大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET

すぎやまじょがくえん

椙山女学園大学

私立大学 愛知県

学部・学科

学べること

時代に求められる女性を育成する女子総合大学

1905年に椙山女学園の起源となる名古屋裁縫女学校が開校。1949年に中部地方で、唯一家政学部を設置する新制大学として誕生しました。創立当時から「時勢の要求に適合」する教育の実践をかかげ、幅広い知識と豊かな人間性、専門的技術の向上とともに、時代のニーズに応える力を身に付けた女性を育成し続けています。

近年、女性を取り巻く価値観の変化として、女性の社会的・職業的自立への要求が高まり、本学では心理学や経営学など課題解決的な専門性をめざす学部の設置をすすめてきました。

現在、生活科学部、国際コミュニケーション学部、人間関係学部、文化情報学部、現代マネジメント学部、教育学部、看護学部の7学部を設置。大学院に4つの研究科を加えた女子総合大学となり、社会で活躍するための専門性の高い学びを追求することができます。

閉じる

社会に貢献する自立した女性を育成

1949年、中部地方で最初に認可された新制大学として誕生した本学は、常に時代の課題に対応しながら、人としての確かな価値観を育み、変化する社会に適応する女子教育を深く実践してきました。社会と向き合い、女性の可能性を開く大学として、組織、地域など多様な集団と協働しながら、社会に貢献する自立した女性を育成します。

本学が育成する「4つの力」
1.知識・理解
2.思考・判断
3.態度・志向性
4.技能・表現

4年間を通して、人間と社会・自然と文化の基礎的な知識を持ち、物事の成り立ちや人の心情を深く理解する「知識・理解」、さまざまな事象に対して自らの考えを論理的に導き、提示する「思考・判断」、良識や社会性、倫理性を備え、責任感を持って主体的に課題に取り組む「態度・志向性」、専門的かつ高度な知識や技能を持ち、社会の中で自らを生かす「技能・表現」を身に付けます。

閉じる

演習・実験などを重視する少人数教育

5,800名以上の学生が学ぶ、全国屈指の女子総合大学である一方、各学部の教養教育科目や専門教育科目、文系や理系を問わず、学生一人ひとりに行き届く教育を行っています。
本学での学修結果を全員が卒業研究、卒業論文に形として残すことをめざし、ゼミや実験・実習を重視して少人数教育を徹底。さらに、専門知識の修得だけでなく、さまざまに応用、展開できるスキルの修得など、女性の多様な生き方や考え方に応える学びを展開しています。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ