×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

せいけい

成蹊大学

私立大学 東京都

経済学部の詳細情報新設

※2020年4月開設

学科・定員・所在地

学科・定員

経済数理学科(80名)新設
※2020年4月開設
現代経済学科(150名)新設
※2020年4月開設

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●変化する社会が求める学びを専門性を高めた学部体制で究める
●世界基準の経済分析の専門家や金融機関のアナリストをめざす
●新規事業の営業や地域の活性化など課題解決・克服力が生きる職種をめざせる

2020年4月、経済数理学科と現代経済学科の2学科からなる新しい学部に再編成された経済学部。経済数理学科は、経済分析やデータの統計処理によって、経済問題の本質を理解し、解決に導く方法を社会に提案できる人材を養成。現代経済学科は、学んだ経済学の知識を、現代社会の問題発見につなげていく実践力・応用力を備えた人材を養成します。

【キャンパス】東京(1~4年)
【学生数】ー
【専任教員数】ー

経済数理学科新設※2020年4月開設

講義・学問分野

基礎ゼミナール、ミクロ経済学、プログラミング演習、理論・計量ワークショップ、マクロ経済学、ゲーム理論、国際経済学、都市経済学、計量経済学、Advanced Microeconomics、公共経済学 など

閉じる

現代経済学科新設※2020年4月開設

講義・学問分野

フィールドワークの技法、社会調査の技法、実践ゼミナール、初級ミクロ経済学、社会経済地理学、産業組織論、国際経済学、初級統計学、地域経済史 など

閉じる

学部の特色

変化する社会が求める学びを専門性を高めた学部体制で究める

社会における経済活動のあり方を研究する学問が経済学です。社会を豊かにするための効率性を求めるとともに、その豊かさを公平に分かち合いつつ、次世代に受け継いでいくためにはどうしたら良いのでしょう。経済のグローバル化が進む中で、今まで以上に、経済社会のさまざまな問題点が露呈しています。本学部では、経済学の基礎から応用までをしっかりと学ぶとともに、時間軸や空間軸、経済を支える制度や文化の多様性などに目を配りつつ、分析力を高めて、社会の問題を解決するために、私たちがいかに行動したら良いのかを考えていきます。

閉じる

経済学部が求める人物像

世界基準の経済分析の専門家や金融機関のアナリストをめざす

経済数理学科では、計量経済学をはじめとする講義やゼミを通じて、データ収集・解析のための統計的思考力とプログラミング技能の修得をめざします。学びの基盤となるミクロ経済学・マクロ経済学・計量経済学は、いまや「世界基準の学問」で、工夫を凝らしたカリキュラムにより、これらの知識を無理なく身に付けることができます。問題の解決方法を提案できる人材へと成長した卒業後の進路としては、経済分析や情報処理の能力を生かしたエコノミスト、データ分析の専門家をはじめ、金融機関のアナリスト、経済政策関連の国家・地方公務員、政府・民間シンクタンクの研究員などが想定されます。

閉じる

新規事業の営業や地域の活性化など課題解決・克服力が生きる職種をめざせる

現代経済学科では、地域コミュニティ経済領域、グローバル経済領域の2つのプログラムから多角的に社会問題を考察します。実際に現場に赴いてデータを収集・分析し、原因を明らかにする「虫の目」を持ち、他者と協働しながら、客観的・批判的に社会問題を直視していきます。卒業後は、新規事業の営業や企画立案に携わる職種、経済を中心に社会問題の分析を行うジャーナリスト、公共施策の立案や評価に携わる国家・地方公務員などとしての活躍が期待されます。

閉じる

学べること

経済数理学科

社会問題解決のために経済数理モデルの構築と分析力を身に付ける

本学科では、特に数理的側面にスポットをあてつつ、ミクロ経済学とマクロ経済学の二つの経済学を系統的に学びます。これらを通して、経済数理モデルを構築して分析する手法を身に付け、国際貿易・企業間競争・金融マーケットなど諸分野の研究や、少子高齢化・環境・不平等などの社会問題の解決に応用します。
また、計量経済学をはじめとする講義やゼミの中で社会にあふれる膨大なデータを収集・解析するための統計的思考力とプログラミング技能を修得します。

閉じる

現代経済学科

多角的な視点から持続可能な社会の形成について学ぶ

本学科では、地域コミュニティ経済領域、グローバル経済領域の2つのプログラムから多角的に現代の社会問題を考察し、自らが関わる地域社会が抱える課題の解決を導く、持続可能な社会の形成について学びます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
アドミッションセンター
(0422)37-3533

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ