藤田医科大学/保健衛生学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ふじたいか

藤田医科大学

私立大学 愛知県
2018年10月より藤田保健衛生大学から藤田医科大学へ名称変更予定

保健衛生学部の詳細情報新設

学科・定員・所在地

学科・定員

看護学科(135名)新設
リハビリテーション学科/理学療法専攻(70名)新設
リハビリテーション学科/作業療法専攻(45名)新設

所在地

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●チーム医療で活躍できる質の高い専門家を育成
●医療分野の専門家を養成する2学科2専攻
●トップクラスの国家試験合格率と100%の就職率を維持(2017年3月卒業者)

伝統に培われたきめ細かな学習指導を実践する本学部。キャンパス内にある大学病院と連携し、最新の施設・設備と綿密なカリキュラムを整え、チーム医療に貢献できる人材を育成します。

【学生数】931人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】162人(2017年5月1日現在)

看護学科新設

講義・学問分野

基礎看護学実習、成人看護学概論、小児実践看護、母性セルフケア看護、精神保健看護論、老年看護学援助論、在宅看護学方法論、災害看護、地域ケアシステム論 など

閉じる

リハビリテーション学科/理学療法専攻新設

講義・学問分野

理学療法研究概論、理学療法評価演習、地域リハビリテーション学、理学療法治療学、臨床実習 など

閉じる

リハビリテーション学科/作業療法専攻新設

講義・学問分野

生物学、心理学、解剖学、作業療法理論、作業療法教育・管理学概論、作業療法研究概論、運動学習理論、応用臨地実習 など

閉じる

学部の特色

在学中からチーム医療に求められる能力と意識を養う

チーム医療で活躍できる質の高い専門家を育成

チーム医療は現代の医療に欠かせません。医師や各分野のエキスパートが密にコミュニケーションをとりながら医療が進められます。本学は、チーム医療のための連携意識を育む目的で、「アセンブリ教育」を実施。「アセンブリ教育」は、学部・学科間の壁を越え、学生が共通の目的に向かって活動することを通して、将来専門職として必要な専門職連携の基盤を身に付けることを目的として導入された科目。いざ社会に出て、医療人として活躍する際、異なる職種に学生時代の仲間がいることは心強く、臨床の場においても交流が続行するために、さまざまな分野に視野を広げることができます。

閉じる

医療分野の専門家を養成する2学科2専攻

看護学科
隣接する大学病院との連携で一貫した実習教育と細やかな指導体制を実現することによって、人間性豊かで、幅広い視野を持った看護師・保健師の養成に取り組んでいます。

リハビリテーション学科
臨床実習に重きを置いており、厚生労働省の指定規則の2倍近くの実習時間を確保しています。また、本学独自の療法士版客観的臨床能力試験(OSCE)を導入し、卒業後も就職先と連携した教育を実践しています。

閉じる

トップクラスの国家試験合格率と100%の就職率を維持(2017年3月卒業者)

特別講義やセミナー、模擬試験を重ね、学生一人ひとりを徹底的にサポートする個別指導をおこない、確実に力が身に付くようサポートしています。その結果、毎年全国平均を上回る合格実績を維持しています。

【国家試験合格率】
(2017年度実績・カッコ内は全国平均)
●看護師/100%(88.5%)
●保健師/100%(90.8%)
●理学療法士/100%(90.3%)
●作業療法士/100%(83.7%)

閉じる

学べること

一人ひとりに応じた看護技術を修得

看護学科

社会に貢献できる人間性豊かな看護師・保健師を養成

本学科では、「看護師」と「保健師」の養成をめざします。
併設の大学病院と協力し、一貫した教育姿勢と細やかな指導体制を確立。患者さんやその家族の健康ニーズに応えるだけでなく、自ら考え、より満足度の高いケアを実践するための問題解決能力を育てます。保健・医療・福祉チームの一員として協働し、社会的責任を持って臨床現場に出られるような教育に取り組んでいます。
国内で看護学を学べる大学は200校以上ありますが、その中でも本学科は4番目に開設した実績があります。卒業生の多くが全国の医療機関の第一線で活躍しています。
※保健師養成課程は、定員の15%の選択選抜制です。

【授業・講義】
「成人看護学実習(クリティカル・周手術)」

成人期における術前・術中・術後の患者さん、および非常に危険な状態にある患者さんやご家族に対し、早期回復、セルフケアを促すための看護援助方法を学びます。さらに、より良い看護を探求する姿勢を身に付け、専門職としての資質を養います。

閉じる

基礎的な骨や筋肉の機能や構造を理解する

リハビリテーション学科/理学療法専攻

臨床で活躍する優れた理学療法士を養成

理学療法士は、座る、立つなどの基本動作ができるように体の基本的な機能回復をサポートします。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活で基本となる動作の改善をおこなうことから「動作の専門家」とも呼ばれています。
少子高齢化の時代を迎え、療法士養成校が増設され、療法士の総数が激増。それに伴い、療法士の質が問われるようになっています。これからの療法士は、高度な臨床技能、独創的な研究能力などに加え、継続的に卒後教育を受ける環境が重要です。本専攻ではこれらの課題に対応できる優れた理学療法士を養成するための教育環境を整えています。臨床実習は2/3近くを本学の3つの教育病院で実施。教員が大学病院において実習学生の臨床指導をおこない、臨床能力の獲得を支援する全国唯一の指導体制を実現しています。臨床実習時間は全国養成校平均の2倍近くの1,590時間を費やし、卒後すぐに臨床で活躍できる資質と技術を磨きながら、医療人としての態度を身に付けます。
また、国家試験に対しては独自の国試対策システムを確立しており、毎年高い国家試験の合格率を達成しています。就職率も常に100%です。

【授業・講義】
「理学療法治療学3‐中枢3」

中枢神経障害の理学療法について学習し、理解することがねらいです。まず中枢神経障害の障がい像を把握。その後、脳血管障害や頭部外傷におけるリハビリテーションや理学療法について学びます。

閉じる

作業活動を通して、治療プログラムの立案・実施にも携わる

リハビリテーション学科/作業療法専攻

臨床で活躍する優れた作業療法士を養成

作業療法士は、指を動かす、食事をする、入浴をするなど、日常生活を送るうえで必要な機能回復をサポートします。仕事、趣味、遊びなど「元気な日常生活を送ってもらうため」の機能回復とともに、精神面のリハビリも担当します。
少子高齢化の時代を迎え、療法士養成校が増設され、療法士の総数が激増。療法士の質が問われるようになっています。これからの療法士は、高度な臨床技能、独創的な研究能力などに加え、継続的に卒後教育を受ける環境が重要です。本専攻ではこれらの課題に対応できる優れた作業療法士を養成するための教育環境を整えています。臨床実習は2/3近くを本学の3つの教育病院で実施。教員が大学病院において実習学生の臨床指導をおこない、臨床能力の獲得を支援する全国唯一の指導体制を実現しています。臨床実習時間は全国養成校平均の2倍近くの1,590時間を費やし、卒後すぐに臨床で活躍できる資質と技術を磨きながら、医療人としての態度を身に付けます。
また、国家試験に対しては独自の国試対策システムを確立しており、毎年高い国家試験の合格率を達成しています。就職率もほぼ100%です。

【授業・講義】
「日常生活活動学実習」

障がい者の日常生活活動(ADL)や生活関連動作、生活の質(QOL)について概念を理解したうえで、ADLの評価方法などを学びます。車椅子や杖などの福祉用具の種類や使用方法を理解し、基本的な介助方法も習得します。

閉じる

アドミッションポリシー

保健衛生学部が求める学生

医療科学部では、本学が育成しようとする「医療人」となることを目指す入学者に対して、次のような素養を求めています。
(知識・理解・思考・判断)
1)入学後の修学に必要な基礎学力を有している。
(態度・興味・関心・意欲)
2)生命に対する健全な倫理観をもち、弱者に対する奉仕と思いやりの精神をもっている。
3)医療や生命科学に対する関心が高く、この分野に貢献したいという目的意識をもっている。
4)生涯にわたり自己啓発・自己学習を継続する意欲をもっている。
(技能·表現)
5)誠実さと協調性をもって他者と接することができる。
6)自分の考えや行動に責任をもち、それを相手に明確に示すことができる。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98
【保健衛生学部入試係】
(0562)93-2504
 【URL】http://www.fujita-hu.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ