とうほう

東邦大学

私立大学 東京都/千葉県

理学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

化学科(80名)
生物学科(80名)
生物分子科学科(80名)
物理学科(70名)
情報科学科(100名)
生命圏環境科学科(60名)

所在地

1~4年:千葉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●基礎から応用に対応した6つの学科で、枠組みを越えた研究を展開。自然科学の土台を支え最先端分野を切り拓く力を身に付ける
●希少で高価な最新の設備・機器を扱える充実した環境だから、就職後の最新機器の取扱いにも不安がない
●就職率が高く、理科教員の採用合格者数は県内トップ!首都圏私立理学部唯一の臨床検査技師課程も設置され、将来の選択肢が広がる

伝統的に学生と教員の親密なコミュニケーションがあり、学生の自主性を尊重した指導を実施。このため研究への取組みの姿勢や考え方を肌で感じることができます。他学部との共同研究や外部の研究機関との連携を推進していることを大きな特色とし、最先端分野の研究に触れる機会にも恵まれています。

【キャンパス】習志野キャンパス
【学生数】2082名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】109名(2017年5月1日現在)
【大学院】理学研究科/化学専攻(M/D)、生物学専攻(M/D)、生物分子科学専攻(M/D)、物理学専攻(M/D)、情報科学専攻(M/D)、環境科学専攻(M/D)

化学科

講義・学問分野

地球化学、機能性高分子化学、無機・分析化学演習、生物学、有機化学、物理化学、基礎化学実験、物理学、情報科学概論、 無機化学、分析化学、有機化学演習、物理化学演習、無機・分析化学実験、物理学実験 など

閉じる

生物学科

講義・学問分野

分子生物学、分子生理学、細胞・組織学、一般化学、物理学実験、生物科学実験法、物質生化学、代謝生化学、生化学実習、微生物学、生理学、遺伝学実習、バイオテクノロジー研究法、解剖学実習、野外生態学実習 など

閉じる

生物分子科学科

講義・学問分野

系統生物学、放射線生物学、細胞組織学、分子遺伝学、遺伝子工学、情報生物学、応用微生物学、分子医学概論、免疫学、有機分析法、バイオインフォマティクス、細胞遺伝学、生化学・遺伝子工学演習、野外実習 など

閉じる

物理学科

講義・学問分野

力学、物理学実験、基礎数学演習、物理学概論、電磁気学、物理数学、量子力学、量子力学演習、熱・統計力学、熱・統計力学演習、原子核物理学、物理光学+、レーザー物理学+、銀河天文学、素粒子物理学、高エネルギー物理学 など

閉じる

情報科学科

講義・学問分野

メディア生命科学概論、CGプログラミング、人工知能・神経回路理論、ファイナンス数学、コンピュータグラフィックス、コンピュータネットワーク、ソフトウェア工学、医療情報学、生体情報工学、情報科学実験 など

閉じる

生命圏環境科学科

講義・学問分野

自然環境科学概論、環境科学体験実習、海洋生態学、地球・惑星科学、地球システム論、エネルギー通論、環境マネジメント、環境リスク評価、熱力学、廃棄物資源循環工学、スポーツ健康科学、環境科学海外研修 など

閉じる

学部の特色

学科の枠組みを越え最先端分野を研究

基礎から応用に対応した6つの学科で、枠組みを越えた研究を展開。自然科学の土台を支え最先端分野を切り拓く力を身に付ける

自然科学の各分野の枠組みを越え、相互に影響を与え合うことで生まれた応用分野が注目されています。本学部では、化学・生物学・生物分子科学・物理学・情報科学・生命圏環境科学の6学科を設置。自然科学の土台を支え、最先端分野の発展に貢献できる人材を育成します。

閉じる

最先端分野における活発な研究活動を総合的に支援

希少で高価な最新の設備・機器を扱える充実した環境だから、就職後の最新機器の取扱いにも不安がない

本学部では、学科ごとに最先端の研究テーマを扱えるように、最新の設備・機器を導入しています。希少で高価な機器も数多く、他大学や企業、研究機関と比較してもハイレベルな設備環境を実現しているため、学生は卒業後、就職先で使われている最新機種にもスムーズに対応することができます。

閉じる

1・2年次から、職種・業種・企業に関する情報を提供

就職率が高く、理科教員の採用合格者数は県内トップ!首都圏私立理学部唯一の臨床検査技師課程も設置され、将来の選択肢が広がる

卒業後の幅広い進路を見据え、教員養成課程や臨床検査技師課程など、さまざまな資格・免許の取得を視野に入れたカリキュラムで学生をサポートしており、100%に近い数値の就職内定率を誇ります。教員養成課程では、中学校および高等学校教諭一種免許状に加え、聖徳大学通信教育学部との連携により小学校教諭免許状の取得も可能になりました。理科教員の採用試験合格者数は県内トップ(2012年千葉県教育庁教育振興部調べ)です。また、首都圏私大理学部唯一の臨床検査技師課程を経て、臨床検査技師をめざすことも可能です。

閉じる

学べること

化学科

化学習得のための多様な授業のなかでも、特に実験科目が充実。様々な物質の不思議の解明に必要な問題発見・解決能力を養える

本学科では、あらゆるサイエンスの基幹となる「化学」の習得を重視し、講義・演習・実験の連携による効果的な授業を行っています。特に実験科目が充実しており、問題発見・解決能力を強化します。

【教育の特色】
1.少人数制の親身な指導
2.実験科目が充実
3.最先端分野に触れる(ナノテクノロジーなど)
4.臨床検査技師の養成

【授業・講義】
ナノ炭素集合体の合成と物性

■物性科学教室
ナノ炭素集合体としてカーボンナノチューブやフラーレンを構成単位とする新規分子集積体の合成や物性の探究を行っています。構造物性相関の観点から、さまざまな手法によって、構造を制御して新規複合物質を創成することをめざしています。有機ナノ薄膜系への展開、さらに電子材料やデバイスへの応用展開を図っています。さらに、気相移動度測定など新規ナノ物質測定法開発も行っています。

閉じる

生物学科

分子・細胞レベルから生態までの幅広い対応と応用科目の設置で、自分の興味・関心の対象をより深く追求していくことができる

本学科では、分子や細胞レベルの生命現象を学ぶ生化学・分子遺伝学から、生物と生息環境との関わりを学ぶ生態学まで幅広く対応しています。
基盤科目の上に応用科目を設け、学生は興味・関心に沿った専門領域を追究できます。

【教育の特色】
1.体系的総合的に学べる一貫した生物学教育
2.充実した野外実習(野外調査など)
3.個性や長所を生かせるクラス担任制の教育
4.臨床検査技師の養成

【授業・講義】
血液の凝固反応系から神経変性疾患の凝集体形成機構まで

■血液生物学研究室
ヒトのような高等脊椎動物は複雑な血液凝固反応系をもっています。この複雑な凝固反応系は止血にとどまらず、自然免疫などのさまざまな機能に関わっています。これら血液凝固因子の機能解析を中心に研究を行っています。また、血液凝固因子の第XⅢa因子のアイソフォームであるTransglutaminaseⅡが神経変性疾患の凝集体形成にも関与していることを見出し、凝集体形成機構の解明など、治療や臨床検査につながるような研究も行っています。

閉じる

生物分子科学科

さまざまな分野で求められる遺伝子やタンパク質などのミクロな領域を学べ、生命現象の不思議に化学の視点から挑める

本学科では、生物学と化学の基礎を固めたうえで、医療、農業、化学工業など多彩な分野への応用が期待される、遺伝子やタンパク質などのミクロな研究領域を中心に学びます。そのため、生物系に加え、化学系の必修科目を充実させ、到達度に合わせた講義と演習で着実に実力を養います。

【教育の特色】
1.多彩な分野から専攻を選べるカリキュラム(免疫学、遺伝子工学など)
2.最先端設備の中でさまざまな実験技術を修得
3.資格試験の高い合格率と安定した就職・進学率
4.臨床検査技師の養成

【授業・講義】
レーザーを使って生体分子の機能を探る

■細井研究室
生体内ではさまざまな化学反応の組み合わせで高度な機能が実現されています。私たちは生命現象の本質を明らかにすることを目的として、生体分子の反応メカニズムをレーザー分光法を用いて研究しています。最近では、光が関与する生体分子として、海のなかで光るクラゲやサンゴに含まれる蛍光タンパク質の発光過程を明らかにしています。

閉じる

物理学科

対象は宇宙から素粒子まで。自然界の法則を探るため、基礎から最先端研究までを体系的に学べるカリキュラムで物理学の基礎を身に付ける

物理学の基本的枠組みから、研究の最先端までを体系的に学べるようにカリキュラムを設定。基礎的な科目でそれぞれ一人の教員が講義と演習を統合させた形で授業を行い、あらゆる自然科学の基本である物理学の基礎づくりに力を入れています。

【教育の特色】
1.国際水準の教育が受けられるJABEE認定プログラム
2.最先端の物理学を追究できる充実した研究教育環境
3.世界最高峰の研究施設を見学できる学外研修(ハワイ・すばる望遠鏡研修など)

【授業・講義】
ブラックホールから宇宙の大規模構造まで

■宇宙・素粒子教室
私たちの宇宙は、微視的な素粒子に働く力や巨視的なスケールで卓越する重力などが支配するさまざまな物理過程が絡まり合いながら成り立っています。本研究室では、これらを考慮しつつ、中性子星・ブラックホールといった高密度天体、銀河・銀河団などの大規模構造、宇宙全体の進化などについて理論研究を行っています。

閉じる

情報科学科

自分の進路や目標に合わせて選べる2つのコースで、最新のコンピュータを駆使した情報科学の最先端を学ぶ

「数理知能科学コース」は、自然・社会・人間の知的活動をモデル化し、コンピュータで問題・現象を理解し解明する数理的手法を学び、「メディア生命科学コース」はコンピュータの基礎知識とスキルを中核にマルチメディアシステムや医療・生命などへの応用技術を学びます。

【教育の特色】
1.進路・目標で選ぶ2つの専門コース(2年次以降)
2.学生のニーズに合わせたきめ細かい教育
3.最新のコンピュータを利用できる充実の設備環境

【授業・講義】
金融市場への数理的アプローチ:金融工学

■高田研究室
私たちをとりまく不確実性と上手に付き合っていくヒントを教えてくれる学問の一つが金融工学です。その原理は「リスク無しでリターンを得られる取引は無い」というごく当たり前の考え方で、無裁定と言います。本研究室では、確率解析学とコンピュータを使いながら、金融市場にあふれる情報をどのように解釈し加工すればそのダイナミクスを理解することができるのか研究しています。

閉じる

生命圏環境科学科

2年次までに多角的なアプローチで環境問題を理解する力を養い、3年次からは専門的な学習を通じてその克服に挑める

学科の授業科目が、理系と文系、基礎と応用、講義と実験・実習、共通と専門を考えて配置され、「環境」を多角的に視る力を養います。3年次から、環境化学、環境生態学、地球科学、環境管理・創成科学系の4コースに分かれ、学生の興味・特性に応じて専門的な学習を進めています。

【教育の特色】
1.基礎から専門までの一貫したカリキュラム
2.すべての理系分野を学べる基礎科学実験
3.多彩な実習教育&研究機関・大学と連携(環境科学海外研修など)

【授業・講義】
身近な自然の保全と再生のための生態学

■保全生態学研究室
20世紀後半は、地球上のさまざまな場所の生物多様性が低下し生態系が劣化する、「喪失の時代」でした。近年、人間活動によって損なわれた生態系を回復させる取り組みが、各地で少しずつ始まっています。私たちは、「自然再生の時代」を支える科学をめざし、河川、湖沼、草原などの身近な自然をフィールドに、生態学的な研究を進めています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】千葉県船橋市三山2-2-1
入試広報課
(047)472-0666
 【URL】http://www.sci.toho-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ