大学入試センター試験の最新情報をお届け!

とうきょうとし

東京都市大学

私立大学 東京都/神奈川県
(旧校名:武蔵工業大学)

知識工学部の詳細情報

※2019年4月再編

学科・定員・所在地

学科・定員

情報科学科(100名)
知能情報工学科(80名)
仮称:2019年名称変更予定(内容は予定であり、変更する場合があります)
自然科学科(60名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●情報工学をベースに最先端の情報関連技術を習得
●グローバル企業で海外インターンシップができる
●充実した「キャリア開発」科目で、高度な科学技術知識を有し、これらを総合的に活用できる人材になる

来るべき知識融合型社会において、高度な科学技術を総合的に駆使できる人材を育成しています。最先端かつ未来志向の情報工学関連技術を、ビジネスや社会に展開するための実践力を身に付けて、現代社会の幅広い課題にチャレンジできるエキスパートを育てます。学科の枠を越えて、幅広く学ぶことのできる、時代に即した新しいタイプの教育と研究を実践していきます。

【キャンパス】世田谷キャンパス
【学生数】1234名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】46名(2017年5月1日現在)
【大学院】●総合理工学研究科/機械工学領域、機械システム工学領域、電気電子工学領域、医用工学領域、エネルギー化学領域、情報工学領域、システム情報工学領域、建築学領域、都市工学領域、共同原子力専攻 ●環境情報学研究科/環境情報学専攻、都市生活学専攻

情報科学科

講義・学問分野

計算機アーキテクチャ、計算機ソフトウェア、知識情報処理、画像工学、計算理論、制御システム

閉じる

知能情報工学科仮称:2019年名称変更予定(内容は予定であり、変更する場合があります)

講義・学問分野

人工知能・学習システム、ロボット制御、人間工学、ヒューマンインターフェース、ビッグデータ解析、経営分析、企業戦略

閉じる

自然科学科

講義・学問分野

【自然】 地球の歴史、生物の進化、生命の化学、分子の科学
【数学】 理論物理学、数学

閉じる

学部の特色

高度情報化社会の発展をリードしていく視野の広い人材を育成

情報工学をベースに最先端の情報関連技術を習得

携帯電話やインターネット、画像配信や端末での音声検索まで、情報通信技術の発達は、私たちのコミュニケーションや生活に大きな変化をもたらしています。
3つの学科で構成される知識工学部では、複雑なシステムを効率的に動かせる、システムの設計・開発・マネジメント技術を駆使できる、総合・体験・実践的な教育カリキュラムを導入しています。幅広い知識と自主性において「科学」と「社会」をつなぐ、創造性と即戦力を備えた技術者を育成します。

閉じる

主体的に将来設計を考えることが自己実現の王道

グローバル企業で海外インターンシップができる

知能情報工学科では、ヨーロッパの世界的な企業で行う海外インターンシップを通じてグローバルな働き方を体験する機会を提供します。

閉じる

充実した「キャリア開発」科目で、高度な科学技術知識を有し、これらを総合的に活用できる人材になる

本学部では、情報科学や自然科学という工学を支える科学知識から、情報通信や経営システムという情報基盤の構築やそれをビジネスに展開する工学技術、さらに最先端の情報工学関連技術を中心に、幅広い知的領域までを学びます。このため学生一人ひとりが多様な知識・技術を吸収しながら、専門分野を絞り込んでいけるような教育カリキュラムを導入しています。
まず、3年後期から自分の関心や将来の希望に合わせて研究室に所属し、実践的な科目を履修しながら、専門性と社会性に磨きをかけます。4年次では必修の卒業研究に専念。研究室の教員に入念な個別指導を受けながら、社会に出た際即戦力として活躍できる能力を育成します。
また「キャリア開発」として、社会に出るための準備や練習のため、グループディスカッションを中心にキャリアデザインを学ぶ基礎科目や、さまざまな業界や職種について研究する特別講義を設けています。

閉じる

学べること

自動制御研究室

情報科学科

コンピュータの高い知識と創造力で、情報化社会を根底から支える技術者を育成

コンピュータのハードウェアとソフトウェアに関する計算機技術、人間とコンピュータとの対話に必要な音声・画像・言語などのメディア技術、ロボットの制御や暗号などの応用分野における情報数理技術など、基礎から応用までを順を追って学修し、世の中の問題に対して自ら解決策を見いだせる創造性豊かな技術者を育成します。

【授業・講義】
画像の持つ可能性をさまざまな分野へ拡大

コンピュータグラフィックス(CG)と画像処理・認識、CG技術は映画やゲームに欠かせない要素です。しかし、実は現実の世界の詳細を再現するレベルには至っておらず、画像工学研究室ではリアルなCGをリアルタイムに実現して、エンターテインメントだけではなく、食品や美術製品のシミュレーションに役立てるべく日々研究を重ねています。リアルに再現できれば、医学への応用も可能。現在、病院と共同で心臓の血液をCGシミュレーションし、心臓病の手術用計画に参加するなど、そのフィールドはますます広がっています。

閉じる

知能情報工学科

様々な知能の創造と、データ分析とマネジメント力の研究

これからの社会では自動車や家電など様々なものが情報通信機能を持ち、それらが連動し、様々な知能を生み出します。本学科では様々な形式の知能を総合的に学修し、社会や企業の様々な問題を解決することのできる技術者の養成を目指します。
具体的には、人工知能、ビッグデータ解析、人間の知能と人を活かすための人に優しいシステム設計、企業体としての組織知能を活用する組織のマネジメント、インターネットの上にあるクラウド知能、IoTを含めたインターネットとモノの流れを一体としてとらえる統合的ネットワークとしての知能などを学びます。

閉じる

自然科学科

自然科学の中心となる地球、生物、生命、分子を体系的に学修し、科学と社会の架け橋となる人材を育成

地球の歴史や生物の進化など、まだまだ数多く残る自然界の謎に対し、学問領域の境界線にとらわれない自然科学全般にわたる幅広い知識と健全な判断力を身につけ、教員や学芸員、出版・放送人として、科学的なことをわかりやすく説明する能力を養います。

閉じる

アドミッションポリシー

3年次からは高い専門性を備えた研究室に所属

“科学技術”と“一般社会”の架け橋となる“知”を創造

現在、我々の身の回りには至る所にコンピュータがあり、その用途もさまざまです。
こうしたコンピュータ時代には情報工学のさまざまな要素技術を身に付けた技術者、複雑かつ高速化する通信網に対応できる技術者、多岐にわたる経営の諸問題に対するマネジメント能力を有する技術者、自然科学に対する総合的な見識と健全な判断力を有し、 “科学技術”と“一般社会”の架け橋となる技術者が必要となります。
これら「知の創造」を体現する能力を持った人材を育成するための教育と研究を「知識工学部」では進めています。
この教育目標に共感し、教職員とともに新しい課題に積極的に挑戦する意欲のある学生を求めています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都世田谷区玉堤1-28-1
入試センター
(03)5707-0104(代)
 【URL】http://www.tcu.ac.jp/academics/knowledge/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ