×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

とうきょうとし

東京都市大学

私立大学 東京都/神奈川県
(旧校名:武蔵工業大学)

大学トップ

2020/06/10NEW

ここに注目
  • 国際水準の能力を備え、実践力を持った人材になる
  • 武蔵工業大学の信頼と実績を受け継ぐ「就職に強い都市大」で学ぶ
  • 最新設備が整う研究実験棟で先端領域の研究を推進する

大学の特色

企業受託研究実施件数全国8位(出典:2019年文部科学省調査)

90年にわたる専門的実践教育で「国際水準の能力を備え、幅広い分野で活躍できる実践力を持った学生」になる

東京都市大学は、1929年に真の工学教育を追及する当時の学生らが中心となって創立された武蔵工業大学と、技能と知性に優れた女性の輩出を標榜して1928年に生まれた東横学園女子短期大学が融合拡充されて2009年に誕生しました。
2020年には、7学部17学科を擁する大学へと発展し、建学の精神である「公正・自由・自治」のもと、両校の伝統である実学重視の教育方針を継承し、高度な専門性の獲得に加えて、国際水準を備えた幅広い分野で活躍できる確かな実践力を持った人材の育成をめざしています。

<未知の世界で、生きるチカラを>
本学では、学生と教職員とのふれあいを大切にした密度の高い少人数教育や、きめ細かなキャリア支援によって社会性に富み、豊かな人間性を有する人材が育っています。そのような強い実践力と豊かな人間性を持つ人材は、柔軟な発想ができ、また、タフな負荷にも耐えられる人材であるといえ、今では10万人を超える卒業生が、国内外各方面にて活躍しています。

閉じる

留学先での授業の様子

英語で学び、考え、議論できる力を身に付ける東京都市大学オーストラリアプログラム(TAP)など、多様な留学プログラム

「東京都市大学オーストラリアプログラム(TAP)」は、全学部・全学科の学生の希望者が対象で、1年次からの準備教育と、2年次4か月間の留学を合わせた2年にわたる本学独自の国際人育成プログラムです。休学することなく4年間(最低修業年限)で卒業が可能で、年間300名を超える学生がオーストラリアへ渡っています。
留学先のオーストラリア・パースは人口200万人を超える大都市です。湿気が少なく温暖な気候で、青い海と自然が多く、国際色豊かなこの地は留学するには最適な場所と言えるでしょう。
知識工学部では、TAP参加が必修となる“国際的技術者育成のため、40単位以上を英語で学ぶ「国際コース」”と“自律型技術者育成のための長期インターンシップを必修とする「6年一貫制教育コース」”の2つのコースを設置しています。
また、TOEIC600点以上の学生を対象とした上級者向けの留学プログラム「TUCP(東京都市大学&カンタベリー大学留学プログラム)」も用意。ニュージーランドのトップ大学に数えられるカンタベリー大学における高品質な授業に参加することによって、英語力を向上させることができます。また、カンタベリー大学の学生と共に学び、キャンパス内の学生寮で共に暮らすことにより、これまで体験したことのない素晴らしい留学経験を積むことができるでしょう。

閉じる

90年にわたる実績ときめ細かな支援が「就職に強い都市大」の理由

学生一人ひとりの特性を考えた、きめ細かなオーダーメイドの就職・キャリア支援を受ける

武蔵工業大学の信頼と実績を受け継ぐ「就職に強い都市大」は、就職力を「就職力≒(基礎力+専門力)×就活力」と考え、さまざまな取り組みを実施しています。体系的に学んだことを振り返るキャリアポートフォリオや学外で行われるキャリア支援プログラムを通じ、自分を知り、社会を知り、自分を磨くことで、内定獲得への確かな就職力を高めていきます。その取り組みの成果として、全国平均に比べて優位な就職実績を収めているだけでなく、文部科学省による学生キャリア支援に対する補助金事業に採択され、最高評価の「S評価」を獲得しています。

閉じる

アドミッションポリシー

IT完備とオンラインサービスで最新システムを備えている図書館

サステイナブルな社会発展に貢献できる人材になる

私たちが住むこの地球上の環境を損なうことなく社会全体を多角的、総合的に見ながら、未来に向けて持続可能(サステイナブル)な発展をもたらすための人材育成と学術的研究を進めることを理念に、各学部では教育・研究を行っています。

閉じる

教育環境

世田谷キャンパス「1号館」

世田谷キャンパス〈理工学部・建築都市デザイン学部・情報工学部〉

教育・研究環境のさらなる充実を図るため、キャンパスのリニューアル計画が着々と進行中です。世田谷キャンパスのシンボルともいえる地下1階、地上4階建ての『1号館』には、教室や研究室をはじめ、学生支援センターやキャリア支援センターなど学生のサポート機能を集約。自然換気窓による通風システムや、氷蓄熱利用の空調施設、太陽光発電、屋上緑化など、環境に配慮したさまざまなシステムも導入されています。また2018年に完成した『6号館』では、先進の実験・研究が行えます。

閉じる

横浜キャンパス

横浜キャンパス〈環境学部・メディア情報学部〉

日本の大学で初めて国際環境規格「環境ISO14001」の認証を取得している横浜キャンパスは、緑豊かな環境にありながら近未来を先取りした「エコ&サイバーキャンパス」です。国内外の大学などとコンテンツ配信や共同授業を推進しています。

閉じる

等々力キャンパス

等々力キャンパス〈都市生活学部・人間科学部〉

都心の閑静な住宅地に位置する等々力キャンパスは、「都市フォーラム」や、実績ある子育て支援センター「ぴっぴ」などを通して、地域と密接に連携しながら新しい都市生活と保育・幼児教育の未来を創ります。また、世田谷キャンパス・横浜キャンパスとはシャトルバスで結ばれ、総合大学としてのパワーを発揮します。

閉じる

学部

【2021年度予定】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2020年度入学者対象】

●理工学部
【初年度納入金】1,680,000円
(内訳)
入学金240,000円
授業料1,380,000円
後援会費50,000円
校友会終身会費分納金10,000円

●建築都市デザイン学部
【初年度納入金】1,680,000円
(内訳)
入学金240,000円
授業料1,380,000円
後援会費50,000円
校友会終身会費分納金10,000円

●情報工学部
【初年度納入金】1,680,000円
(内訳)
入学金240,000円
授業料1,380,000円
後援会費50,000円
校友会終身会費分納金10,000円

●環境学部
【初年度納入金】1,550,000円
(内訳)
入学金240,000円
授業料1,250,000円
後援会費50,000円
校友会終身会費分納金10,000円

●メディア情報学部
【初年度納入金】1,550,000円
(内訳)
入学金240,000円
授業料1,250,000円
後援会費50,000円
校友会終身会費分納金10,000円

●都市生活学部
【初年度納入金】1,430,000円
(内訳)
入学金240,000円
授業料1,130,000円
後援会費50,000円
校友会終身会費分納金10,000円

●人間科学部
【初年度納入金】1,430,000円
(内訳)
入学金240,000円
授業料1,130,000円
後援会費50,000円
校友会終身会費分納金10,000円

学生の学ぶ意欲をサポートする各種奨学金制度も用意

【2019年度実績】
五島育英基金奨学金(給費):年額100,000円
東京都市大学黒澤敦・淑子奨学金(授業料の全額もしくは一部給費)
東京都市大学後援会緊急奨学金(授業料相当額貸与)
大学院研究科奨学金:授業料全額または半額免除(大学院生のみ)
今泉奨学金(給費)(大学院生のみ)
日本学生支援機構奨学金(貸与)第一種、第二種
地方自治体・民間育英団体による奨学金

【特待生制度】
本学の建学の精神「公正」「自由」「自治」のもと、豊かな人間性とあふれる創造性を備えた21世紀を担う将来有為となりうる人材育成を目的としています。
一般入試(前期)の各学部の成績上位者を対象とし、数名ずつ選出します。
※ 2019年度実績[計232名]
工学部:120名 知識工学部:46名 環境学部:21名 メディア情報学部:21名 都市生活学部:20名 人間科学部:4名
特待生には「1年次から原則として4年間の授業料を全額免除(入学金、後援会費および校友会終身会費分納金は除く)」の特典が付与されます。
入学試験の結果、この制度の対象となった方には合格通知書類と共に、特待生候補者になった旨のお知らせを同封します。
対象学部:全学部

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2019年)

学生数、教員数

【学生数】6790人
【外国籍の学生数】96人
【教員数】564人
【外国籍の教員数】34人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
3か月以上6か月未満390人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】2
【大学独自の奨学金】有
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

東京都市大学オーストラリアプログラム

【留学先】オーストラリア
【留学期間】3か月以上6か月未満
【対象人数】471
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:https://www.tcu.ac.jp/tap/
部署:国際センター
電話番号:0357070104

東京都市大学&カンタベリー大学留学プログラム(TUCP)

【留学先】ニュージーランド
【留学期間】3か月以上6か月未満
【対象人数】45
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】TOEIC IP(600)
【問い合わせ先】
URL:https://tsap.tcu.ac.jp/
部署:国際センター
電話番号:0357070104

閉じる

住環境

世田谷、横浜という、日本有数の美しく文化的な街に3つのキャンパス、計7学部を設置する本学は、落ち着いた学習環境と快適な学生生活を提供するにふさわしい絶好のロケーションにあります。全学部が入学から卒業までワンキャンパスで学べるため、学生同士はもちろん、教職員との距離が近いのも特徴です。
※2022年4月、等々力キャンパスは世田谷キャンパスと統合予定のため、例外的にキャンパスが変更となる予定です。

閉じる

クラブ・サークル活動

体育会系・文化系の部やサークルだけでなく、100を超えるさまざまな団体が活発に活動しています。

体育会系クラブ

空手道部、剣道部、柔道部、硬式野球部、ワンダーフォーゲル部、バスケットボール部、水泳部、ラグビー部、サッカー部、ハンドボール部、卓球部、バレーボール部、硬式庭球部、ソフトテニス部、アイスホッケー部、バドミントン部、弓道部、ヨット部、合気道部、少林寺拳法部、準硬式野球部、アメリカンフットボール部、陸上競技部、ソフトボール部、ゴルフ部、フットサル部

文化系クラブ

自動車部、鉄道研究部、美術部、ハワイアンクラブ、フォークソングクラブ、特許アイデア研究部、ウェスタンクラブ、バチェラーセブン、SFファンタジー研究部、サイクリング部、航空研究部、天文研究部、モーターサイクル部、ダンス部LAVI、潜水科学研究会、写真部、音楽団体PLAM、グリークラブ、軽音楽団体スナイパーズ、コンピューター技術研究会、漫画アニメ研究部、 GRoove、スカイスポーツ部、UP BEAT、エレクトーンサークルsky tone

団体・同好会・愛好会・学科研究

フォルテローンテニス同好会、ワンデリングスキー同好会、ゼフィルススキー同好会、アウトドアライフ同好会、軟式野球同好会ゴジラ、Q&Gテニスサークル、フットサルサークル CRY、茶道サークル柏甌会、競技麻雀愛好会、バスケットボール同好会ドーナッツ、フットサル同好会、Freak’s、テニスサークル ルーヴェ、バドミントンサークル エンデバー、テニス同好会 Circus、バレーボールサークルAtlas、Plukogi、里山倶楽部Eco-Works、環境サークルGreen Days、創作サークルarte、将棋サークル一歩、デジタルコンテンツ研究会、演劇サークル劇団渓谷、All Round、世界遺産研究会、テニスサークルBOOM、フットサルサークルREAL PETS、児童文化研究会 ぽっけ、バレーボールサークル CUBE、ジャグリングサークル Akantha、国際交流団体 MUSASHI、e-sportsサークル Toriela、ランドスケープ研究会、都市緑化研究会、バスケットボールサークル Buzz、サッカーサークル JAGUAR、機親会(機械・機械システム工学科)、閃源会(原子力安全工学科)、医工会学生会(医用工学科)、電気電子研究会(電気電子通信工学科)、化源会(エネルギー化学科)、如学会(建築学科)、新緑会(都市工学科)、情報科学科研究会(情報科学科)、通信工学会(情報通信工学科)、経工会(知能情報工学科)、自然科学科学生会(自然科学科)、環境創生学科学生会、環境経営システム学科学生会 (環境経営システム学科)、社会メディア学科学生会(社会メディア学科)、情報システム学科学生会(情報システム学科)、都市生活学科学生会(都市生活学科)、児童学科学生会(児童学科)、世田谷留学生会、横浜留学生会、新聞会、吹奏楽団、放送界、世田谷祭実行委員会、横浜祭実行委員会、等々力祭実行委員会、ISO学生委員会

閉じる

大学院・併設の大学

大学院の規模でわかる学部の教育レベル

●総合理工学研究科
機械工学領域、機械システム工学領域、電気電子工学領域、医用工学領域、エネルギー化学領域、情報工学領域、システム情報工学領域、建築学領域、都市工学領域、共同原子力専攻、自然科学専攻※
●環境情報学研究科
環境情報学専攻、都市生活学専攻
※2020年4月設置

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るために、「大学案内」の資料を取り寄せよう。 大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報がのっています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

世田谷キャンパス〈理工学部・建築都市デザイン学部・情報工学部〉

●東京都世田谷区玉堤 1-28-1
東急大井町線「尾山台(東京都市大学 世田谷キャンパス前)」駅下車徒歩12分

横浜キャンパス〈環境学部・メディア情報学部〉

●神奈川県横浜市都筑区牛久保西3-3-1
横浜市営地下鉄ブルーライン「中川(東京都市大 横浜キャンパス前)」駅下車徒歩5分

等々力キャンパス〈都市生活学部・人間科学部〉

●東京都世田谷区等々力8-9-18
東急大井町線「等々力(東京都市大学 等々力キャンパス前)」駅下車徒歩10分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒158-8557
東京都世田谷区玉堤1-28-1
入試センター

電話番号

(03)5707-0104(代)

URL

http://www.tcu.ac.jp

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ