な専門科目を用意〉
最新のLAN や液晶プロジェクターを備えた講義室での講義と、セルソーターなど先進的な装置や自由に操作できる顕微鏡を備えた実習室での実験を両輪とするカリキュラムが用意されています。4年生で各研究室に配属となりますが、1〜3年生も各研究室を訪ねて質問する姿が見られるのは生物科学科ならではです。

閉じる

アドミッションポリシー

選抜者基本方針

理学部は、自然科学の基礎知識に立脚して社会の広い分野において研究者・専門技術者・教育者として活躍できる人材、また大学院でさらに高度な教育を受けるための能力を有する人材を養成することを目的としています。入学者の受け入れにおいては、高校までの基礎学力と、これに基づく筋道立った思考力を備え、かつ知的好奇心が旺盛な入学者の選抜を行うことを基本方針としています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】神奈川県相模原市南区北里1-15-1
理学部事務室入試係
(042)778-9172
 【URL】http://www.kitasato-u.ac.jp/sci/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ