×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

きんじょうがくいん

金城学院大学

私立大学 愛知県

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

日本語日本文化学科(70名)
英語英米文化学科(90名)
外国語コミュニケーション学科(80名)
音楽芸術学科(45名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●言語・文学・文化・芸術を通して世界で活躍できる女性になる
●「文学部リベラルアーツ」で、芸術や文化に親しむ
●学内での盛んな国際交流で、世界へ発信する力を養う

日本語、外国語、音楽演奏を通して現代社会や未来社会をリードする人材を育成します。

【学生数】1248人(2019年5月1日現在)
【専任教員数】47人(2019年5月1日現在)
【大学院】文学研究科(博士課程 前期・後期課程)/国文学専攻、英文学専攻、社会学専攻

日本語日本文化学科

講義・学問分野

古典文化入門、日本文化通史、古典文化史、古典文学史、古典文化概論、古典文学概論、日本文化総論、古典特殊講義、古典芸術論、日本書誌学、近現代文化史、近現代文学史、近現代文化概論、近現代文学概論、近現代文学講読、ポップカルチャー論、近現代特殊講義、メディア言説論、日本文化創造 日本語史、日本語教育入門、日本語学概論、日本語学講読、日本語教育入門、日本語教授法、Cross-Cultural Communication、日本語学特殊講義、日本語の音声・文字、言語の技法、日文キャリア、インターネット・コミュニケーション、人文データベース、図書館概論、図書館情報技術論、図書館制度・経営論 など

閉じる

英語英米文化学科

講義・学問分野

Reading/Writing、Listening/Pronunciation、Extensive English、通訳入門、西洋美術史、西洋音楽史入門、イギリス文化概論、アメリカ文化概論、英米文化研究、日英文化研究、日米文化研究、英米文学研究、英語構造研究、英語音声研究、Cross-Cultural Communication、英語語彙研究、英語意味研究、言語習得特論、日本語学特殊講義、英語学特殊研究、小学校英語、早期英語教育研究、早期英語教育教材研究、English for Hospitality、コミュニケーションスキル、エアラインサービス論、ホスピタリティ論、通訳演習、翻訳演習 など

閉じる

外国語コミュニケーション学科

講義・学問分野

ディベート入門、TOEIC入門、TOEFL A、検定中国語、検定フランス語、検定ドイツ語、実践中国語、実践フランス語、実践ドイツ語、海外キャリアトレーニング、英語スピーチ強化講座、English Communication、英語圏セメスター留学、ポストコロニアル研究、華僑・華人文化研究、近世フランス文化研究、近現代ドイツ文化研究、日本語教育入門、日本語教授法、世界の日本語教育、日本語学講義、国内日本語教育実習、海外日本語教育実習、海洋文化研修 など

閉じる

音楽芸術学科

講義・学問分野

ソルフェージュ、音楽理論、芸術学、西洋音楽史、音楽鑑賞、ヨーロッパの文化と芸術、ピアノ奏法、声楽、管楽器奏法、合唱編曲法、吹奏楽指導法、邦楽、自己表現トレーニング、指揮法、管弦楽編曲法、作曲学、ヤマハグレード取得講座、ピアノ指導法、ピアノ教育レッスン実習、リトミック、演奏家のための身体感覚レッスン、ピアノアンサンブル、ピアニストのための脱力法、室内アンサンブル、古典舞踏、発音法、声楽伴奏演習、オペラアンサンブル、オペラ演習、声楽アンサンブル、管楽アンサンブル、演奏家特別レッスン など

閉じる

学部の特色

世界で活躍できる女性を育てる

言語・文学・文化・芸術を通して世界で活躍できる女性になる

文化・文学・言語を深く学ぶことで、日本の魅力を再発見し、世界へ発信する力を養う「日本語日本文化学科」、英語力を徹底的に鍛える「英語統合カリキュラム」と3つの実践的プログラムで英語のプロをめざす「英語英米文化学科」、中国語・フランス語・ドイツ語のいずれかを選び、英語(必修)と並行して学ぶことで、より多くの人々とのコミュニケーション能力を身につける「外国語コミュニケーション学科」、次世代の音楽芸術をリードする先進のカリキュラムとハイレベルな指導が特色の「音楽芸術学科」を設置。また学部全体で「文学部リベラルアーツ」を開講し、文化や芸術に親しむ科目を設置しています。

閉じる

「文学部リベラルアーツ」科目を開講

「文学部リベラルアーツ」で、芸術や文化に親しむ

「文学部リベラルアーツ」は、文学部の学生全てが芸術作品を鑑賞する力を養い、“自由な人にふさわしい教養”を身につけるための科目群です。芸術鑑賞では、「西洋美術史」「金城シネマ」などの授業をはじめ、クラシック音楽、ミュージカル、ジャズに至るまで幅広い作品を多様な視点で鑑賞できるようになることをめざします。異文化理解では、「Cross-Cultural Communication」「ヨーロッパの文化と芸術」などの科目によって、これからの日本で、さらには世界で生きていくのに必要な知識を身につけます。

閉じる

外国人留学生とコミュニケーション

学内での盛んな国際交流で、世界へ発信する力を養う

留学だけが国際交流ではありません。本学には、たくさんの外国人留学生がいます。キャンパス内で彼女たちとコミュニケーションすることで、国際人としての素養を培うことができます。週1回、外国人留学生とランチを一緒に食べながらコミュニケーションをする「交流ランチ」をはじめ、交流イベントも豊富です。月1回のペースで催される「Cool Japan Project」では、学生が書道や琴などのパフォーマンスを披露。外国人留学生にも体験してもらいます。

閉じる

学べること

知的好奇心を満たすゼミでの学び

日本語日本文化学科

文化・文学の研究を通して広い教養と深い知性を養い、日本語運用能力や情報活用能力も身につける

文化・文学・語学など多様な視点から“日本”を研究。狂言や茶道といった、日本の伝統文化を学んだり、日本各地へ調査に出かけるなど、アクティブに学んで実践力を身につけます。2年次から興味に合わせて「古典文化コース」「近現代文化コース」「日本語学・日本語教育コース」の3つのコースから選べます。
本学科では早い段階から自分の将来を考えるとともに、就職先で役立つスキルを身につける「キャリアリテラシー科目群」を設定。1年次に開講する「日文キャリア」では、多様な分野で活躍する本学科の卒業生から仕事の魅力や就職活動の経験などを聞き、視野を広げます。また、「インターネット・コミュニケーション」や「言語の技法C」の授業では、IT活用スキルやプレゼンテーション能力を養います。

●各時代の文化・文学・芸術をじっくり研究
思想や美術、古典から現代のポップカルチャーまで、日本人の感性を読み解き、思考力と分析力を養います。

●茶道や狂言など伝統文化を体験学習
日本の伝統文化を代表する茶道・いけばな・狂言・お香など、各界の第一人者から直接その作法と精神を学び、教養を深めます。

●就職支援のための科目群を開講!
本学科独自の「キャリア・リテラシー科目群」を開講。1年次から就職に向けて視野を広げるとともに、IT活用スキルなどを身につけます。

【授業・講義】
伝統文化の体験を通じて、そこに息づく美意識と作法を学ぶ「日本文化実習」

茶道・いけばな・狂言・お香といった日本の伝統的な芸道・芸能を実際に体験しながら学べる授業です。例えば、お香の授業では、いろいろな香木の香りを聞く「聞香(もんこう)」から、粉末を練ってつくる「煉香(ねりこう)」や匂い袋づくりまでを体験。これまで遠くにあった伝統文化の世界が、ぐっと身近に感じられるはずです。各界で活躍される一流の先生方から直接学べることも、学生の人気を集める理由。知識や作法を身につけながら、日本人の美意識やおもてなしの精神を学んでみませんか。

閉じる

英語英米文化学科

英語のすべてを学び、英語で世界を広げていける人に

英語力を徹底的に鍛える「英語統合カリキュラム」で、高度な英語運用能力を養成。さらに航空業界、英語のスペシャリスト、子どもたちに英語を教える先生をめざす人のための、3つの実践的プログラムを設置しています。

●英語のプロへ!目標はTOEIC L&Rスコア800点以上
独自の英語統合カリキュラムでTOEIC L&Rスコア800点以上へ。さらに、英語スペシャリスト養成プログラムでは多数の学生が900 点以上に達します。

●習熟度別&超少人数制授業で着実に力を伸ばす
英語スキル科目の多くを習熟度別の少人数クラス(18名前後)で開講。4名の小グループをネイティブスピーカーの教員が指導する超少人数制授業や個別指導もあります。

●留学支援体制が、さらにパワーアップ
留学を支援する英語スキル科目として、「TOEFL・IELTS演習」「留学のための英語」などを開講。さらに、よりハイレベルな英語運用能力を習得したい学生のために、オーストラリアのウエスタン・シドニー大学への留学費用を大学が全額サポートする留学プログラムも設置。

【授業・講義】
将来に直結する3つの実践的プログラム

●英語スペシャリスト養成プログラム
一定の条件をクリアした学生だけが受講できる選択制プログラムです。プロ通訳者養成メソッドでハイレベルな英語運用能力を習得。TOEIC L&R900点以上を達成する受講生が数多くいます。さらに的確な日本語訳ができる技能と世界の政治・経済・文化に関する幅広い知識を身につけ、これらをもとに、ビジネス・司法・医療・教育など多様な分野で生かせる通訳・翻訳技術を習得します。

●エアラインプログラム
客室乗務員(CA)を長く務めた経験豊かな教員が、航空ビジネスの知識と英語でのコミュニケーションやサービスのあり方について講義します。また、「サービスコミュニケーション演習」などの授業を通じて、美しい所作や言葉遣いをしっかり身につけます。これらの学びは、航空業界に限らず今後の人生で必ず役に立ちます。指導の成果と学生の努力により、多くの卒業生がCAやグランドスタッフとして、国内外で活躍しています。

●キッズ・イングリッシュ・プログラム
このプログラムでは、子どもの言語習得能力や英語教育の理論を通して、効果的な教え方を考えます。そして、音楽や絵本などを活用した指導法を学び、英語で英語を教える模擬レッスンを体験。幼稚園や小学校、英会話スクールでの教育実習もあります。本学では、「小学校英語準認定指導者資格」の取得が可能です。

閉じる

夏休みを利用した語学研修

外国語コミュニケーション学科

「英+中・仏・独」の2言語を学び、世界を織りなす文化を体感する

●英語(必須)+もう1言語を使いこなせる人に
英語(必修)と並行して、中国語・フランス語・ドイツ語のいずれかを習得。また外国人教員と日本人教員の連携で語学力を伸ばします。

●実践的プログラムで海外経験を積もう
従来の留学や海外研修のほか、「海外キャリアアッププログラム」(英語圏セメスター留学など)や「日本語教育プログラム」を編成しています。

●「海洋」と「大陸」の視点から世界の文化を理解する
2年次に、「海洋文化コース」または「大陸文化コース」を選択。身につけた外国語を使いながら世界の多様な文化を広い視野で学びます。

【授業・講義】
将来を見据えた、2つの実践的プログラム

●留学に必要な語学力を身につける「海外キャリアアッププログラム」
海外で活躍するために必要な語学力を身につけるプログラムです。「TOEFL」「検定中国語」などの交換留学に必要な検定試験のレベルに到達するための授業や、情報発信に重点を置いた外国語授業「英語スピーチ強化講座」「実践フランス語」「実践ドイツ語」などを開講。学科独自の「英語圏セメスター留学※」ではカナダへの4か月間の留学を予定。さらに国際情報学科と共に行う「海外キャリアトレーニング」では、事前に準備授業を受講した後、アメリカのサンディエゴでの語学研修(春休みの約6週間)を経て、インターンシップを行うなど、外国語実践の機会が豊富にあります。
※10名を上限として奨学金30万円を給付する制度があります。

●外国人に日本語を教える教師をめざす「日本語教育プログラム」
日本語を母語としていても、外国人に日本語を教えることは簡単ではありません。そこで、このプログラムでは、外国人に日本語を教える教師になるために、「教える」という視点から日本語をとらえ直し、日本語教師に必要な理論と技術を身につけます。また、この学科で学んだ外国語や異文化理解を生かして、日本語を学ぶ人たちの生活背景まで理解します。そして、本学の留学生を対象にした模擬授業やタイなど海外での教育実習を通して、日本語教育の実践に取り組みます。

閉じる

金城学院大学×セントラル愛知交響楽団「ガラコンサート」

音楽芸術学科

全国屈指のレッスン環境で、優れた演奏力、指導力を身につける

ピアノ、声楽、管楽器の3コース制。現役ピアニストや声楽家、演奏家が指導します。個人レッスンも充実。また、めざす進路ごとに3つのプログラムを設定。卒業後、社会で活躍するための実践力を身につけられます。

●実践力を養うための3つのプログラム
めざす将来に合わせて選べる「音楽教員育成プログラム」「ピアノ指導者育成プログラム」「演奏家育成プログラム」の3つを編成。社会に出てから役立つ指導力の修得や必要な資格の取得もしっかりサポートします。複数のプログラムにチャレンジすることも可能です。

●演奏者としての身体感覚を磨くユニークな科目展開
「演奏家のための身体感覚レッスン」や「ピアニストのための脱力法」など、演奏技術や表現に役に立つ科目が豊富。音楽ホールで行う授業やレッスンもあります。

●総合大学だから可能な幅広い就職先
“就職の金城”の名にふさわしい強力な就活サポートで、一流企業への就職も可能。「副専攻(実践ビジネス英語)プログラム」による海外研修のチャンスもあります。

【授業・講義】
プロとしての実践力を磨く、3つの教育プログラム

●音楽教員育成プログラム
中学・高校の音楽教員を育てます。即戦力として活躍できるスキルが身につくよう、豊富な科目を編成。部活動の指導に必要な合唱や吹奏楽の指揮・演奏・指導・編曲の技術修得を総合的にサポートします。

●ピアノ指導者育成プログラム
ピアノ教室講師、音楽教室講師をめざす人のためのプログラム。ヤマハグレード取得支援、ピアノの指導法研究、リトミック、バスティンメソッド研究などの授業に加え、子どものレッスンを実際に体験する授業もあり、確かな指導力を養います。

●演奏家育成プログラム
演奏家をめざす人のためのプログラム。大舞台に向けて演奏表現力の強化を図る「演奏家特別レッスン」のほか、演奏家として活動の幅を広げるためのアンサンブル科目も充実。さらに、留学に向けた外国語の授業などもあります。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市守山区大森2-1723
入試広報部
【フリーダイヤル】0120-331791
 【URL】http://www.kinjo-gakuin.net

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ