とこは

常葉大学

私立大学 静岡県

造形学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

造形学科(100名)

所在地

1~4年:静岡

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●豊かな発想でモノを生み出し、価値と感動を提案できる力を磨く
●美術・デザインを学んで、教員をめざす!
●自分の可能性を広げる、展示会・コンテストへの出展

モノを創造し、価値を提案する人材を育てる学部として、「アート表現コース」「ビジュアルデザインコース」「デジタル表現デザインコース」「環境デザインコース」の4コースを設置。アートとデザインの知識や技術を専門的に学びます。

【キャンパス】静岡瀬名キャンパス
【学生数】375名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】12名(2017年5月1日現在)

造形学科

講義・学問分野

絵画、平面メディア、立体メディア、ビジュアルデザイン、コミュニケーションデザイン、インフォメーションデザイン、デジタル表現、アニメーション、イラストレーション、プロダクトデザイン、建築デザイン、中・高の教員免許(美術・工芸)取得科目 など

閉じる

学部の特色

幅広い表現の基礎を学ぶ「基礎課程」

豊かな発想でモノを生み出し、価値と感動を提案できる力を磨く

さまざまな造形活動を通じて、アートやデザインの分野で求められる専門力と豊かな人間性を養います。クリエイティブの力によって価値を提案し、社会に貢献できる真のスペシャリストを育成します。
1年次前期に、造形表現の手法や考え方を広く学び、表現のベースとなるスキルを身に付けます。その後、それぞれのコースでアーティスト、クリエイター、デザイナーなどさまざまな分野のプロフェッショナルに求められる専門的技能を基礎から身に付けるとともに、多彩な表現力を磨いていきます。
アートやデザインのさまざまな領域に対応し、創造力と表現力を育成する4つのコースを設定しています。

閉じる

中学校・高等学校の教員免許状が取得可能

美術・デザインを学んで、教員をめざす!

指定された科目の履修により、中学校・高等学校の美術の教員免許状が取得でき、採用試験に毎年合格者を出しています。また、「学芸員」の資格取得のために「常葉美術館」での博物館実習などの関連科目も設けられています。

閉じる

コンテストへの出品、展示会も多数開催

自分の可能性を広げる、展示会・コンテストへの出展

学生が作品を学外の展示会・展覧会で発表することは、制作のモチベーションを高めることにつながります。本学部の学生も、毎年さまざまな展示会へ出展したり、市民向けのデザイン展を学生自ら企画・運営しています。学外の人たちとの交流の機会、産学官連携プロジェクトの可能性、展示の実地経験など多くのことを学ぶ場にもなっています。また、コンテストでも多数受賞。二科展では本学学生が毎年入賞しています。プロ、アマチュア、年齢を問わないコンテストで受賞することは、学生にとって大きな自信にもつながります。

閉じる

学べること

学生時代にどれだけ「本物」に触れるかが重要なポイント

造形学科

創造力と表現力を磨く4つのコースを設定

●アート表現コース
絵画、平面メディア、立体メディアという3領域を横断しながら、アート表現を基礎から学び、独自の世界観を築きます。美術教員や学芸員、作家、アート関連分野などで活躍できる人材を育成します。
●ビジュアルデザインコース
視覚に訴えるコミュニケーションを学び、企画・広告・マーケティングの業界で活躍するデザイナー、プランナーを育成します。
●デジタル表現デザインコース
イラストレーション、アニメーション、DTP、Webなど多様なデジタル表現方法を学習。コンピュータなどのデジタル機器による情報処理技術を学び、オリジナリティーのある表現技法を磨きます。
●環境デザインコース
実用性や耐久性を備えた美しいデザインが求められる2つの領域を探究。機能的な美しさを追求する「プロダクトデザイン(モノ)」と、住宅から都市までデザインする「空間デザイン(建築)」を学びます。

【授業・講義】
海外の“本物”に触れ、感性を磨く「交流プログラム」

感性を身に付けるには、学生時代にどれだけ「本物」に触れるかが重要なポイント。アジアやヨーロッパなどで異国の景観をスケッチしたり、歴史的な建造物を見学する研修や、海外の美術・デザイン分野を学ぶ大学生との交流プログラムがあり、幅広い視野を身に付け、自分自身の感性を磨くことができます。

閉じる

アドミッションポリシー

造形学部の求める学生像

本学部は、造形的な専門性以上に、社会人として求められる基礎・基本、人間力を身に付け、造形芸術を通して社会に貢献しようとする高い志と意欲を持つ者、自立した人間として、他者や取り巻く環境と協調・協働しながら、芸術的創造活動の展開ができる基本的な素養を備える者、造形芸術を学ぶ意欲にあふれ、使命感を持って社会貢献をめざす学生を求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】静岡市駿河区弥生町6-1
入学センター
(054)263-1126
 【URL】http://info.tokoha-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ