×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

とこは

常葉大学

私立大学 静岡県

社会環境学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

社会環境学科(100名)

所在地

1~4年:静岡

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●環境や防災の学びを深め、公務員・教員・企業人として社会に貢献する
●「文理融合型」教育で多角的な視点を養う
●公務員合格実績14年間に135名

文系・理系を融合した幅広い視点から「環境」や「防災」「危機管理」などを専門的に学び、地域ならびにグローバルな視点に立った社会システム全体を考え、社会に貢献できる人材を育成します。「環境・自然再生コース」「防災・地域安全コース」の2コースを設置しています。

【キャンパス】静岡草薙キャンパス
【学生数】467名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】19名(2019年5月1日現在)
【大学院】環境防災研究科

社会環境学科

講義・学問分野

○環境・自然再生コース
生命の科学、植物の分類と形態、基礎化学実験、富士山巡検、環境化学実験、環境汚染物質と毒性、環境浄化技術、地学実験、災害医療システム など
○防災・地域安全コース
地震工学、地理情報システム、災害過程論、防災行政論、復旧・復興計画、防災人間工学、災害福祉、環境社会心理学 など

閉じる

学部の特色

公務員・教員・企業人として活躍できる人材を育成

環境や防災の学びを深め、公務員・教員・企業人として社会に貢献する

「地球環境」や「防災」を専門的に学ぶ全国でも数少ない学部です。「環境」と「防災」をテーマに、文系・理系を融合した幅広い分野について学び、体験型授業で実務的な知識と技術を身に付けます。「環境・自然再生コース」「防災・地域安全コース」の2コースを設け、消防・警察、自治体の職員、中学校・高等学校教員、企業人として活躍できる人材を育成します。

閉じる

実践的な学びを行う、棚田ボランティア

「文理融合型」教育で多角的な視点を養う

社会と環境の相互関係を幅広く捉え、環境問題の解決と社会の安全確保のための社会システム構築をめざし、自然科学と社会科学の2つの領域を学びます。また、体験型の授業により頭と身体で考えながら、「環境」「安全」「防災」について、実践的な知識やスキルを身に付けます。

閉じる

きめ細かなサポートで公務員採用実績14年連続合格

公務員合格実績14年間に135名

1・2年次の学生を主な対象として「公務員試験対策講座」を開講。公務員採用試験、消防士、警察官採用試験へのきめ細やかなサポートを行っており、14年間で135人の合格実績を上げています。

閉じる

学べること

環境と防災をテーマに実践的な学び

社会環境学科

環境と防災をテーマに幅広い分野について学び、消防、警察、教員、自治体職員、企業人として社会に貢献する

○環境・自然再生コース
自然を再生する環境再生学、大地・大気・水などの特性を学ぶ地球環境学、環境汚染を把握する環境測定など理学・工学の視点から環境保護・再生を考えます。また、環境の調査や自然林の復元などの体験を通じて、実社会で役立つスキルを形成し、実践的に学ぶ力を育成します。このコースでは、中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)を取得でき、教職への道が開かれています。

○防災・地域安全コース
公害問題から地球環境問題まで政治や経済、法制度、価値観、市民社会のあり方などをも含めた社会の構造と地球環境との関係について幅広く学びます。また、温暖化やエネルギーなどの地球環境の問題からゴミ問題のような地域の安全・安心に関わる防災について対応策やマネジメントを考え、地域の持続的な発展に寄与する知識・技術を身に付けます。

【授業・講義】
自治体や民間企業と進める「産学官共同プロジェクト」

環境や防災の研究を通じ、「産学」および「官学」共同プロジェクトを実施しています。兵庫県淡路市の公共下水道の最適な整備手法を提案する調査研究や、民間企業と共同で新たな製品開発のための動物実験、静岡県沼津市における津波避難シミュレーションと地区住民が参加するワークショップなどを実施。学生もプロジェクトに関わり、実践的な知識を深めています。

閉じる

アドミッションポリシー

社会環境学部の求める学生像

本学部は、環境問題の解決や社会の安全確保のための社会システムの構築に貢献できる人材の育成を目的としています。そのため、環境や防災の問題に興味を持ち、持続可能な社会の実現に貢献することを目指し、社会の抱える課題の解決のため的確な知識と判断力を身につけたいという意欲のある学生を求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒422-8581 静岡市駿河区弥生町6-1
入学センター
(054)263-1126
 【URL】https://info.tokoha-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ