×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

きんじょうがくいん

金城学院大学

私立大学 愛知県

生活環境学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

生活マネジメント学科(70名)
環境デザイン学科(80名)
食環境栄養学科(80名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●豊かなライフスタイルを創造できる女性になる
●万全のサポートで教員採用試験をバックアップ
●入学後すぐに始まるキャリア開発教育で、目標を定めて学んでいける

生活課題の解決にあたり、人と環境にやさしいライフスタイルを提案し、実践できる能力を養成します。

【学生数】986人(2019年5月1日現在)
【専任教員数】36人(2019年5月1日現在)
【大学院】人間生活学研究科(博士課程)/消費者科学専攻(前期課程)、人間発達学専攻(前期課程)、人間生活学専攻(後期課程)

生活マネジメント学科

講義・学問分野

情報処理演習、生活設計論、家族福祉学、生活マネジメント特論、消費者心理学、消費者商品学、生活経済学、消費マーケティング論、ファイナンシャルプランニング、消費者行動論、商法概論、消費者法、ビジネス法務、消費者運動論、共生社会論、政治学概論、男女共同参画社会論、情報社会論、データベース技術、生活調査法、家族心理学、子どもの発達と生活環境、家族関係学、家族支援論、法律学概論、プログラミング基礎、インターネットビジネス、Webデザイン演習、ユニバーサルデザイン論、情報通信ネットワーク論 など

閉じる

環境デザイン学科

講義・学問分野

デザイン基礎実習、色彩学、インクルーシブデザイン、アパレル構成学、テキスタイル材料学、着心地の科学、アパレル生産システム、服飾文化史、市場調査法、ファッション心理学、ファッションデザイン画、人体とパターンメーキング、環境生理学実験、テキスタイル材料学実験、洗浄・染色加工実験、アパレル生産システム実習、建築数学、空間デザイン概論、近代建築史、建築計画学、空間デザイン特論、住生活論、建築施工、建築学演習、空間デザイン基礎製図、空間デザイン実習、空間CAD実習、建築材料学実験、建築測量、インテリア空間デザイン実習 など

閉じる

食環境栄養学科

講義・学問分野

社会保健学、公衆衛生学、解剖生理学、生化学、病原微生物学、解剖生理学実験、病理学各論、生化学実験、食品学、食品学実験、調理学、調理学実習、食品衛生学、食品衛生学実験、基礎栄養学、栄養学実習、応用栄養学総論、母子栄養学、加齢栄養学、応用栄養学実習、栄養教育原論、栄養教育各論、栄養教育論実習、栄養アセスメント論、臨床栄養管理論、疾病別栄養管理論、臨床栄養学、臨床栄養学実習、公衆栄養学、公衆栄養学実習、給食経営管理論、フードマネジメント論、給食経営管理実習、学校の食指導法、食教育指導法 など

閉じる

学部の特色

豊かな人間生活を探究

豊かなライフスタイルを創造できる女性になる

消費生活・家族福祉・情報活用を生活者の目線で考え、幸せな人生をマネジメントする能力を養う「生活マネジメント学科」、ファッション・空間デザインの分野で人と環境にやさしいものづくりを追究する「環境デザイン学科」、豊かなコミュニケーション能力だけでなく、食の持つ可能性を追求して新たな企画・提案ができる力を身につけた管理栄養士を養成する「食環境栄養学科」を設置しています。家族・消費・衣食住・情報の各分野から豊かな人間生活を探究する学部です。

閉じる

全ての学科において教職課程を設置

万全のサポートで教員採用試験をバックアップ

本学では、全ての学科において教員養成課程を設置しています。生活マネジメント学科では家庭科の中学校・高等学校教諭一種免許状と情報科の高等学校教諭一種免許状、環境デザイン学科では家庭科の中学校・高等学校教諭一種免許状、食環境栄養学科では家庭科の中学校・高等学校教諭一種免許状と栄養教諭一種免許状が取得可能。教員採用試験申請書の確認や面接練習などの具体的な対策はもちろん、教員採用試験合格者や教員として働く卒業生を招いて採用試験対策のアドバイスや現場での貴重なエピソードを聞く機会を設けるなど、教員採用をバックアップしています。
※カリキュラムの構成上、重複して資格取得できない場合があります。

閉じる

キャリアビジョンを描く

入学後すぐに始まるキャリア開発教育で、目標を定めて学んでいける

本学では、早い時期から将来について考え、しっかりとした目標を持ち、就職・結婚・出産なども含め、「将来どんな人生を送りたいか」について考える「キャリア開発教育科目」を1年次から実施。仕事とは何か、社会とは何か、などの知識を身につける講義からインターンシップなどの体験型学習まで、幅広い科目を開講しています。将来の目標を持って学ぶことで、大学生活をより有意義に過ごすことができます。

閉じる

学べること

リアルな金融・経済を体験学習する機会も豊富

生活マネジメント学科

生活者の目線で社会をとらえ、人生をマネジメントする力を養う

●生活に役立つ実践的知識を身につける
学ぶのは消費・家族・情報の3分野。家族のあり方から年金・税金の知識まで、人生設計に役立つ知識を幅広く習得できます。

●金融・保険業界で有利な資格取得を支援
ファイナンシャルプランナーの資格取得をめざす「AFP認定研修プログラム」に加え、金融業界で必須の外務員(証券)資格の取得も支援しています。

●教員・公務員の採用試験対策も充実
「家庭科(中学・高校)・情報科(高校)教員養成プログラム」や、行政の場で活躍できる人を育てる「公務員養成プログラム」も設置しています。

【授業・講義】
それぞれの進路に直結する専門性を養う

●AFP認定研修プログラム
本学科のAFP認定研修プログラムでは、指定科目の履修により、実務経験なしでファイナンシャルプランナーの必須資格といえる2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験の受験資格が得られます。また、本学科の特色である家族や消費者をテーマとした学びは、将来ファイナンシャルプランナーとして顧客に対応するときに役立ちます。

●教員養成プログラム
中高免教職課程は、教職に関する科目と教科に関する科目によって構成されています。そのうち教科に関する科目は生活マネジメント学科の専門科目となっているため、その特徴を生かし、消費生活、家族福祉、情報活用に関する知識とスキルを身につけた家庭科教員や情報科教員をめざすことができます。教職課程履修者に登録すると、教員採用試験に向けた学習指導を受けたり、面接、グループディスカッション、小論文などの対策講座に参加したりすることができ、自信を持って教員採用試験に臨めます。これまでも狭き門を突破し、夢をかなえて教員として活躍する卒業生がたくさんいます。

閉じる

デザインするには、まず五感を磨くことが大事

環境デザイン学科

既成のデザインを超えた、多様化時代のものづくりを考える

アパレル・ファッションコースと空間デザインコースの2コース制。4年間さまざまな「ものづくり」に打ち込みます。ファッションショーや発表会、コンクールなど、作品発表の機会も豊富です。アパレル業界やインテリア業界、住宅・建築業界をめざします。

●ものづくりに集中できる4年間!
デザインの基礎から応用まで、ものづくりを4年間じっくりと学びます。デザインのための理論学習や実験・実習・演習も豊富に設定されています。

●インクルーシブデザインの実践力を養う
多様な人々の視点をものづくりに生かす「インクルーシブデザイン」。その考え方を実験・実習を通して習得し、制作を通して実践力を養います。

●授業で資格取得を徹底サポート
資格取得を支援する科目が充実。衣料管理士(TA)、インテリアプランナー、建築士などの資格取得を全力でサポートします。

【授業・講義】
本学科の特徴的な学び

●多様なユーザーの視点をものづくりに生かす
商品などの企画に、これまで少数派として扱われていた人々(リードユーザー)に参加してもらうデザイン手法「インクルーシブデザイン」。健常者では気づかない不自由さ、あるいは文化が違う外国人や子ども連れのお母さんだからこそ抱く疑問など、さまざまな人の視点を商品やサービスの開発、建築やまちづくりに活用していきます。多様性が重視される社会に不可欠な、インクルーシブデザインの理論と実践を、ものづくりの基本姿勢として身につけていくことを目標としています。

●環境デザイン特別研修・環境デザイン学外研修
春または夏の休暇を利用して、国内外でデザイン研修を実施。海外研修では、ヨーロッパを中心に、街の歴史とデザインの関係を学びます。2018年度の夏にイタリアで行った海外研修では、近代から現代までのさまざまな建築を視察し、中でもミラノでは、現地で活躍するファッションデザイナー、パタンナー、建築士の事務所を訪問。そのほか、一般家庭のインテリアも見学し、人々の暮らしに根付くアートやデザインを肌で感じるという貴重な体験をしています。また、国内では「有松絞り」の体験実習を行い、伝統技法とともにファッションやインテリアへの応用技術も学びました。

閉じる

最新設備が揃う実験・実習室

食環境栄養学科

現代人の食を見つめ、人々の健康に貢献できる管理栄養士に

●管理栄養士国家試験で高い合格率!
管理栄養士養成プログラムにより卒業と同時に受験資格を取得可能。国家試験まで万全にサポートし、高い合格率(第33回管理栄養士国家試験合格率100%)を実現しています。

●豊富な実験・実習でプロとしての実践力がアップ
各種の実験・実習を通して専門知識・技術を確実に習得。さらに学外の施設・機関での実習で管理栄養士としての実践力を養います。

●産官学協同プロジェクトで実践的に学ぶ
弁当の開発や料理教室の開催など、産官学協同プロジェクトに積極的に参画。実社会で学習成果を発揮すると同時に、新たな学びにつなげることができます。

【授業・講義】
豊富な実験・実習科目で、管理栄養士としてのスキルを磨く

●あらゆる現場で活躍する管理栄養士の実際を学ぶ「臨地実習」
管理栄養士が働いている職場に赴き、実習生として実際の仕事を学ぶ学外実習です。3年次から始まるこの臨地実習により、1、2年次に身につけた知識を固め、体験を通して実践力を養います。実習先は、病院、保健所、学校、事業所、福祉施設などで、合計で4週間の実習に取り組みます。実習を通じて病院や福祉施設でのチーム医療、学校給食での食育、地域住民への栄養教育、そして他職種の方々との連携業務など、管理栄養士の役割と責任を多方面から理解します。

●「給食経営管理実習」
管理栄養士に必要な給食施設のマネジメント能力を養うために、100人分の給食作りに取り組みます。栄養管理計画、献立作成からコスト計算、材料の仕入れ、調理、提供まで全て学生が行います。完成したら対象者に提供し、食後の評価を次の実習に生かします。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市守山区大森2-1723
入試広報部
【フリーダイヤル】0120-331791
 【URL】http://www.kinjo-gakuin.net

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ